FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS またしてもホームで敗戦の底なし沼状態

<<   作成日時 : 2018/03/18 19:00   >>

トラックバック 0 / コメント 4

Jリーグ第4節。
浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムにて横浜Fマリノスとの対戦。

ここまで3試合で1敗2分けのレッズ。
先日のルヴァン杯では今季全敗していたガンバ大阪相手にホームで大敗を喫するなどどん底状態。
それでも、レッズの勝利を信じるべく、埼スタまで足を運びました。
画像

スタジアム入りしたのが14時頃。
南広場では試合後に選手が食べる「ロッカールームミールフェア」なるものをやっていたので、自分も遅めの昼食として食べてみる事に。
通常は北と南のゴール裏で600円で販売していますが、南広場では400円で販売。
そのせいか両も少な目でした・

当初はほうれん草の入ったチキンカレーを食べたかったのだが、既に完売。
そういう訳でビーフカレーを食べる事にしました。
移動中にフタが取れてしまったせいで、少し崩れてしまいましたが小腹は満たされました。
画像

スタメンはというと、右SBで起用されていた遠藤選手が故障したため、代わりに菊池選手が右SBで起用。
そして武富選手が移籍後初スタメン。

試合はというと前半はレッズが優勢だったが、再三のようにオフサイドを取られたりするなど相手の高いディフェンスラインを崩せずに前半はスコアレスで後半へ折り返し。

後半は一転してマリノスペース。
レッズは防戦一方になり、GK・西川選手の好守もあって何とか凌ぐ展開が続いていたが、後半36分に先制点を許し万事休す。

今季ここまで未勝利チーム同士の対戦は横浜Fマリノスが1−0で浦和レッズに勝って今季初勝利。
逆にレッズは4戦未処理に終わり、順位も17位に交代。
まだ4節終了とはいえ降格圏内に入ってしまいました。
画像

前節までレッズより下の順位のマリノスにまで勝てないどころか負けてしまったレッズ。
これで昨年からルヴァン杯含めてホームゲーム5連敗。
ホームで勝てないようでは、この先も勝ち点の上積みは望めないでしょう。

前半はハードワークが効いていて攻守ともに相手を上回っていた。
しかし、前半のうちに先制出来なかったし、あれだけ激しくプレーして90分もつのかという不安もありました。

そして、その不安が現実のものとなり、後半は相手に再三のように攻められて防戦一方。
西川の好守がなければ1点で済まなかったですよ。

まだ4節終了とはいえ、昨年から続いている事を見ても堀監督に限界が見えてきましたね。
試合後のコメントを公式HPで拝見しましたが、残念なコメントばかりでガッカリ。
選手ともコミュニケーションも少ないみたいだし、トップチームの監督の器ではなかったようです。

ただ、解任しようにも代わりがいない。
4月は平日の試合も多くなるし、W杯中断前までは今の体制で行くしかなさそう。
しかし、W杯中断前の試合は15節とシーズンの半分以上が消化してしまうので、それじゃ遅いんですよね。
真剣に降格を覚悟しなければならなくなりそうです。
画像

次節はアウェー・エコパスタジアムにてジュビロ磐田との対戦。
この2週間の間で何が出来るのか?
あるいは何をどうするのか?

ジュビロも調子が上がっていないとはいえ、今のレッズでは、どこが相手でも勝てない気がします。
手遅れになる前に手は打っておきたいけど、打つ手も見当たらないのが正直なところ。
うーん、どうしよう・・・。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
何時もお世話になっております。

大変苦しいスタートになってしまった事は近年の浦和にとって受け入れ難いものだと思います。

2分2敗得点3失点5ですが、昨年の新潟は2分2敗得点3失点6でしたので4節終わった時点でほぼ同じ成績ですが似た成績の経験から言える事はとにかく不信感を持たない事が重要です。

不信感を持ってしまうと伝染して何が良く何が悪いのか全くわからなくなってしまいます。浦和の場合サポーターの発言力が他のクラブと比べ物にならないのでかなり難しい事だとは理解しますが、監督を代えれば良くなるという幻想に取りつかれてしまうと築き上げてきたサッカーがそれこそ無くなります。それで昨年5か月新潟は勝てなかったので監督を代えるにしてもどんなサッカーをしていくのかは結局のところ監督次第になってしまう所が強くなります。

戦力構成上3バックに戻すという選択肢は残されてはいますがそれならシーズン開始前に3バックを得意とする監督にしなければならなかったのですが浦和は4バックで戦う選択肢をしただけに今から3バックに戻す事は私の経験上止めた方が良いと思います。この昨年10月からの4バックは何だったのか?という事になりますし逆に混迷を極めかねないと感じます。

幸いこれから2週間立て直せる期間がありますし、浦和の戦力なら1度勝ち出せば十分浮上できるだけの経験値と実績があるので阿部や柏木が中心になって立て直しを行えばよいと思います。

良くするのもサポーターですが、悪くするのもサポーターなのだと昨年の経験から学んだので辛かった時の経験を思い出しながら辛抱強くサポートしてほしいと思います。
PGM21
URL
2018/03/19 01:19
 >PGM21さん
お世話になっております。
昨年からの課題をキャンプで修正するどころか悪化させているので、わずか2週間で何が出来るというのでしょうか?
ましてやDFの選手が代表で3人抜けるというのに。
監督よりもフロントに不信感を持っているサポが多いのが現状です。
あのフロントでは降格も見えてきそうです。
あと今季から柏木がキャプテンになりましたが、全くと言っていい程キャンプテンシーを発揮していないのも不満です。
試合でも槙野や西川の方が鼓舞しているし。
今のままでは本当にまずいし、4月からの連戦で勝ち点を稼げそうにありません。
FREE TIME
2018/03/19 08:56
こんばんはです。
昨日はお疲れ様でした。絶不調の筈のガンバ、そして今回のマリノスにまで勝てないとなると、いよいよ絶望的ですね。このままでは何処とやっても勝てないままJ2まっしぐらですね。

せっかくの2週間の空きで新たな監督探しをしてほしいですが、社長が堀の続投を明言したとの話もありで、こうなってくるとますます絶望的です。この2週間が本当に「変える」チャンスなんですよね。フロントは危機感が無いのでしょうか・・・。
うえ
URL
2018/03/19 17:31
 >うえさん
こんばんは。
日曜はお疲れ様でした。
淵田社長の堀監督続投表明の話を聞いて来季はJ2で戦う事を覚悟しました。
やはり浦和のフロントは本当にダメですね。
フロントがしっかりしている鹿島や川崎が羨ましいです。
FREE TIME
2018/03/20 00:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
またしてもホームで敗戦の底なし沼状態 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる