FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 大槻vsミシャの仁義なき戦い

<<   作成日時 : 2018/04/21 23:00   >>

トラックバック 0 / コメント 4

Jリーグ第9節。
浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムにて北海道コンサドーレ札幌との対戦。

暫定的に大槻監督に代わってからリーグ戦3連勝のレッズ。
その大槻監督とも、今日の試合がひとまずラストマッチ。
一方の対戦相手は昨年までレッズの監督を務めていたミハイロ・ペトロビッチ監督率いる北海道コンサドーレ札幌。(もう前監督ではなく元監督なんだよね・・・)
リーグ戦でも上位と好調なチームだが、大槻監督のラストマッチに勝って快く送り出したい試合。
画像

今日は南広場でスウィーツ祭り。
かつて南ゴール裏の売店で売られていた埼スタプリンは数量限定という事もあって、あっという間に完売してしまったようなので、あまり並んでいなかったロールケーキ(300円)を買う事に。
珈琲味の一口サイズでしたが、味はまあまあでした(笑)
画像

スタメンでは代表の試合で故障した宇賀神選手がスタメン復帰。
FWは興梠、武藤の2TOP。

試合は一進一体の攻防。
前半は両チームともに決定的な場面があったが、両チームのGKの好守もあって両チーム無得点で前半終了。

後半も激しい攻防が続いたが、両チームの粘り強い守備で均衡は破れないままスコアレスドローで試合終了。
両チーム勝ち点1を獲得するにとどまりました。
画像

今月は毎週ホームゲームを組まれているレッズ。
3試合目となったホームゲームでしたが、連戦に加えて季節外れも暑さも手伝ってスコアレスドロー。
それでも、お互いに持ち味は充分に出ていたし、中身の濃いスコアレスドローだったと思います。
少なくとも4−4なんてサッカーとは思えないようなスコアだった試合に比べれば(爆)

今日は前線の選手が今ひとつの出来でしたが、逆に守備的な選手の働きは目立ちました。
中でも目についたのが3試合連続スタメンとなった橋岡選手。
今日も右サイドで、よく走りよく守っていました。
東京五輪代表の森保監督が観戦していた姿が試合中のビジョンに映っていましたが、お目当ては間違いなく橋岡選手でしょうね。

一方のミシャ監督率いるコンサドーレ。
シーズン開幕当初は守備が破綻していたのに、今日の試合では守備も良かった。
昨年は守備完全放棄の戦術を用いて解任の憂き目にあっただけに、今季は昨季の反省もして臨んでいるという事のようですね。
現在の順位がフロックでない事が、よくわかりました。

これで大槻監督の采配は暫く見納め。
リーグ戦4試合、ルヴァン杯2試合を4勝2分けと無敗の成績。
リーグ戦未勝利で降格圏内に沈んでいたチームを、見事に上昇させてくれました。
まだ安心できる順位と勝ち点ではありませんが、ひとまず選手達も自信を取り戻させてくれたのが何より大きいです。
画像

画像

次節はアウェー・三協フロンテア柏スタジアムにて柏レイソルとの対戦。
オリヴェイラ監督体制で挑む最初の試合。
中3日での試合を新監督で戦うという事で、あまり過度な期待はかけられませんが、相手は中2日なので勝ち目がないわけではありません。

最後に大槻監督。
どん底だったチームを救っていただき感謝しております。
今後はユースに戻っての指導となりますが、橋岡、荻原といったイキのいい若手をどんどんトップチームに送って下さい。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 仁義なき戦い の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
昨日は暑い中お疲れ様でした。ロールケーキ、凄い色をしていますね(笑)

さて組長ラストマッチになりましたが、そこに敵将がミシャと、色々と意味のある試合になったと思います。
レッズは前半チャンス連発でゴールまで時間の問題と思っていたんですが、ミシャの率いるチームとしては、予想外の守備の粘りに最後まで守られてしまいましたね。ミシャも過去率いた2チームでは守備がお粗末でしたから、3度目の正直で守備にも力を入れたんですかねぇ。

それても組長に大感謝です。最後は勝利で送り出してあげたかったですが、成績は4勝2分の無敗と、暫定監督として十二分な凄い成績を残してくれました。苦しいチーム事情を突然託された監督として、もうこれ以上のものは無いでしょう。組長には本当に感謝したいです。

組長、再びユース責任者として、素晴らしい逸材のトップ引き上げに期待しています。
うえ
URL
2018/04/22 09:52
何時もお世話になっております。

大槻監督4試合で3勝1分で乗り切ったのは堀前監督の時を思うとまさかこんな状況で次の監督に引き継げるなんて多くの浦和サポーターは思ってもいなかったと思います。

ミシャは元々予算が贅沢でなかった広島をJ2降格という経験を経て強豪の柱を作られた方なので浦和のように贅沢な予算があるクラブだと勝てないと監督の采配に目がいきがちですが、札幌のような予算がないクラブで結果を出すと改めて優秀な監督だったのだと知る事になると思います。誰とは申し上げませんが予算があるクラブで結果を出せず、予算がないクラブでも結果を出せない某監督とは雲仙の差である事は明らかですからね。

浦和としてはリーグ戦中断までの6試合で選手を把握できるだけの順位にいる事はオリヴェイラ新監督も引き受けた当初は考えていなかっただけに嬉しい誤算でしょうね。

少なくても指導経験を受けた興梠がいる事は心強いですし、指導経験を受けた選手がいるといないのでは大きく違ってきます。うちは途中交代で外部招聘した時12年にはそういう選手がいましたが、17年は誰もいなくて監督が求める意図を理解するのに非常に苦労した経験があるだけに浦和の選手のポテンシャルなら理解するまで時間を要さないと思います。
PGM21
URL
2018/04/22 09:58
 >うえさん
こんにちは。
昨日はお疲れ様でした。
ミシャも3チーム目の監督になるので、これまでの失敗を反省しているのでしょう。
昨年までの監督もコーチで残っているので、そこも札幌のとって、いい方向に働いているような気がします。
大槻さんはユースに戻るのではなくヘッドコーチとしてトップに残ると発表がありましたね。
きっと、オリヴェイラ監督の右腕としてチームを支えてくれると思います。
FREE TIME
2018/04/22 17:30
 >PGM21さん
お世話になっております。
まさか、どん底だったチームを、ここまで上げてくれるとは思っていませんでした。
次節からオリヴェイラ監督が指揮を執りますが、大槻さんもヘッドコーチとしてトップチームに残るので、これまでの流れを繋げてくれる事を信じています。
FREE TIME
2018/04/22 17:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大槻vsミシャの仁義なき戦い FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる