FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 帰ってきた男

<<   作成日時 : 2018/03/31 20:48   >>

トラックバック 0 / コメント 0

プロ野球は昨日から開幕。
センバツ高校野球もベスト8をかけた戦いが繰り広げられて、まさに球春ですね。

東京ドームではジャイアンツvsタイガースの2戦目。
昨日はタイガースが先発野手全員安打で菅野投手を攻略し白星スタート。
2戦目の先発はジャイアンツ・田口、タイガース・藤浪の両投手。

試合は初回にタイガースが糸井選手にホームランが出て、昨日に続いて先制。
3回にも3連続タイムリーなどで3点を取って4−0として試合の主導権を握る。

昨日に続き、序盤で4点を追う展開に回ったジャイアンツは3回に岡本選手の2点タイムリーで反撃。
6回には制球の定まらない藤浪投手から2つの四球などで無死満塁のチャンス。
ここでジャイアンツベンチは阿部選手を代打に起用したところで、タイガースベンチも藤浪投手から岩崎投手にスイッチ。
しかし、岩崎投手が阿部選手を歩かせてしまい押し出しで1点差。
その後、2アウトを取ったが坂本選手に同点タイムリーを打たれて、藤浪投手の勝利投手の権利は消滅。

同点に追いついたジャイアンツは7回に一死一、二塁から小林選手が勝ち越しタイムリーを打って4点差を逆転。
その直後の8回表にジャイアンツベンチは上原投手を投入。

公式戦では10年ぶりの日本球界復帰マウンドとなった上原投手は11球で三者凡退に抑える貫録の投球。
その裏の攻撃で、ここまで3打数3安打2打点の岡本選手にダメ押しの3ランホームランが出て勝負あり。
2戦目はジャイアンツが8−4でタイガースに逆転勝ちして、今シーズン初勝利を飾りました。

昨日は東京ドームで観戦しましたが、今日は家でTV観戦。
先発の田口投手がピリッとしない内容で3回までに4点を取られた時は、今日もタイガースが勝つのかなと思っていました。

しかし、ジャイアンツが岡本選手や小林選手ら下位打線の活躍し、オープン戦から不調の坂本選手とマギー選手に今季初安打が出るなどして4点差を逆転。
やはり下位打線が打つと打線が繋がります。

そして何と言っても圧巻だったのが上原投手と澤村投手の投球。
同点に追いついた直後の7回に登板した澤村投手はタイガースの中軸から2三振を奪うなど完璧な投球で三者凡退に抑えて勝利投手に。

そして、8回の上原投手も持ち前のテンポの早い投球で三者凡退に抑える投球。
昨年までアメリカでプレーしていた投手と、昨年は故障で1軍での登板がゼロだった投手がもたらしたといってもいい勝利。
まさに帰ってきた男の力ですね。

そして横浜スタジアムでもメジャーから日本球界に復帰した青木選手の初打点が出るなどしてベイスターズに連勝スタート。
こちらも帰ってきた男の効果が現れると面白くなりそうです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
帰ってきた男 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる