FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 栃ノ心が初の幕内優勝

<<   作成日時 : 2018/01/28 19:06   >>

トラックバック 0 / コメント 0

大相撲初場所。
平幕の栃ノ心が初優勝を飾りました。

10日目終了時点で横綱・鶴竜が10戦全勝で単独トップ。
1敗差で栃ノ心が追う展開でしたが、鶴竜が11日目で初黒星を喫してから、まさかの3連敗。
その間、栃ノ心は勝ち続けて1敗で単独トップに。

そして昨日の14日目。
栃ノ心は松鳳山に勝って千秋楽を待たずに初優勝を決めました。
今日の千秋楽でも遠藤に完勝して初優勝の最後の場所を勝利で締めくくりました。

今場所は西前頭三枚目の栃ノ心。
平幕優勝は2012年夏場所の旭天鵬以来6年ぶりとなります。
一時はケガで幕下まで番付が落ちた栃ノ心。
そこから再び駆け上がって勝ち取った初優勝。
もう30代になっていますが、30代での初優勝も立派だと思います。

先場所終了後に横綱・日馬富士が暴力事件の責任を取って引退。
そして、年を越して迎えた初場所でも横綱の白鵬と稀勢の里が相次いで途中休場。
何年も前に起きた暴力事件が明るみに出るなど、依然として大相撲界の不祥事は後を絶たず。
その問題を起こした相撲部屋が栃ノ心が入っている春日野部屋。
栃ノ心の優勝は立派だが、だからと言って春日野親方が持ち上げられるなんて事はないようにしたいです。

まだまだ大相撲界の不祥事は水に流せたわけではありませんが、今場所の栃ノ心の初優勝は土俵を盛り上げたと思います。
今場所の成績がフロックだったと言われないように、来場所も優勝争いに絡める相撲を取り続けていってほしいと思います。
最後に栃ノ心関、優勝おめでとう。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 大相撲ジャーナル 2018年 02 月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
栃ノ心が初の幕内優勝 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる