FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS アウェーで上海上港にドロー 貴重なアウェーゴールもゲット

<<   作成日時 : 2017/09/28 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

サッカーACL準決勝第1戦。
浦和レッズは、上海上港とのアウェーゲーム。

グループリーグでも対戦した上海上港。
その時の対戦成績は1勝1敗でアウェーゴールの差で1位通過したのが浦和レッズ。
三度目の殺人もとい三度目の対戦となる相手にアウェーでどう戦うのか。

スタメンには故障離脱していた柏木選手とラファエル・シルバ選手が復帰早々起用。
そして長澤選手がACL初スタメン。

試合は前半15分にフッキ選手の強烈なミドルシュートが炸裂して先制点を許してしまう。
しかし、レッズも27分に柏木選手の右足からのシュートが決まって、すぐさま同点へ。

その後は、上海上港に攻め込まれる場面が続き、決定的な場面もいくつかあったが、GK・西川選手のファインセーブなどもあってゴールを割らせず。
結局、試合は1−1のまま試合終了。
レッズはアウェーゴールを獲得して、次のホームゲームでは優位な状態で戦う事が出来ます。

この記事を書いている時点では、試合の映像は一部しか見ていませんが、よく最少失点でのドローで終われたと思っています。
前半の早い時間帯に先取点を奪われた時は「またか」という気持ちになりましたが、後で映像を見たけど、相手のシュートが見事でしたね。
あの距離から、あのような威力あるシュートをゴールの隅に決められてしまっては、どんなGKでも防げません。
それにしても、フッキは本当にサッカー選手なのかと思うようなゴツイ体をしていますね(汗)

フッキも凄いけど、復帰した柏木選手も凄かった。
利き足でない右足からの同点ゴール。
アシストした興梠選手の落としも見事でした。

済州戦、川崎戦とアウェーゲームで落としてからホームで勝つパターンで勝ち進んできましたが、今度の準決勝はアウェーでドロー。
しかもアウェーゴールつき。
ただし、無失点で抑えられるような相手ではないので、次のホームゲームでは勝たないと上には行けないと思います。

次のホームゲームは来月18日。
中3週間空きますが、
自分もその日は埼スタへ駆けつける予定。
10年ぶりの決勝進出をかけて平日の埼スタを真っ赤に染めましょう。


少林サッカー デラックス版 [DVD]
ジェネオン エンタテインメント
2002-11-22
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 少林サッカー デラックス版 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんはです。
敵地で1−1と、最低限の失点と後から追い付く形でアウェーゴールを奪ってのドロー、規格外の怪物を擁する強敵相手にかなり攻められたものの、全体的に良くやってくれだと思います。
ピンチを何度も救ってくれた西川のスーパーセーブあり、マウリシオの素晴らしい守備あり、長澤の眼を見張るプレーあり、そして柏木のゴールと、レッズ自体もかなり見せ場を作りましたね。

今回の高い意識を、第2戦まで持続させてほしいです。そしてどんな形でも、必ず勝ち上がってほしいです。
うえ
URL
2017/09/28 21:49
 >うえさん
こんばんは。
強敵相手に敵地でドローは最低限以上の結果だったと思います。
しかし、やはりフッキとオスカルは脅威ですね。
埼スタの試合ではホームの雰囲気を作って上海上港を倒しましょう。
FREE TIME
2017/09/28 22:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アウェーで上海上港にドロー 貴重なアウェーゴールもゲット FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる