FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 3度もリードしながら追いつかれてドロー

<<   作成日時 : 2017/10/22 21:56   >>

トラックバック 0 / コメント 4

Jリーグ第30節。
浦和レッズはホーム・埼玉スタジアムにてガンバ大阪との対戦。

今シーズンも残り5試合。
対戦相手は、現在10位に低迷するガンバ大阪。
このカードが決まった時には、優勝争いがかかった試合かと思われていたが、両チームともに今シーズンの優勝は消滅と似たり寄ったり同士の対戦。
画像

午前中は選挙に行ったり、鹿島国の入国チケットを購入したりしていました。
そして11時に公式HPで試合の情報を確認しようと思ったらサーバーがダウンしたようで繋がらず。
公式Twitterで、試合開催するという情報を得たので、自分も強い雨風の中、埼スタまで足を運びました。

試合を強行したのはともかくとして南広場で予定通り店を出している運営には、ちょっと閉口させられました。
食べ物が雨で濡れたらどうするのって・・・。

対戦相手はガンバ大阪なので、試合前に「くくる」か「築地銀だこ」のたこ焼きを食べたかったのですが、大雨の中で並ぶのが嫌だったので、バックスタンド側コンコースで売っている「じゃぱん亭」という弁当屋で売っているたこ焼きを食べる事にしました。
400円と安かったので、こっちを選んで正解だったかも。
画像

さて、試合の方へ。
前半はレッズの方が優位に試合を進めながらも決めきれず、結局、前半は両チーム無得点で後半へ折り返し。

後半は一転して点の取り合い。
後半5分にラファエル・シルバ選手のゴールでようやく先制したが、4分後にセットプレーからあっという間に同点とされてしまう。
後半19分にラファエル・シルバ選手が見事なシュートで勝ち越すが、3分後で再び追いつかれる。

2度も追いつかれたレッズは28分に興梠選手が今季20点目となるゴールで3たび勝ち越し、今度は取られたら取り返されずにレッズが1点リードのまま、5分のATへ突入。
しかし、CKから3たび同点とされてしまい、試合は3−3のドロー。
両チーム勝ち点1ずつに留まりました。
画像

長谷川監督退任発表後、カップ戦を含めて未勝利が続いているガンバ大阪。
試合前のメンバー紹介で長谷川監督に対する大ブーイングがガンバサポから大きく聞こえたのには驚きました(汗)

いざ試合をしてみても、これがガンバなのかと思う程、レッズにボールがわたる機会が多く、中盤なんてスカスカの状態が多かった。
そんなガンバ相手に3点を取れたが、一方で3点取られてしまった。
ACL明けプラス悪天候の中での試合なのでレッズにとっては厳しい試合だったので、今日の試合に関しては厳しい事は言わないけど、後で振り返っても勝てた試合だったと思います。

今節終了時点で得点数はリーグ1位だが、失点数はリーグ17位。
これでは上位にいられるわけありませんね。
今日の結果で4位以上も厳しくなりました。

一方で収穫を挙げると、興梠選手が得点王争い単独トップをキープする20ゴールを決めた事。
昨日の試合で杉本選手に並ばれたので、今日は決めてほしかったけど見事に決めてくれました。

そして、ACL明けの中でよく走っていた事。
運動量という点ではガンバを上回っていた事は評価すべきポイントですね。
それにしても長澤選手が、ここまでやれる選手だとは。
ACLしかり、このようないい選手をベンチにも置かなかった前監督って・・・。
まるでイチロー選手を使わなかった土井正三氏みたいですね(爆)

次節はアウェー・エディオンスタジアムにてサンフレッチェ広島との対戦。
現在、降格圏内に低迷しているチームですが、お互いに前回対戦時とは監督も変わっているのでミラーゲームになるような事はないでしょう。

最後に強い雨風の中、埼スタまで駆けつけたサポの皆様、お疲れ様でした。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
何時もお世話になっております。

壮絶な点の取り合いでしたがやはり1度崩壊した守備陣を立て直す事は非常に容易じゃないという状況を改めて示された格好ですね。やはり来季の浦和は阿部などの世代交代を視野に入れないと今季の広島のような事になりかねないだけに優秀なボランチとサイドバックの確保が急務ですね。

話は変わりますがこの度14年に渡りお世話になりましたJ1を離れる事(99.9%決まりましたので)になりました。改めまして一旦ではございますがお別れの挨拶という事にさせて頂きます。

14年間何時も降格すると言われた年間総額30億に1度も到達した事のないチームが14年間で年間総額30億を超える大宮より多い4度の1桁順位、ナビスコベスト4に1度、参考記録ながら13年の後期1位を残せた功績は今後のJリーグに地方クラブの希望を与える事はできたとは思います。
できる事なら平成のうちにJ1復帰を目指しますが、セレッソ、磐田が2年要している事を踏まえると魔境J2を1年でJ1に復帰するのは相当な困難のミッションになると思います。15年ぶりのJ2は今の若い世代の多くは知らないステージですが浦和さんも17年前に経験したステージですのでその大変さはよくわかると思います。

来季以降J1を観ないとさすがにJ1レベルや選手の特徴を掴めなくなるので来季以降J1に復帰するまでは浦和を中心に試合を観ていこうと思いますし、浦和からサポーターの熱意を学んで新潟に還元していきたいと思います。

という事で来季はJ1では浦和をフォロー(記事にしていくかもしれません)致しますのでよろしくお願い致します。
PGM21
URL
2017/10/23 06:19
こんばんはです。
昨日は台風接近の中お疲れ様でした。クラフトビールフェアとかタコ焼き対決とかやっていたみたいですが、さすがに昨日はコンコースから出たくないですよねぇ。

さて試合ですが、それなりに点は入りましたが、お互い所々締まりが無い内容で失点もしまくりと、やはり順位相応なのかなと思いましたね。うちも重症ですが、ガンバも重症ですね。しかも長谷川氏もこれまで数々のタイトルを獲って来た大貢献監督なのにブーイングとか、何か悲惨ですねぇ。来季はお互いに再び優勝争いで顔を会わせたいものです。
うちはJリーグは興梠の得点王争いが残された希望ですね。
うえ
URL
2017/10/23 18:37
 >PGM21さん
お世話になっております。
新潟さんの降格も、まだ決まっていませんが数字を見ると、ほぼ確定と言わざるを得ない立ち位置ですね。
今のところは、それくらいしか言えません。
FREE TIME
2017/10/23 23:59
 >うえさん
こんばんは。
昨日は雨風が強い中お疲れ様でした。
昨年までだったら注目カードだったのに、選挙日だったとはいえマスコミの扱いも小さかったですね。
試合の方も両チームの順位にふさわしい内容に終わってしまいました。
まだ興梠の得点王争いが残っているので、リーグ戦も最後までサポートしていくつもりです。
FREE TIME
2017/10/24 00:02
3度もリードしながら追いつかれてドロー FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる