FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 初戦であっさり敗退し5位決定戦へ

<<   作成日時 : 2017/12/10 04:25   >>

トラックバック 0 / コメント 2

アジア王者・浦和レッズの2017年FIFAクラブワールドカップがスタート。
準々決勝の対戦相手は、開催国王者のアルジャジーラ。

アジアを制してから2週間。
その後のリーグ戦では2試合連続0−1で敗戦と不安の残る内容だったが、CWCでは、どのような戦いを見せてくれるのか。

試合の結果はと言うと0−1とレッズの負け。
ボール支配率に関しては相手を上回っていたが、シュートになかなか持っていくことが出来ず。

逆に後半7分にカウンターから先取点を奪われてしまう。
結局、これが決勝点となり浦和レッズのCWCは初戦敗退。
レアルマドリードが待つ準決勝に進出できずに、5位決定戦に回る事になりました。

日本時間の深夜ではありますがTV観戦。
途中で寝落ちする事なく観ていましたが、リーグ戦同様に閉塞感漂う攻撃で得点が奪えずに、逆にカウンターから失点と国内リーグ戦終盤戦を見ているような負け方でした。

まず痛かったのは前半の興梠選手が決定機を外してしまった場面。
武藤選手から、いいクロスをフリーで受けながらも上に外してしまうとは。
その興梠選手は後半にもシュートのこぼれ球に反応しながらもシュートに持って行けず。
この2つのうち1つでも決まっていたら、展開は違っていたと思います。

そして、試合が終わった今でも納得できないのが堀監督のスタメン起用。
マウリシオ、長澤の2選手を何でスタメンで起用しなかったのか。
しかも、その2人に代わった起用された矢島、宇賀神の2選手の出来も酷かった。

堀監督になってから守備は整備されたが、反面攻撃力が激減してしまった。
ミシャ後に広島を優勝に導いた森保監督や、川崎を初優勝に導いた鬼木監督のように前監督のシステムを何で踏襲しなかったのか。
ACL優勝に導いたのは堀監督の手腕による部分はあるけれど、来年も、こんな魅力のないサッカーを選手はさせられ、サポーターは観させられてしまうのかと思うと、何だか来季が不安でしかたありません?

5位決定戦はアフリカ王者のウィダード・カサブランカとの対戦。
何だか、このまま無得点で6位で終わりそうな気がしますが、果たしてどうなるでしょうか?


浦和マガジン 2017年 12 月号 [雑誌]
朝日新聞出版
2017-11-24
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 浦和マガジン 2017年 12 月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
いきなりやらかしてしまいましたね。開催国枠で出て来るチームは、地の利がある以上は甘い相手ではないのはわかっていたつもりですが、しかしそれにしても負け方がJリーグと瓜二つという、一体堀は何を見てきたのか、大きな疑問符が付く試合になってしまいました。
負けたのは仕方ないにしても負け方が重要ですね。スタメンチョイスも何かおかしかったですし。これで5位決定戦もおかしな采配していたらどうしましょう?という、このままでは来季に向けて大変不安になってきました。とにかく5位決定戦はベストメンバーで臨んでもらいたいです。
うえ
URL
2017/12/10 10:37
>うえさん
おはようございます。
いきなりやらかしてしまいましたね。
開催国枠は侮れない事を昨年の鹿島が証明しているというのに、リーグ戦終盤と同じ形の負け方。
堀監督の手腕に疑問符がつく試合になってしまいました。
あとは興梠の決定機を外したシーンですね。
あれは決めないと・・・。
FREE TIME
2017/12/10 12:05
初戦であっさり敗退し5位決定戦へ FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる