FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 福岡ソフトバンクホークスが2年ぶりリーグ優勝

<<   作成日時 : 2017/09/16 18:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

福岡ソフトバンクホークスが2年ぶり20回目のパ・リーグ制覇。
パ・リーグ史上最速での優勝で決めました。

マジック1としてメットライフドームへ乗り込んだホークス。
この敵地3連戦で優勝を決められるのか?
先発はライオンズ・野上、ホークス・東浜の両投手。

試合はライオンズにホームランで先制を許したが、4回に柳田選手の今季30号となる2ランホームランが出て逆転。
5回には3本のタイムリーヒットで一挙4点を取ってリードを広げ、7回にはデスパイネ選手にもホームラン。

ホークスの先発・東浜投手は6回を1失点に抑え、7回以降は勝ちパターンの継投リレー。
9回のマウンドにはシーズンのセーブ記録を更新中のサファテ投手を投入。
このサファテ投手が2点を失ったものの、最後の打者を内野ゴロに抑えて7−3でホークスの勝利で試合終了。

この瞬間に福岡ソフトバンクホークスの2年ぶり20回目のリーグ優勝が決定。
一昨年には9月17日優勝とパ・リーグの最速優勝記録を作りましたが、それを1日早く更新。
まさに盤石の強さを感じるシーズンとなりました。

昨年は最大11.5ゲーム差をファイターズにひっくり返されて3連覇を逃したホークス。
今季も前半はイーグルスに一時は独走態勢を作られたが、そのイーグルスが急降下すると同時に、一気にギアを上げて連勝街道を積み上げての優勝。
本当に強すぎるという言葉が当てはまる今のホークスです。

今季のホークスは内川、和田、武田など主力選手の故障者も多かった。
それでも故障者の穴を感じない選手層の厚さもホークスの強みだと思います。

一方で、同じくマジック1としていたカープ。
本拠地・マツダスタジアムで最下位・スワローズ相手にリードしながら終盤に崩れての逆転負け。
2位・タイガースの試合は雨天中止になった為に、58年ぶりのセパ同日優勝は残念ながらなりませんでした。
明日も西日本は台風の接近と秋雨前線の停滞による大雨の影響で試合ができるかどうか微妙。
もしかすると、明後日の甲子園で決まるかもしれませんね。

最後に福岡ソフトバンクホークス2年ぶりのリーグ優勝おめでとうございます。
おそらくCSも勝ち抜いてパ・リーグ代表として日本シリーズに出場するでしょう。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
福岡ソフトバンクホークスが2年ぶりリーグ優勝 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる