FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS イーグルスとベイスターズが勝ってタイに

<<   作成日時 : 2017/10/16 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

クライマックスシリーズ第1ステージは2戦目。
甲子園は雨の影響で1時間遅れの試合開始となりましたが、まさに田んぼの中で試合をしているようでした。

東北楽天4−1埼玉西武
初戦のエース対決は菊池投手の完封で制したライオンズ。
この流れで一気に福岡切符を掴めるか。
先発はライオンズ・十亀、イーグルス・岸の両投手。

試合は1回表にイーグルスが茂木選手の先頭打者初球ホームランで先制。
2回にもタイムリーとスクイズで2点を追加。
その後は十亀投手に抑えられていたが、7回に代わった野田投手から4点目となる貴重な追加点。

イーグルスの先発・岸投手は、古巣相手に7回途中まで投げて無失点の好投。
その後の継投でもライオンズの反撃を1点に抑えて逃げ切り。
イーグルスが岸投手の好投で4−1で勝利を納め、対戦成績を1勝1敗のタイとしました。

エース・則本投手がKOされて迎えた次の試合でしたが、岸投手が見事な投球でライオンズ打線をねじ伏せましたね。
昨年まで本拠地として投げていただけあって、所沢のマウンドは投げやすかったみたいですね。
それにしても岸投手のヒーローインタビュー中にブーイングしていたライオンズファンは見苦しかった。
試合前や試合中ならともかく負けた後で、あのようなモラルのない事をやるのはどうかと思います。

これでファイナルステージ進出をかけた切符は第3戦に持ち越されました。
第3戦の予告先発はライオンズ・野上、イーグルス・美馬の両投手。
今度はナイターなので寒さも増しての戦いになるかと思いますが、熱戦を見せてほしいです。

横浜DeNA13−6阪神
関西地方は朝から雨。
本来なら試合が出来る状況ではないのだが、通常より1時間遅れで試合開始。
先発はタイガース・秋山、ベイスターズ・今永の両投手。

試合は初戦とは打って変わって点の取り合い。
2回裏にタイガースが満塁から俊介選手のタイムリーで2点を先制すれば、ベイスターズが3回表にすぐに2点を返して同点に。
しかし、タイガースは3回に大山選手のホームランで再び勝ち越し。

試合が成立する5回にベイスターズはタイガースの中継ぎ陣から2点を返して逆転に成功。
試合が成立後も、悪天候の中で試合を続行し、タイガースが6回にスクイズで同点に追いつく。

同点に追いつかれたベイスターズは7回表に代わった桑原投手から無死一、三塁として4番・筒香選手が勝ち越しタイムリー。
更に代打・乙坂選手がレフトポール際に値千金の3ランが出るなど、この回に一挙6点を奪って2ケタ10得点。

9回にも3点を追加して21安打13得点の猛攻でタイガースの強力中継ぎ陣を攻略。
結局、試合は13−6でベイスターズが雨中の試合を制して、対戦成績を1勝1敗のタイとしました。

この試合はTV観戦していましたが、とても試合が出来る状態ではなかったですね。
本来なら中止にすべき試合でしたが、CS第1ステージで日曜日だからという事もあったのでしょう。
正直、違うスポーツでも見ているかのようでした(汗)

両チーム合わせて31安打19得点。
これも雨の中で投手陣が本来の投球が出来なかった事と、グラウンド不良で足場が悪かった事で打球の処理に四苦八苦していた事も考えられますね。

これでセ・リーグもパ・リーグ同様に決着が第3戦にもつれました。
予想される先発投手はタイガース・能見、ベイスターズ・ウィーランドの両投手。
月曜日の甲子園の天気予報も雨。
仮に中止になると火曜日に試合が順延となり、カープが待つファイナルステージは移動日なしで行われる事になりますが、果たしてどうなることやら・・・。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
イーグルスとベイスターズが勝ってタイに FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる