FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 不適材不適所

<<   作成日時 : 2018/03/04 22:58   >>

トラックバック 0 / コメント 4

Jリーグ第2節。
浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムにてサンフレッチェ広島との対戦。

開幕戦をドローで終えて迎えるホーム開幕戦。
相手は昨シーズン15位のサンフレッチェ広島。
相性のいいホーム開幕戦、昨年はスイープした相性のいいチーム、FC東京時代から相性の良かった監督と勝つシナリオが整っているとも言ってもおかしくないシチュエーション。
画像

2節は、この試合のみ日曜開催で、しかも夕方4時キックオフ。
最初は何でこの日にこの時間と思ったが、今日の気温を考えると、ちょうど良かったのかもw

試合前のゴール裏には「VAMOS URAWA」のビジュアル。
この壮観なビジュアルを見ていて勝てそうな気がしたのですが・・・。
画像

試合は2−1でサンフレッチェ広島の勝利。
前半は立ち上がりはサンフレッチェペースで進んだが、レッズが次第に優勢に立って、前半43分に青木選手が頭で押し込んで先制点。

後半もレッズが優位に試合を進めていたが追加点が奪えず、逆にサンフレッチェにカウンターから失点を喫して同点とされてしまい、その後もカウンターから失点。
1点を追いかける立場に回ったレッズは攻撃的な選手を立て続けに投入するも実らず。
ホーム開幕戦を痛い逆転負けで落とす事となりました。
画像

FC東京、サンフレッチェ広島と昨シーズンは勝ち点6を奪ったチームとの連戦で獲得した勝ち点は1。
得点数も計2点と、まさかのスタートダッシュ失敗。
まだ2試合消化したに過ぎませんが、昨シーズン終盤からの悪い流れを越年しても引きずったまま。
今シーズンは2ケタ順位、あるいは2011年の悪夢の再来を感じてしまっている自分がいます。

そう感じてしまうのが、やはり選手の適性に応じたポジションやスタイルで戦えていない事。
興梠、武藤が孤立している感じが客席からでも伝わってくるし、本職のSBがいないのに4バックに変えた事にも疑問。
試合後の興梠選手のコメントを聞いていて、わずか2試合で選手にここまで危機感を持たせてしまうのはどうなのかと感じます。

それに柏木不在だからといってセットプレーのキッカーを誰も蹴ろうとしないのはどういう事なのか?
ちゃんと監督と選手間でコミュニケーションが取れていないのではないだろうか?

そもそも柏木選手不在って、どうなっているのか?
今季からキャプテンを任された選手がコンディション不良で出られないというのはどういう事なのか?
キャプテンとしての自覚が足りないと思うし、少なくとも昨年までのキャプテンには見られなかった事です。

堀監督になってから前監督のスタイルを踏襲していた時には対戦相手にも恵まれていたが勝てていた。
しかし、何を思ったのは9月に入ってからフォーメーションを変えてからリーグ戦では勝てなくなった。
ACLに隠れていたので見逃しがちだけど、ホームゲームは昨年8月のFC東京戦を最後に勝てていないというデータがあります。
自分の理想より現実に合った戦いをしてもらいたいです。

次節はアウェー・トランスコスモススタジアムにてV・ファーレン長崎との対戦。
初昇格のチームに初めてのスタジアムと未知の相手との戦いとなりますが、昨日の中継をTV観戦した限りでは、そんなに悪いチームではなかった。
その前にルヴァン杯がありますが、今はリーグ戦が大事。
もし、次の試合でも勝ち点3を逃すような事があったら残留争いも覚悟しなければなりません。


浦和ACL戦記 (ELGOLAZO BOOKS)
スクワッド
2018-03-01
REDS PRESS/エル・ゴラッソ
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 浦和ACL戦記 (ELGOLAZO BOOKS) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
何時もお世話になっております。

開幕カード勝利なしという結果は浦和さんにとってこれ以上にない不本意な結果になったと思います。

理想と現実については難しいもので現実を言ってしまえば堀監督にはミシャシステム及び3バックの指導ができないというのがある故に11年の時同様に自分が指導できる4バックにしたというのが実情だと思います。どうしても3バックで戦うなら3バックの指導ができる監督でないと難しいのは2年で5人も監督交代を経験した私が1番痛感している事なので堀監督が目指すサッカーをまず理解して今いる選手で誰がベストなのか?が重要だと感じます。
今季の浦和の現時点での失敗があるとすればサイドバックの選手を獲得できなかった事に尽きると思います。これも長年ミシャシステムが6年続いた後遺症ではありますが、浦和が求めるサイドバックのレベルを考えると日本人の人材は限られてしまうだけに獲得も容易じゃないとは感じます。
長崎戦は高木監督の采配は長けている分浦和がどうやって戦力で圧倒できるか?だと思います。3節は浦和が平常心を取り戻す重要なポイントになると思います。
PGM21
URL
2018/03/05 01:05
こんばんはです。
昨日はお疲れ様でした。勝たなければいけないホーム開幕戦、勝たなければいけない相手に、逆転負けは痛いです。しかも内容が内容ですし。
ご指摘の通り、このシステメでは攻撃の選手の特性が生かせないですね。その前に動きもバラバラですし。守るのか攻めるのか中途半端でしたし、それで逆転されましたし、途中から何をしたいのかわからないサッカーになっていましたね。

補強で新外国人の発表はありましたが、率直に言って今のままのサッカーでは危険だと思います。長崎戦によってはフロントも動かないといけないと思っています。
うえ
URL
2018/03/05 17:22
 >PGM21さん
お世話になっております。
連勝スタートもあり得た開幕2連戦を1敗1分けで終えて大誤算もいいところです。
堀監督もミシャの下で5年もコーチをやっていたのだから3バックの指導が出来ないなどという事はないと思います。
昨シーズン終盤から指摘されている興梠選手が前線で孤立する問題も解決されないままシーズンを迎えて、この先どうなってしまうのか。
下手すれば残留争いなんて事も。
次の長崎戦では勝ち点3はほしいです。
FREE TIME
2018/03/05 22:11
 >うえさん
こんばんは。
昨日はお疲れ様でした。
勝てる相手に逆転負けは気が滅入りしましたね。
本当に今のサッカーでは危険ですが、あのフロントがまともな動きをする事など期待できず辛いところです。
FREE TIME
2018/03/05 22:13
不適材不適所 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる