FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS リーグ戦3試合連続無得点で中断期間へ

<<   作成日時 : 2018/05/19 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 4

Jリーグ第15節。
浦和レッズは、アウェー・パナソニックスタジアム吹田にてガンバ大阪との対戦。

4月から続いた過酷な連戦も、いよいよラスト。
その最後の相手が現在16位に低迷しているガンバ大阪。
16位とは言ってもレッズが負ければ順位が入れ替わってしまうだけに負ける事ができない戦い。
自分も昨年に続いて吹田まで足を運びました。
画像

今回は日帰り。(翌日の日曜日に別の用が入ったため)
昨年は、甲子園球場に時間を割いていたのでスタジアム周辺を見る事も出来ず。
そういう訳で朝早い新幹線に乗って、午前中はアチコチ回っていました♪(詳細は別記事にて)

スタジアムに着いたのが正午過ぎ。
パナソニックスタジアム吹田に着いて、お腹もすいたのでランチにメインスタンド側で売っていた「炭火焼肉たむら」の「ガンバ大阪に勝つカレー」(850円)を注文。

カツは5等分に切って、御飯の盛り付けが特殊。(何でも稲妻形らしい)
カレーはレトルトカレーっぽい味だったが、カツにカレーをつけて食べると美味しさが増してくる感じでした。
このボリュームで850円というのも安いですね。
画像

さて、話を試合の方へ。
前半はレッズがボールを支配し、試合を優位に進めたが再三の決定機をモノに出来ず。

後半は逆にガンバが優勢に立つが、こちらも再三の決定機をモノに出来ず。
結局、試合は0−0のスコアレスドロー。
両チームとも勝ち点1を獲得するに留まりました。

これで、レッズはリーグ戦2試合連続スコアレスドロー。
3試合連続無得点と、得点力不足が相変わらず。
マリノスと湘南が勝ったので、順位も落とす事になってしまいました。
画像

一方のガンバにしても、後半はあれだけ決定機があったのに決めきれず。
こちらの得点力不足も深刻ですね。

得点力不足を何度も書いてしまったが、両チームのGKの好守が光った試合でもありました。
レッズ・西川、ガンバ・東口ともにリーグの屈指のGKである事を見せていましたね。
スコアレスドローとはいえ、双方とも激しいボールの奪い合いなど見応えある攻防ではあったかと思いますが、今の両チームに求められているのは内容より結果。
ともに勝たないといけない試合でしたね。

それにしてもレッズは守備面では、かなり上乗せができているけど攻撃面が良くない。
個人的な意見を言わせると柏木、宇賀神、武藤の3選手が攻撃力低下の原因になっていると見ています。
中でも司令塔的な役割を担う柏木選手は、ここまでリーグ戦無得点で、4アシストは全てCKからで流れからのアシストは15試合消化して1度もなし。
今日の試合でもパスミスやボールロストが多く、観ていて歯痒くなる低調ぶりでした。

それにしても今日の大阪が寒かった。
天気予報通りとはいえ、試合中は北からの風が強く羽織るものが必要だと感じた程。
ただ、その寒さが選手にとっては絶好のコンディションにはなりましたかね。

リーグ戦はひとまず中断。
来月から行われるロシアW杯の候補選手にレッズからは槙野、遠藤両選手が選ばれています。
2人とも、ぜひとも本戦にも選ばれてほしいです。
画像

レッズの次の試合はルヴァン杯ププレーオフステージ。
相手はヴァンフォーレ甲府とホーム&アウェー形式で行います。
槙野、遠藤の他にU21に召集された橋岡選手と主力3人を欠いての対戦となりますが、J2でも中位に低迷するチームには負けるわけにはいきません。
何としてもプレーオフステージに勝って、ACL組が待つ決勝トーナメントに進出したいです。

最後に大阪まで駆けつけたサポの皆様、お疲れ様でした。

・関連記事
大阪日帰り遠征記



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
昨日は大阪までお疲れ様でした。日帰りだったのですね。

中断前に絶対に勝って降格圏から少しでも遠ざかっておきたかった試合でしたが、遠ざかるどころかガンバにお付き合いした上に、マリノスと湘南が勝ってしまったので、更に順位を下げる羽目になってしまいましたね(汗)

決定機は何度か作れていたものの、興梠のキレの無さも響いての、またしてもリーグ戦は無得点。ここまで点が取れないのは重症ですね。守備が良くなっているとはいえ、攻めずにガチガチに守っている訳でもないので、それで点が取れないとなると、まあ戦術の足りなさもありますが、やはり柏木など何人かの選手のパフォーマンスが、あまりに低いというのはありますね。

オリヴェイラが中断期間にしっかりメスを入れられるか、注目です。
うえ
URL
2018/05/20 09:44
何時もお世話になっております。

大阪遠征お疲れさまでした。

やはり1番深刻なのは決定力不足ですね。どんなにいい選手がいても攻撃の形を失ってしまうとそれぞれの選手のポテンシャルを活かせないというのはありますので中断期間にどうやって攻撃の形を形成するかだと思います。

あとオリヴェイラ監督が3バックから4バックにするのか?という点もあります。今の浦和を観ると4バックにすると選手が余ってしまうのですが逆に攻撃ではマルティノスを起用しやすくなる利点があるだけに難しいところです。

J1はこれで2か月間リーグ戦がお休みとなるだけに立て直せる時間がありますからこの期間を有効に使いたいところですね。

J2は御存じのように中断期間はありませんので毎週試合があります。今季のJ2は本当に魔境がさらに拍車のかかった状況ですからJ1のクラブから観たらどうなっているんだ?(中継観ていない人は)となると思います。ルヴァン杯では甲府との対戦になりますが、今の浦和の攻撃力だと5バックの穴熊戦術に相当苦労すると思います。
攻撃に専念し過ぎてカウンターに沈む展開がありえますので1トップと両サイドから上がってくる選手を防ぐ事がカギになります。

勝って当然という楽勝ムードで行かない事をお薦めします。J2は半数あんなクラブばかりだと認識するには良いかもしれませんが魔境の洗礼を受けない事を期待しておりますのでルヴァン杯タイトルを目指してほしいと思います。
PGM21
URL
2018/05/20 10:00
 >うえさん
こんにちは。
大阪より勝ち点1を持って帰るに留まりました。
それにしても、たった1年でここまで点を取るのに苦労するとは。
興梠も昨日は精彩を欠いていたので、そうなると1点が遠くなってしまいますね。
この中断期間の過ごし方で、チームもだいぶ変わってくると思うので、オリヴェイラ監督には1からチームを作りなおすつもりで再建してほしいです。
FREE TIME
2018/05/20 17:29
 >PGM21さん
こんにちは。
攻撃力を上げる為には、今出ている選手を何人か外して、別の選手に入れ替えるのが一番現実的ですかね。
外から獲るか、中から底上げするかはとにかくとして。
ルヴァン杯では甲府に勝ってベスト8進出を決めておきたいです。
FREE TIME
2018/05/20 17:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
リーグ戦3試合連続無得点で中断期間へ FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる