FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 初日からサヨナラあり延長戦ありの熱闘甲子園

<<   作成日時 : 2017/08/08 23:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

台風の影響で1日順延となりましたが、今日から1日遅れで第99回全国高校野球選手権大会が開幕。
深紅の大優勝旗をかけての暑い熱い戦いが始まります。

開会式では昨年の優勝校であり、今大会の栃木県代表でもある作新学院を筆頭に北からの順番で出場49校が入場行進。
選手宣誓は滝川西・堀田主将が力強い宣誓を披露しました。

開会式直後の第1試合は彦根東(滋賀)vs波佐見(長崎)が激突。
試合は両校からホームランが飛び出すなど点を取られては取り返すシーソーゲームとなり、波佐見が5−4と1点リードで最終回へ。

後がない彦根東は9回裏に一死一、三塁から内野ゴロの間に同点とし、尚も二死一、二塁のサヨナラのチャンスに岩本選手の一、二塁間を抜けるヒットで二塁走者が還って逆転サヨナラ。
この瞬間に、唯一対戦相手が決まっていなかった青森山田の対戦相手が彦根東に決まりました。

第2試合は済美(愛媛)vs東筑(福岡)。
試合は4−2と東筑が2点リードで迎えた5回裏の済美の攻撃中に大雨が振り出し一時中断。
1時間以上もの中断時間となったが阪神園芸のお尽力のおかげで試合再開。

この中断で試合の流れが済美に傾き、3ランなどで4点を奪い逆転に成功。
その後も打線が爆発し、2ケタ得点の猛攻で東筑を10-4で打ち勝ち2回戦進出を決めました。

第3試合は藤枝明誠(静岡)vs津田学園(三重)の初出場校同士の対戦。
試合は4−2と東筑が2点リードで迎えた5回裏の済美の攻撃中に大雨が振り出し一時中断。
1時間以上もの中断時間となったが阪神園芸のお尽力のおかげで試合再開。

この試合も点を取られては取り返すシーソーゲームに。
9回裏に津田学園がサヨナラのチャンスを作ったが、藤枝明誠のファインプレーがあって無得点となり、試合は初日から延長戦へ。

延長11回に津田学園が二死一、二塁の好機から宮木選手がセンターオーバーのサヨナラヒットが出て勝負あり。
津田学園が7−6で藤枝明誠にサヨナラ勝ちし、2回戦進出を決めました。

初日から逆転サヨナラあり、延長戦あり、ホームランありの熱闘甲子園。
暦の上では、昨日に立秋を迎えて秋になっていますが、気候は夏そのもの。
3試合とも打撃戦だったのが、ちょっと気がかりな部分がありますが、この暑さでは投手の体力にも影響しかねないので致し方ありませんね。

明日は夏連覇を目指す作新学院が、センバツベスト8の盛岡大付と激突する好カード。
作新以外でも松商学園、前橋育英、明徳義塾といった優勝経験校がズラリと登場します。
明日は台風一過で日本各地で猛暑日を記録する予報。
夏の甲子園は暑さとの戦いにもなりますが、明日も熱戦を期待したいです。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 週刊朝日増刊 甲子園 2017  2017年 8/15 号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
初日からサヨナラあり延長戦ありの熱闘甲子園 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる