FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 2018年プロ野球開幕

<<   作成日時 : 2018/03/30 22:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日から2018年プロ野球開幕が開幕。
一喜一憂する毎日の始まりです。

私も今日は仕事帰りに東京ドームで巨人vs阪神戦を観戦。
両チームの開幕カードは2014年以来4年ぶり。
伝統の一戦という事もあって、東京ドームは超満員でした。
画像

開幕投手はジャイアンツ・菅野、タイガース・メッセンジャーの両投手。
試合は2回表にタイガースが福留選手のレフトポール直撃のホームランで1点を先制。
更に下位打線の3連打で満塁にして、高山選手の内野安打で追加点。
4回には大山選手に2ランホームランが出て、タイガースが序盤に4点を先行。

7回には、ここまでヒットの出ていなかった鳥谷、糸井、ロサリオの3連打でダメ押し点。
菅野投手は、7回を投げて自己ワーストとなる被安打12の5失点の内容。

一方、タイガースの先発・メッセンジャー投手は立ち上がりこそ不安定だったが、徐々に本来の投球となりジャイアンツ打線を7回1失点の好投で先発投手の役割を果たす。
結局、試合は5−1でタイガースが勝って開幕戦白星スタート。
ジャイアンツは6年ぶりに開幕戦を落としました。
画像

菅野vsメッセンジャーという開幕投手という事もあって投手戦になるかと思いましたが、全く予想外の展開になってしまいました。
初回はあっさり三者凡退に抑えた菅野投手でしたが、福留選手に先制ホームランを打たれてからおかしくなってしまいましたね。
まさか、先発野手全員安打を喫してしまうとは。

一方でメッセンジャー投手は立ち上がりを無失点に切り抜けてから打線の援護にも助けられて本来の緩急をつけた投球でしたね。
低めにも決まっていたあたり菅野投手とは対象的でした。

ジャイアンツも負けはしたが、ルーキーで開幕1軍を果たした田中俊太選手と大城選手が揃ってプロ初打席で初安打を記録。
また無安打ではあったけど吉川尚輝選手と岡本選手がフル出場を果たすなど若手の底上げする可能性も感じました。

開幕戦という事もあって、夕食は東京ドーム内で食べました。
今年も東京ドームではジャイアンツの選手がプロデュースした弁当が販売されたいました。
そこで、今年からプロデュースされた陽岱鋼選手プロデュースの弁当を購入。
画像

崎陽軒で製造した事もあってシュウマイや水餃子など入っていました。
牛すき風弁当という事もあってメインは牛肉。
牛肉は甘味が効いていましたね。

他球場の試合結果は以下の通り。
埼玉西武11−2北海道日本ハム
東北楽天3−2千葉ロッテ
福岡ソフトバンク2−0オリックス
東京ヤクルト7−3DeNA
広島6−3中日

ZOZOマリンの試合は延長12回まで行われて、試合時間も5時間以上の長い試合になりました。
開幕早々、選手もファンもお疲れ様です。
それでもって、明日は14時試合開始なんですよね(汗)


プロ野球オール写真選手名鑑 2018 (NSK MOOK)
日本スポーツ企画出版社
2018-02-16
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by プロ野球オール写真選手名鑑 2018 (NSK MOOK) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2018年プロ野球開幕 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる