FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS ベイスターズが2年連続ファイナル進出

<<   作成日時 : 2017/10/18 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

セ・リーグのクライマックスシリーズ第3戦。
甲子園は雨天中止で1日順延となりましたが、無事に試合が行われました。

日曜日は本来なら中止になっている程の悪天候だったが、今後の日程もあって強行。
そして、前日は雨天中止。
1日経った朝でもグラウンドは泥沼状態でしたが、雨も上がって阪神園芸の力もあって、良好なグラウンド状態に。
改めて阪神園芸の力は大きいですね。

先発はタイガース・能見、ベイスターズ・ウィーランドの両投手。
試合はベイスターズが初回に無死一、三塁からロペス選手のタイムリーでいきなり先制。
その後も一死満塁から嶺井選手の2点タイムリーで3点目を奪い、タイガースの先発・能見投手は1回もたずわずか3分の1でKO。
主導権を握ったベイスターズは4回にもロペス選手の2ランなどで3点を追加してリードを6点に広げる。

ベイスターズの先発・ウィーランド投手は打線の大量援護にも助けられて7回を投げて1失点の好投。
その後は8回・パットン、9回・山崎両投手が抑えて勝負あり。

ベイスターズが6−1でタイガースに快勝し、昨年に続いて3位からファイナルステージ進出を決めました。
タイガースは初戦を取りながらも連敗を喫し、本拠地・甲子園で終戦を迎える事になりました。

泥試合から中1日空けての試合。
1日休養を挟んだ事でどうなるかと思いましたが、ベイスターズが2戦目を取った勢いそのままに一気に主導権を握りましたね。

タイガースとしては完全ホームの甲子園で敗れて第1ステージ敗退が決まりました。
レギュラーシーズンではベイスターズに大きく勝ち越していましたが、パ・リーグの第1ステージしかり、やはり短気決戦は別物ですね。
それと、短期決戦となると中継ぎ・抑えより先発投手の力量が勝敗を大きく左右します。

これでセ・リーグのファイナルステージのカードは昨年に続きカープvsベイスターズに決定。
カープとしては1勝のアドバンテージに加えて全試合完全ホームのマツダスタジアムで戦えるという点で有利である事には変わりありませんが、今季の直接対決ではベイスターズの方が勝ち越していて、しかもカープはレギュラーシーズン終了してから2週間実戦から離れています。
ベイスターズがつけ込めるスキがあるとすれば、この2点ですね。

ファイナルステージはセパともに18日からスタート。
個人的には日本シリーズは優勝チーム同士でやってほしい派なので、ホークスとカープが勝ち進んでほしいです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ベイスターズが2年連続ファイナル進出 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる