FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「三度目の殺人」

<<   作成日時 : 2017/09/22 19:00   >>

トラックバック 19 / コメント 2

映画「三度目の殺人」を鑑賞しました。

この映画は、第66回カンヌ国際映画祭審査員賞受賞作「そして父になる」の福山雅治と是枝裕和監督が再び組んだ法廷サスペンス。
死刑が確実視されている殺人犯の弁護を引き受けた弁護士が、犯人と交流するうちに動機に疑念を抱くようになり、真実を知ろうとするさまを描く作品。

ストーリーは、勝つことを第一目標に掲げる弁護士の重盛(福山雅治)は、殺人の前科がある三隅(役所広司)の弁護を渋々引き受ける。
クビになった工場の社長を手にかけ、さらに死体に火を付けた容疑で起訴され犯行も自供しており、ほぼ死刑が確定しているような裁判だった。
しかし、三隅と顔を合わせるうちに重盛の考えは変化していく。

ベネチア国際映画祭のコンペティション部門に出品された是枝監督の新作。
残念ながら受賞はならなかったけど、ミステリー要素が強そうな作品という事で鑑賞してみる事にしました。

この作品の焦点は殺人事件の犯人は誰なのか弁護士と殺人犯の心理戦を軸にしたサスペンス。
しかし、話が進むにつれて、その殺人に至るまでの過程に次々と疑問点が生じてきます。

三隅はどのような手を使って社長を河原まで呼び寄せたのか。
三隅と社長の娘・咲江(広瀬すず)の接点は何か?
重盛が事実関係を調べるたびに上記以外にも疑問点が出てくるのですが、終わってみるとほとんどが謎のまま終わってしまいましたね。

そして、肝心の裁判でも、何だかモヤモヤ感が残ってしまいました。
三隅の供述は二転三転するのに、それらの供述に対しての答えはなし。
咲江が重盛に向けて言った「ここでは誰も真実は言わない」が後になって非常に奥の深いセリフとなりましたね。
きっと、実際の法廷でも、こんな感じなんでしょう。

冒頭の犯行シーンを見る限りでは三隅が手を下した事に間違いないが、真相は明示されない。
そして三隅の言葉に翻弄された重盛はあり得ない光景を頭の中で思い描くようになる。
不可解な出来事に直面した時に、人は目の前の事実を「こうあったほしい」と思う考えに当てはめて、それが真実に思い込むようになる。
そんな認識の危うさは、この映画を通じて考えさせられました。

この映画では主演の福山雅治よりも役所広司と斉藤由貴が目立ちましたね。
海外では役所広司の演技が称賛されたと言われているように、三隅の終盤の接見室と法廷での人が変わったような立ち振る舞いは鬼気迫るものがありました。

一方の斉藤由貴はというと現在の本人そのものを演じているみたいでしたね。
劇中内で「私が愛人なんて根も葉もない・・・」というセリフが出てきた時は思わず笑いそうになりました(^^;)

重盛と三隅が接見室で対峙するシーンには引き込まれましたね。
この2人の横顔が重なるカメラワークは見事でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(19件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
劇場鑑賞「三度目の殺人」
「三度目の殺人」を鑑賞してきました「そして父になる」の是枝裕和監督が、再び福山雅治を主演に迎えて贈る法廷ミステリー・サスペンス。真実よりも裁判での勝利が重要で、弁護はあ... ...続きを見る
日々“是”精進!
2017/09/23 05:59
三度目の殺人  監督/是枝 裕和
【出演】  福山 雅治  役所 広司  広瀬 すず ...続きを見る
西京極 紫の館
2017/09/23 08:58
何が彼らを変えたのか。『三度目の殺人』
死刑が確実視されている殺人犯と彼の弁護を引き受けた弁護士の物語です。 ...続きを見る
水曜日のシネマ日記
2017/09/23 09:10
「三度目の殺人」(2017 東宝=GAGA)
「幻の光」「ワンダフルライフ」「誰も知らない」「歩いても 歩いても」「空気人形」「奇跡」「海よりもまだ深く」&hellip;&hellip;是枝裕和作品の特徴は、過剰なまでの自然さにあった。ドキュメンタリー出身らしく、役者の演技がこれでもかというくらいナチュラルなのだ。だから子どもを撮らせたら天下一品。 そんな是枝が「そして父になる」につづいて福山雅治とタッグを組んだ。 彼は「そして〜」における... ...続きを見る
事務職員へのこの1冊
2017/09/23 09:53
『三度目の殺人』
□作品オフィシャルサイト 「三度目の殺人」□監督・脚本 是枝裕和□キャスト 福山雅治、役所広司、広瀬すず、満島真之介、市川実日子■鑑賞日 9月10日(日)■劇 場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> その「器}とは・・・?役所福... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2017/09/23 09:56
ショートレビュー「三度目の殺人・・・・・評価額1700円」
“真実”の正体とは。 ...続きを見る
ノラネコの呑んで観るシネマ
2017/09/23 11:08
『三度目の殺人』 2017年9月9日 TOHOシネマズ市川
『三度目の殺人』 を鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活 −適当なコメントですが...
2017/09/23 14:58
「三度目の殺人」これはヘビーだ…。
[三度目の殺人] ブログ村キーワード 近年、ホームドラマを撮り続けてきた是枝裕和 監督 の最新作は、一転して“法廷サスペンス”それもかなり重厚なお話に仕上がっています。「三度目の殺人」(GAGA)。名キャスト、名スタッフが織り成すとても濃密な1本です。 殺人の前科がある三隅(役所広司)が、自分を解雇した食品工場の社長を殺害。犯行を自供した三隅は、死刑が確実と思われたが、接見のたびに供述を変える三隅に担当弁護士・摂津(吉田鋼太郎)は音を上げ、同期の重盛(福山雅治)に泣きつく。勝利至上主義の重盛は... ...続きを見る
シネマ親父の“日々是妄言”
2017/09/23 15:18
三度目の殺人★★★★
第66回カンヌ国際映画祭審査員賞受賞作『そして父になる』の福山雅治と是枝裕和監督が再び組んだ法廷サスペンス。死刑が確実視されている殺人犯の弁護を引き受けた弁護士が、犯人と交流するうちに動機に疑念を抱くようになり、真実を知ろうとするさまを描く。弁護士や検事... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2017/09/23 21:20
三度目の殺人
殺人の前科のある男・三隅による殺人。弁護士・重盛にとってはありふれた事件のはずであったが、事件を調べていくうちに、事件の持つ闇に深まり、次第に重盛は自信を失っていく。 ...続きを見る
勝手に映画評
2017/09/23 21:55
三度目の殺人 (2017) 125分
 このシーン・・・二人の間にガラスあり?なし?(笑) ...続きを見る
極私的映画論+α
2017/09/23 22:42
「三度目の殺人」:挑戦的なモヤモヤ感
映画『三度目の殺人』は、かなりの曲者。東宝の、福山雅治/役所広司・広瀬すず主演の ...続きを見る
大江戸時夫の東京温度
2017/09/23 23:01
「三度目の殺人」☆眼で語り、涙腺で演じる
これは事件の真相を暴く推理ものでもなく、法廷劇でもない。 そのほとんどが接見室で繰り広げられる心理劇。 勝った負けたの先にある弁護士・重盛の「弁護士から人間へ」変化していく心の動きを見事に描き切った物語なのだ。 ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2017/09/23 23:07
『三度目の殺人』
他人の命を奪う。自分に嘘をつく。そして見て見ぬふりをする。どれも「人」を殺めること。 家族ドラマでお馴染みの是枝裕和監督がオリジナル脚本で挑んだ法廷サスペンス。しかしこれは法廷サスペンスとして最後まで走り切れず、無意識のうちに十八番の人間ドラマを重視し... ...続きを見る
こねたみっくす
2017/09/24 16:32
「三度目の殺人」
推測される真実はあるけれど、真相は闇の中。闇の中、というより、もがきながらその場所で生き続ける人の心の中。是枝裕和監督作品。扱っている題材は決してマイルドなものではないのに、少しマイルドな気がした。何故そう感じたのだろうか?一部ネタバレがあります。30年間殺人罪で刑期を務めた男が、娑婆で慎ましやかな暮らしを送る中、又しても殺人を犯した。解雇された勤務先の工場長を殺害し、死体に火を放ったのだ。多摩川の河川敷での出来事である。強盗殺人の罪で起訴された男、三隅(役所広司)は、弁護士に重盛(福山雅治)を... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2017/09/25 12:38
『三度目の殺人』('17初鑑賞103・劇場)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 9月9日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:10の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2017/09/26 21:03
三度目の殺人
 『三度目の殺人』を、TOHOシネマズ渋谷で見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2017/09/26 21:43
80『三度目の殺人』真実の真理
新境地だけども、是枝ワールド。 ...続きを見る
シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ
2017/09/26 22:22
三度目の殺人
タコ、ニモ、カナリア、ウサギ、ゾウと会話に動物は出てくるが、映像はない・・・ ...続きを見る
ネタバレ映画館
2017/09/29 13:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いわば既視感のあるテーマを、こんな使い古された手法で今更描かれても、モヤモヤしか残らない。
そんな映画でしたね。
是枝裕和監督も脚本を書きながら、そんなことは頭には浮かばなかったのでしょうかね。
残念無念ですわ。
にゃむばなな
URL
2017/09/24 16:32
 >にゃむばななさん
接見室のカメラワークは良かったかなと思いますが、肝心の裁判が端折り過ぎてモヤモヤが強く残ってしまいましたね。
もっとも法廷なんて、そんなものかもしれませんが。
FREE TIME
2017/09/24 21:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画「三度目の殺人」 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる