FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 日大アメフト部の腐った内情

<<   作成日時 : 2018/05/23 21:49   >>

トラックバック 0 / コメント 2

ここのところ世間を騒がせている日大アメフト部のラフプレー問題。
昨日は当該選手、今日は内田前監督とコーチが記者会見をしましたが、双方の食い違った話を聞いていると、日大アメフト部の内部事情がいかに腐っているかがわかります。

昨日の宮川選手の記者会見では、関西学院大との定期戦において、井上コーチから相手のQBを潰すのなら試合に出すと言って、当時の内田監督に伝えよう指示。
試合前の映像でも井上コーチが歩み寄るところが映っています。

そして、試合が行われて例のラフプレー。
無防備な状態でタックルを受けた選手は全治3週間のケガを負ってしまった。

実際にラフプレーをしたのは宮川選手自身なので擁護は出来ないが、日大の監督とコーチによって、そうせざるを得ない立場に追い込まれてしまったのは事実。
昨日の会見は、全てを捨ててまで真実を話していた様子が見て取れました。

それに比べて、今日の会見と来たら。
突然、午後8時に記者会見を行って、監督はコーチに責任転嫁して、コーチは監督を庇う有り様。
記者の質問による回答も支離滅裂。
自分の保身に走ってばかりで、ただ閉口させられるばかりでした。

そのうち、今度は司会者が記者の質問を遮ったり、無理矢理打ち切ろうとしたり。
途中から司会者vsマスコミのバトルになっていましたね。
なんでも、あの司会者は危機管理学部の教授だとか。
もし、本当にそうだとしたら名前だけのインチキ学部って事ですよね。

傲慢な司会者に対して、記者の1人が「司会者のあなたの発言で日大のブランドが落ちてしまうかもしれないんですよ。」の問いに対して「落ちません。」
何かのコントかよと思った人は多いでしょうね。
ただでさえ落ちぶれた日大のブランドは、この司会者によって完全に地に落ちたブランドとなりました。

現役のアメフト部員も、今日の記者会見では「ウソばかり」と不満を漏らしているという。
不信感を持っているから100人近くも退部する部員が出るのでしょう。
日本一のマンモス大学とはいえ、来年の受験者および入学者にも影響するだろうし、日大は完全に間違った舵取りをしてしまいましたよ。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
謝罪の場に日大カラーのピンク色ネクタイで現れたり、関西学院大学を「かんさい学院大学」と何度も言い間違えたり、全く以て謝る気も問題を解明する気もなしでしたね。
平成が終わろうとしているこの時代に、あんな昭和の遺物が見れるとは、ある意味貴重な会見でもありましたけど、大人としては情けないですよね〜。
にゃむばなな
URL
2018/05/28 22:51
 >にゃむばななさん
ピンクのネクタイは日大にとっての正装だと思うので大目に見るとしても、その他の対応は本当に酷すぎて情けないし嘆かわしいです。
アメフト部だけでなく大学職員までもがあんな感じでは、日大も完全に落ちぶれましたね。
FREE TIME
2018/05/29 07:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日大アメフト部の腐った内情 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる