FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 興梠、橋岡の活躍で3連勝

<<   作成日時 : 2018/04/15 21:39   >>

トラックバック 0 / コメント 4

Jリーグ第8節。
浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムにて清水エスパルスとの対戦。

大槻監督に変わって以降、仙台・神戸に勝って連勝したレッズ。
今節は、ここ4試合勝利がない清水エスパルス。
連戦が続くが、今は勝ち点を積み上げる事が大事。
画像

今日は天気が心配されましたが、午前中に雨風も止んで、午後からは晴れ間も見えました。
そういう意味では、昨日ではなく今日の試合で良かったかなと。

試合前の南広場のイベントでタレントのボビー・オロゴン氏のトークショー。
しばらく見ないと思ったいたけど、こんな所にいたとは(違)
浦和在住との事だけど、あまり街中では見かけませんけどね(汗)
画像

さて、話題を試合の方へ。
レッズは前半途中でマウリシオ選手が負傷交代するアクシデントが発生したが、23分に左サイドからのクロスを興梠選手が頭で合わせて先制点。
先制ゴールを決めた興梠選手は、6分後にも今度は右サイドからのクロスを頭で合わせて追加点。
前半はレッズが2点リードで後半へ折り返し。

後半になるとエスパルスに1点を返されて1点差に詰められ、その後も攻めてくる相手に守勢に回る時間帯が増えるが、必死のディフェンスでリード最後まで死守。
結局、試合は浦和レッズは2−1で清水エスパルスに競り勝ってリーグ戦3連勝。
前節から、また順位を上げました。
画像

エースが挙げた得点を全員で守り切る。
先週の仙台戦のような展開での勝利。
後半に劣勢に回り続けてしまうのは相変わらずですが、厳しい連戦が続くので、今は内容よりも結果ですね。

興梠が2点目を決めた時には、昨年のホーム・清水戦が頭をよぎりました。
後半に1点を返された時は「もしかして」の気持ちもありましたが、昨年と違って最後までリードを守り切っての勝利。
足をつった選手が複数いましたが、最後までよく守り切りました。

ヒーローインタビューは興梠選手1人でしたが、個人的にMOMに挙げたいのが橋岡選手。
本職はCBですが、前節に続いてサイドでのスタメン起用。
前半には右サイドから精度の高いクロスを上げて2点目をアシスト。
守備面でも体を張って相手の攻撃を摘み取る献身ぶり。
今年からトップに昇格したばかりとは思えないような落ち着いたプレーも印象的でした。
画像

次節は、ホーム・埼玉スタジアムにて北海道コンサドーレ札幌との対戦。
相手はリーグ戦3連勝と勢いに乗っている状態。
新監督の攻撃サッカーが、こんなに早く身を結ぶとは予想外・・・。
その前にはルヴァン杯の試合もありますが、このタイトな連戦を勝ち抜いていくのが大事なので、大槻監督の手腕に引き続き期待していこうと思います。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 浦和レッズ 2017 ACL AFCチャンピオンズリーグ 優勝記念 ステッカー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんはです。
今日はお疲れ様でした。これまで勝てなかったのが嘘のような3連勝ですね。エース興梠の2得点が凄かったですが、それをアシストした菊池と橋岡ですね。特に橋岡はルーキーにしてルーキーとは思えない活躍っぷり。試合毎にどんどん成長していますね。これは間違いなくA代表まで行ける逸材ですね。

3連勝で一応安堵な順位まで来ました。ルヴァンを挟んでミシャと対決ですね。ホームで返り討ちにしてやりましょう!
うえ
URL
2018/04/15 23:07
 >うえさん
こんばんは。
今日はお疲れ様でした。
本当に降格を強く意識していたのがウソのような快進撃ですね。
両サイドからのクロスを、しっかり合わせて決めた興梠も見事ですが、そのクロスを供給した菊池と橋岡も良かったです。
本当に橋岡選手には、この先も期待したい逸材だと思います。

次はホーム・札幌戦ですね。
5年間半お世話になったミシャとの対戦ですが、ミシャの教え子たちの恩返しに期待したいです。
FREE TIME
2018/04/15 23:28
何時もお世話になっております。

まずは3連勝おめでとうございます。

どんな形であれ勝てばサポーターの気持ちは変わってくるものです。負けていると本当にネガティブな事ばかり考えてしまうサポーターが増えてしまうだけにどんなに内容が悪かろうと勝てば全然違うという事です。

試合を観ていると3バックのカウンターサッカーに転身した感じもありますが、興梠と武藤の2トップに柏木のトップ下にした事で3人が攻撃に専念できるようになった事と、武藤のサポートが近くなった事で興梠が孤立しなくなったのは大きいですね。両サイドがクロスを供給しロングパスから興梠、武藤が決めるという形は単純ですが選手たちにも今は難しい事を考えずにターゲットを決めている事で上手く機能している感じです。

これも全て仙台戦に勝利し連戦で考える時間が無い事も大きいと思います。

次はミシャとの対決ですがやはり戦術指導力の凄さを感じる監督であるだけに監督不在の浦和がどれだけ戦えるのか注目しております。
PGM21
URL
2018/04/16 00:31
 >PGM21さん
お世話になっております。
確かに大槻監督になってからカウンターも増えていますが、基本的にはミシャ時代の繋ぐサッカーがベースになっています。
興梠と武藤の2トップによって決定機も増えてきたのも大きいですね。
次は札幌戦。
向こうは監督が2人いるような感じなので、今のレッズにとっては厄介な相手です。
でもミシャが使わなかった選手や知らない選手の力で勝てるのではないかと思っております。
FREE TIME
2018/04/16 20:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
興梠、橋岡の活躍で3連勝 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる