FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS ルヴァン杯連覇ならず

<<   作成日時 : 2017/09/03 21:31   >>

トラックバック 0 / コメント 2

ルヴァンカップ準々決勝第2戦。
浦和レッズはホーム・埼玉スタジアムにてセレッソ大阪との対戦。

先週のアウェーゲームではスコアレスドロー。
レッズが準決勝に進出する為には勝利こそが全て。

スタメンに前回の試合で故障したマウリシオ選手が欠場し、代わりに18歳の橋岡選手がスタメン出場。
そして、FWには満を持して興梠選手がスタメン出場。
点を取らなければ勝てないので興梠、ラファのW起用は最善策。

試合は試合開始10分に、セレッソにCKから決められアウェーゴールを献上してしまう。
この時点で延長戦はなし。
そして前半終了間際にもFWから直接決められてセレッソに追加点を入れられてしまう。
前半はセレッソ2点リードで後半へ。

準決勝進出するには最低でも3点取るしかないレッズは後半開始と同時に起用された武藤が早速ゴールを決めて1点差。
26分にはCKから興梠選手が頭で決めて同点。
しかし、ここから勝ち越し点を奪えずに2−2で試合終了。

このカードは2試合ともドロー。
アウェーゴールで上回るセレッソ大阪が準決勝に進出しました。
昨年のルヴァン杯覇者・浦和レッズに連覇の夢は準々決勝(初戦)で消えました。

今日の試合は日曜ナイターという事もあって不参戦。
家からTwitterやネットで試合経過を確認していました。
前半で2点リードを許した時はダメかなと思い、後半に同点に追いついた時には逆にいけるぞと思ったけど、あと1点が遠く。
やはりサッカーで2点取られると勝てる確率は下がりますね。
出来れば前回の試合で1点でも取れていたら良かったのですが。

両チームの得点が入ったシーンをVTRで確認しました。
先制点を許したシーンは相手の注文に完全にハマってしまった形での失点。
2点目のFKは相手を褒めるしかない見事なFKでしたね。

一方でレッズの2点はいずれもヘディングによる得点でしたが、やはり武藤、興梠の2人はここぞという場面で決めてくれますね。
あとはラファが決められる時に決めてくれたら良かったのですが、アウェーゲーム同様にブレーキになってしまったのが残念です。

勝ち上がれなかったけど負けもしなかった。
そこは前回優勝チームの意地を見せてくれたと思います。

そして、ユース選手である橋岡選手がトップでも充分にやれたのが今後に向けて明るいニュース。
相次ぐDF陣の故障、槙野選手の代表招集で手薄になったDF陣ですが、おそらく橋岡君は来季はトップに昇格するだろうし、田村選手が2試合とも出場出来たのも大きいですね。

埼スタで決勝が行われるので、出来る事ならルヴァン杯は決勝に進みたかった。
今月はACL、天皇杯と残っていますが、もしかしたら10月にはリーグ戦しか残っていなかったりなんかして・・・。

次の試合は今週土曜日のリーグ戦。
6月のアウェーゲームで敗れた柏レイソルをホームで迎える試合。
レイソルも一時期の勢いは落ちてきているので、ホームでリベンジしてリーグ戦4連勝といきたいところです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちはです。
後半から堀采配ピタリで怒濤の攻めで2点差を追い付き、更にビッグチャンス連発で逆転も可能な勢いだっただけに、それだけに前半で早くも2点のアウェーゴールを奪われてしまったのが悔やまれますね。

敗退はしてしまいましたが、それを無駄にせず、ミシャ体制では使われなかった選手の戦力の底上げになっている事を期待しつつ、残されたJリーグと、そしてACLに切り替えます。先ずは難敵柏、ホームで負ける訳には行きません。
うえ
URL
2017/09/04 16:15
 >うえさん
こんばんは。
2点差を追いついたのは良かったけど、やはりホームで勝って準決勝進出したかったですね。
一方で、これまで出場機会に恵まれていなかった選手が出場してきたりと若手の台頭が望まれるところですね。
ルヴァン杯は終わってしまいましたが、この次の柏戦に全力を尽くしましょう。
FREE TIME
2017/09/04 22:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ルヴァン杯連覇ならず FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる