FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 新システムで挑むも裏目

<<   作成日時 : 2017/09/09 23:25   >>

トラックバック 0 / コメント 2

Jリーグ第25節。
浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムにて柏レイソルとの対戦。

現在リーグ戦3連勝中のレッズ。
相手は6月のアウェー戦で敗れた柏レイソル。
レイソルには埼スタでは2012年以降連勝中なので相性の良さでアウェーの借りを返したい相手。
画像

今日の埼スタでは相手は柏という事もあって鶏肉料理の使ったメニューを豊富に取り揃えていました。
九州では鶏肉の事を「かしわ」というそうです。
自分も何か食べようと思った結果、「魂のURAWA DOG(鶏天ドッグ)」を食べました。
パンに鶏天をはさんだものでしたが、肝心の鶏天が何だかパサパサしていて食べごたえがありませんでした・・・。
画像

さて、試合の方へ。
前半はレッズが攻勢に出て、何度か決定機を作りながらもフィニッシュまでに至らず前半はスコアレスで後半へ折り返し。

後半開始間もなくカウンターからレイソルに先制点を奪われてしまう。
1点を追いかける立場に立ったレッズだったが、前半と違って攻める時間帯も減り、41分には追加点を奪われてしまう。

後半AT突入前に得たPKを興梠選手が決めて1点差にするが、あと1点は届かず。
結局、柏レイソルが2−1で浦和レッズに勝利して、埼スタでは優勝を決めた2011年以来6年ぶりの勝利。
そして、レッズはレイソル戦で今季2戦2敗という結果に終わりました。
画像

試合前にスタメンのメンバーを見た時に、どんな布陣を敷くのかわからなかったのですが、以前に監督代行をやっていた時の4−1−4−1のフォーメーションだったのですね。
前半は相手も虚をつかれていたのか有利に攻撃を進めていたし、守備面でも外国人3人FWに仕事をさせないなど上手く行っていた感じでした。

しかし、後半に入って先制点を奪われてからは攻撃も守備も手詰まり状態。
やはり新システムは一朝一夕では行きませんでしたね。

悔やまれるのは前半のラファと興梠の決定機が枠外に外してしまった事。
相手の守備も詰めていたとはいえシュートコース自体は塞がれているわけではなかったので、どちらか1つは決めてほしかったです。
それと相手GK・中村選手の好セーブの連発も敵ながら素晴らしかった。
前回に続いてしてやられた感があります。

一方で観ていてイライラさせられたのがラファ、槙野の2選手。
ラファは前半の決定機を外して以降、攻守にダラダラしていたし、独りよがりのプレーが目立っていた。
結局、途中で代えられたが、出来る事なら、もっと早い時間帯に代えてほしかった。

槙野も攻撃で仕掛けてはボールを取られるし、上がったら上がりっぱなしで戻ってこない。
先制点にしたって、がら空きになった左サイドからクロスを上げられての失点だっただけに何だかなぁって気持ちになります。

レッズの次の試合は4日後。
ACL準々決勝で川崎フロンターレとのホームゲーム。
アウェーでは1−3で敗れているので、準決勝進出するのは2−0で勝つのが近道。
そのフロンターレは今日の試合で5試合無失点中だったマリノスから3得点で勝利。
こりゃ、無失点で抑えるのは厳しいかな・・・。
ちなみに、この日の参戦は厳しいので不参戦になってしまいそうです。

そして次のリーグ戦は17日の日曜日にアウェー・エコパスタジアムにてジュビロ磐田との対戦。
3連休の中日でもあるので、今回は静岡遠征に参戦する事にしました。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
昨日はお疲れ様でした。いきなりフォーメーションを変えてきましたね。前半はそれもあり柏の混乱に乗じてチャンス連発でしたが、結果的にそこで決めておけば、な試合になってしまいましたね。柏キーパーの中村も凄すぎました。
しかしまた槙野なんですよね。守備を疎かにして上がるだけ上がって自分勝手なミシャサッカーを続ける・・・このスタイルを捨てないと、もう堀のサッカーには合わないですね。そこんとこ、今一度堀と槙野は考えてもらいたいです。
うえ
URL
2017/09/10 09:47
 >うえさん
おはようございます。
昨日はお疲れ様でした。
出来れば前半のうちに1点でも取っておきかったですね。
中村も素晴らしかったとはいえ、相手の倍以上のシュート数を放ちながら負けてしまうのは何だか悔しいです。
槙野は、もういいでしょう。
森脇でさえ無闇に上がったりしなかったというのに一人だけバランスを崩しているようではチームにとってマイナスです。
マウリシオ復帰後はスタメンから外すのも荒療治だと思います。
FREE TIME
2017/09/10 10:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新システムで挑むも裏目 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる