FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「ザ・サークル」

<<   作成日時 : 2017/11/24 23:07   >>

トラックバック 5 / コメント 0

映画「ザ・サークル」を鑑賞しました。

この映画のストーリーは、世界一のシェアを誇るSNS企業「サークル」に勤めることになったメイ(エマ・ワトソン)。
サークルの経営者ベイリー(トム・ハンクス)は、オープンでシェアし合う社会を理想としていた。
ある日、新サービスが発表され、メイは自らの24時間をネットワークで全世界に公開するモデルケースに選ばれる。
すぐさまメイは1,000万以上のフォロワーに注目されるようになるが。

ベストセラーを映画化したとされる作品。
自分もSNSをやっているので、どのような内容なのか以前から気になって観ていました。
先日、神奈川県でSNSを利用した犯罪がありましたが、あそこまで酷くはないにせよ、鑑賞していて気分が良くなかったし、SNSの怖さを改めて痛感するストーリーでした・・・。

「サークル」という企業に入社したメイは当初、顧客に対応する部署に配属されていたが、真夜中にカヌーを漕いでいた最中に転覆して命の危険に晒されるが、この危機をアザラシを観測していた人がカメラで見かけた為に一命を取り留める。
それをきっかけにメイは新サービスのモニターとして抜擢されて日常生活も公開される。

最初の事は乗り気だったメイも両親の思いがけない場面まで目撃してしまったり、友人が自分から距離を置いたりなどして、次第に乗り気でなくなっていく。
しかし、一度動いてしまった以上は歯止めが利かなくなり、自分自身までも追い詰められていく事になる。
本当に話が進むにつれて、プライベートを公開する事で居場所を失ってしまうような疎外感をメイから感じ取れましたね。

何より不気味だったのがサークルという企業が一連の宗教団体に見えた事。
脱獄中の犯罪者を見つけるにしても、かつてサークルに勤務していたメイの友人が見つけた時の反応も、某カルト教団を思い出してしまいましたね。
連中にとっては、こういったやり方も単なるゲーム感覚にすぎないのかもしれません。
メイの友人であるマーサーが追い掛け回されるシーンなんて20年前のあの事故を思い出した人が多いのではないでしょうか(SNSは関係なかったが)

この映画を観て学んだ事は、やはりプライバシーは自分で守らねばならないという事。
人と人との繋がりは確かに大事ではあるが、この映画のように自分の日常生活を晒してまで繋がって行こうとは思いませんよ。
自分だって、知人や友人の全てを知りたいなどとは思いませんからね。

クライマックスでは友人の悲劇から立ち直ったメイがベイリーらにシーチェンジを取り付けて自分が味わった思いを味わわせる番だとばかりに逆襲するのかと思いきや、そのまま終了。
何だか消化不良のラストになってしまった感は否めなかったけど、最後にドローンに向かって微笑むメイの顔を見て、多少は救われた終わり方だったと受け取れました。

自分もSNS利用者として、改めて気をつけないといけないと思いました。
冒頭にも書いたが、日本でもSNSを利用した凶悪犯罪があったばかりなので尚更その気持ちが強くなりました。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ザ・サークル (上) (ハヤカワ文庫 NV エ 6-1) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ザ・サークル
インスタ映えする背景で・・・ ...続きを見る
ネタバレ映画館
2017/11/25 00:38
映画:ザ・サークル The Circle 超巨大SNS会社の暴走に、機知で切り返そうとする女。イマに...
超巨大SNS会社、とリアルワールドで言えば現状、フェイスブック。 この映画では「ザ・サークル」という設定。 ...続きを見る
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ...
2017/11/25 07:13
みんな無責任。『ザ・サークル』
巨大なソーシャル・ネットワーキング・サービスがもたらす脅威を描いたサスペンスドラマです。 ...続きを見る
水曜日のシネマ日記
2017/11/25 08:38
ザ・サークル
ザ・サークル@よみうりホール ...続きを見る
あーうぃ だにぇっと
2017/11/25 08:54
ザ・サークル
評価:★★★☆【3.5点】(F) ...続きを見る
映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
2017/11/25 19:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画「ザ・サークル」 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる