FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 3試合連続無得点で2連敗

<<   作成日時 : 2018/04/28 20:35   >>

トラックバック 0 / コメント 4

Jリーグ第11節。
浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムにて湘南ベルマーレとの対戦。

今日から世間はGWに突入。
前節からオリヴェイラ監督を迎えて戦うレッズ。
最初の試合は黒星スタートとなったが、ホームで相性のいい相手に勝ってGWの連戦に弾みをつけたい試合。
画像

スタメンでは遠藤、菊池、山田直輝と、かつてベルマーレでプレーしていた3選手をスタメン起用。
武富選手はベンチスタート。
外国人選手のスタメンはマウリシオ選手のみで、前節に続いてベンチにも入っていない選手が2人・・・。

試合はレッズが立ち上がりからディフェンスラインの裏へのボールを多用するが精度を欠く。
逆に前半30分に左サイドを崩されてしまって、最後はゴール前でフリーだった石川選手に決められて先取点を奪われてしまう。
前半はベルマーレ1点リードで後半に折り返し。

後半のレッズは早い時間帯に交代枠を使い切り攻撃に厚みを持たせようとするが、相手の必死のディフェンスに1点が遠く。
結局、試合は湘南ベルマーレが浦和レッズに1−0で勝利。
実に21年ぶりにレッズ戦で勝利したとの事です。
21年前と言ったら、あの中田英寿がいた頃かな?

一方のレッズは3試合連続無得点で2連敗。
順位も14位に落としました。
画像

前節の試合の事はよくわからないが、今日の試合は前半から精度の低いロングパスを出しては前線の選手に渡らずに相手ボールになってしまうという、何をしたいのかわからないサッカー。
前半は、堀監督の頃よりも酷いサッカーをしていましたね。

前半の唯一の見せ場は山田直輝選手がフリーでシュートを撃った場面くらい。
興梠選手が2人がかりのマークの中で粘って、いいパスを送ったのですが、相手GKの正面に。
直輝自身の見せ場も、これくらいで後半開始と同時に途中交代。
せっかくのスタメンでアピールする事が出来ずに残念です。

後半はサイドの選手を入れ替えてから攻撃の形も出来てきたが、どうしても1点が取れない。
興梠が徹底マークされている以上は、他の選手がフォローしなければいけないのだが、途中出場のナバウト選手は枠にいかないシュートばかり。
武藤選手にいたっては守備追われていて攻撃に全然参加できていない。
そして、前節に続いてベンチにも入れない前線の外国人選手。
これでは誰が監督でも勝てという方が難しいですよ。

両チームとも対戦相手にとってゆかりのある選手が多かったゲーム。
試合終了後にはレッズからは遠藤、菊池、直輝、武富の4選手が湘南サポーターの応援席へ挨拶。
ベルマーレからは梅崎選手がスタンドを一周して挨拶。
梅崎選手に対しては、試合前のスタメン紹介ではブーイングと拍手が入り混じっていましたが、やはり10年間もレッズでプレーしていた選手だけに、試合後の挨拶には感謝の気持ちでした。
次のアウェーゲームではスタメンで出てほしいですね。
画像

次節はアウェー・等々力競技場にて川崎フロンターレとの試合。
中2日での試合に加えて、現在3連勝でリーグ3位と好調の前年王者との対戦。
はっきりいって、今のレッズがフロンターレに勝てる気がしません。
3連敗濃厚かな・・・。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんはです。
暑い中お疲れ様でした。またも内容も悪くて負けてしまいましたね。おっしゃる通り、何がしたいのかサッパリなサッカーでしたね。
しかも湘南から絶対的な主力を引き抜いた上に湘南で大活躍していた直輝も戻して、3人一挙にぶつけて、それでこの負け方、やはり情けないです。

順位も危険水域ですね。本当に勝つサッカーをやらないと不味い事になると思います。しかも次が川崎、更に鹿島と・・・胃が痛くなりますが、やるしかありません!
うえ
URL
2018/04/29 00:38
 >うえさん
おはようございます。
昨日はお疲れ様でした。
また降格を意識しなければならない段階まで落ちてしまいましたね。
昨日の前半なんて本当に何がしたいのかと思うくらいに酷いサッカーでした。
こういうチームにしてしまった当時の強化担当の責任が重大ですよね。
にもかかわらずクラブに残っているのだからお先真っ暗です。
FREE TIME
2018/04/29 08:01
何時もお世話になっております。

オリヴェイラ監督に代わってから2連敗と監督が代わったから上手くいく訳じゃないのは私は散々経験しているので上手くいったのは宝くじに当たった位の気持ちが必要です。

監督が代われば当然起用される選手も代わってくる訳でマルティノスは3-4-2-1のSH(WB)だと確かに起用しづらいでしょうね。元々横浜では4-2-3-1のSHでしたのでこれだけでもかなり違いますからね。

うちも今勝てない状況(昨日やっと止まりましたが)でサポーターが疑心暗鬼になっていますが、こういう時だからこそ疑心暗鬼にならず下を向かずに行く事は大切です。選手をヤジってもバスに罵声を浴びせても解決しませんから・・・(うちの事例です)

守備が崩壊して敗れた訳じゃないだけに1点取って逃げ切る位の気持ちを持つ事も必要なのではと思います。

今言える事は今浦和が現実的にできる戦術を選手たちが相互理解してやり切る事です。良い戦術でも実行できなければ意味がないので今できる戦術で現実化させる事に徹していけばトンネルの出口は見えると思います。
PGM21
URL
2018/04/29 09:26
 >PGM21さん
お世話になっております。
この連戦真っ只中に監督を代えて大丈夫かと思ってましたが、その不安が的中してしまいました。
確かに守備が崩壊していないけど、相手からしたら1点あれば充分って思われているでしょうね。
それだけ攻撃に形というものがありません。
とりあえずW杯中断期間を有効に使って巻き返す事を臨んでいます。
それまでは我慢ですね。
FREE TIME
2018/04/29 17:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
3試合連続無得点で2連敗 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる