FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 大槻監督初陣で今季リーグ戦初勝利

<<   作成日時 : 2018/04/07 20:52   >>

トラックバック 0 / コメント 4

Jリーグ第6節。
浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムにて2位・ベガルタ仙台との対戦。

ここまで5試合で3敗2分けで17位に低迷しているレッズ。
ジュビロ戦の翌日に堀監督と天野ヘッドコーチの解任を発表。
後任として下部組織で監督を務める大槻毅氏を暫定的に起用。
画像

ホーム・仙台戦は昨年と同じく4月7日。
昨年は金曜ナイターで興梠選手のハットトリック等ゴールラッシュで7−0で大勝。
しかし、今季は前節終了時点でレッズ17位、ベガルタ2位と立場が逆転している恰好。
今季無敗のベガルタ相手に初黒星をつけるとともに、今季リーグ戦初勝利といきたいところ。

スタメンはDFを3バックに戻し、柏木選手をトップ下につける配置。
3−5−2と、かつてのレッズが得意としていたフォーメーションだったように見えました。

試合は前半5分にDFの裏に抜けた興梠選手が相手GKとDFを交わして無人となったゴールに蹴り込んでレッズが先制点。
しかし、前半30分過ぎからは相手に悉くゴールを拾われ劣勢に。
それでも、前半はレッズが1点リードで後半に折り返し。

後半になってもベガルタペースでレッズは防戦一方に。
何度もピンチを招いたが、必死のディフェンスと相手のミスなどに助けられ、虎の子の1点を最後まで守り抜いて試合終了。

浦和レッズが1−0でベガルタ仙台に競り勝って、今季リーグ戦初勝利。
逆にベガルタは今季リーグ戦初黒星。
大槻監督のリーグ戦初陣となる試合を勝利で飾りました。
画像

画像

前半に仙台キラー・興梠選手のゴールで先制し、その後もシンプルな攻撃で相手を脅かす攻撃が出来ていたレッズ。
しかし、前半途中からは相手にボールを支配され、左右に揺さぶられる事が多く防戦一方に。
後半も危ない場面が何度かあってヒヤヒヤする場面の連続。
現在の両チームの順位を反映しているかのような展開でしたね。

それでも勝てたのは大きい。
今のレッズにとって「勝利こそ最大の良薬」なわけですから。

暫定的にチームを指揮する事になった大槻監督。
Twitterなどではアウトレイジだの中日ドラゴンズの監督だの言われる程、見た目は怖いけど、試合中のベンチを見ていると熱い人なのかなと言った感じを受けました。
ホーム初采配が、かつてコーチをしていたベガルタ仙台というのも何だか因縁めいたものを感じますね。
画像

一方で、成績不振からチームを去る事になった堀監督。
2011年、昨年と2度にわたって火中の栗を拾っていただき、ACLでは優勝に導いてくれた事には感謝しています。
しかし、一方で国内では勝てない試合が続き、今季も意図の見えない采配も目立ったし監督交代は止むをえません。
堀監督の失敗としては、前監督のシステムとは大きく異なるシステムに変えてしまった事。
それによって得点力が激減し、興梠選手も得点王のタイトルを獲得できなかった。
自分のやりたいサッカーと選手達が出来るサッカーは別だという事を認識できていたら、今季も違った結果になっていたかもしれません。

それにしてもフロントは相変わらずの体質。
今回の失態を招いた強化部長は何故か監督補佐に昇格し、GMにはかつて中村修三氏が復帰した。
またしても三菱人事とは。
親会社が代わっても、こういうところは何も変わらないのですね(汗)

次節は4日後にアウェー・ノエビアスタジアム神戸にてヴィッセル神戸との対戦。
平日に関西で試合というのもきついかと思いますが、大槻監督がどういったメンバーを起用してくるのかを注目していきたいと思います。


浦和ACL戦記 (ELGOLAZO BOOKS)
スクワッド
2018-03-01
REDS PRESS/エル・ゴラッソ
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 浦和ACL戦記 (ELGOLAZO BOOKS) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
何時もお世話になっております。

まず今季リーグ戦初勝利おめでとうございます。

浦和さんにとって昨年の10月29日以来のリーグ戦以来の勝利は相当長く感じたと思いますがシーズン中5か月勝利できなかった(14試合勝ちなし)経験をしている者からすると全然長くないとみてしまうものですけれどね。

大槻監督はあくまで暫定監督なので選手たちが1番やり易い戦い方をこの試合ではやったという印象ですね。浦和の場合フィンケ政権の2年とペドロ政権の1年以外はほぼ3バックで戦ってきたクラブだけに4バックを採用するオリヴェイラを選ぶのは果たしてベストな選択なのだろうか?という部分があります。
今丁度うちが4バックから3バックをやろうとしていますがぶっつけ本番でボロボロだっただけにより戦術理解度に優れた選手が集まるか時間を掛けないと選手全員が理解するのは簡単ではないと思います。
仙台もかつて4バックから3バックに移しましたが同じ監督でどちらかの戦術をマスターした上で移さないと戦術は機能しないものだと感じます。

フロントについてですが、私は今はカンファレンスでフロントに発言する事も多くありますし、直接社長にものを言った事もあるのですが、どの組織もそうですが色々な人が集まると意見を纏めるのは相当大変な事はそういう場を経験すると1番痛感するだけに浦和さんがうちのようにサポーターカンファレンスがあるのかまだよく知りませんが、そういう場で確り提案や主張すれば意見として採用してもらえるものだと私の経験から言える事です。

私はまだまだ浦和さんについて知らない事が多くありますので色々と学んでおりますので外から見た浦和の良い部分は見習いたいと思います。

監督不在で大変だと思いますが勝ち続ければ気持ちも変わってきますのでどんな形でも今は勝つ事だけを考えてほしいと思います。
PGM21
URL
2018/04/08 07:31
おはようございます。
昨日はお疲れ様でした。先ずはようやくJ1で1勝ですね。サッカーを難しくせず、シンプルな352にして、やることをハッキリさせたのが良かったですね。それに加えて監督自身が試合中、選手にかなり睨みを効かせていましたから、これで緊張感が保てたと思います。倒れた選手に「転けてんじゃねーよ!やれよ!」と恫喝していたらしいですから(笑)

ここから、再スタートですね。ひとつひとつ上がって行きたいです。
うえ
URL
2018/04/08 09:56
 >PGM21さん
いつも、お世話になっております。
初勝利といっても、まだ降格圏から入れ替え戦圏内に上がっただけなので楽観視はできません。

サポーターのカンファレンスですが、確か浦和にもシーズン前にやっていたかと思います。
私はそういうのに参加した事はないので、詳しい事がよくわかりませんが。
とりあえずは大槻さんが監督としての2試合でやるべき事はやってくれたので、新監督が決まるまでは大槻レッズを支えていくつもりです。
FREE TIME
2018/04/08 17:12
 >うえさん
こんにちは。
昨日はお疲れ様でした。
まずはリーグ戦初勝利ですね。
大槻監督の恫喝は中継でも声が拾われていたみたいですね。
まぁ、そんな人が下部組織を指揮しているのも怖いですが…。
ここから連戦が続きますが、順位を1つずつ上げていきたいです。
FREE TIME
2018/04/08 17:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大槻監督初陣で今季リーグ戦初勝利 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる