FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 大会終盤で日本勢メダルラッシュ

<<   作成日時 : 2017/08/14 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ロンドンで行われている世界陸上も残りわずか。
大会終盤で日本勢の活躍が光りました。

男子400メートルリレー決勝で全体の6位で決勝レースに進出。
リオ五輪では銀メダルに輝いた日本が世界陸上で初のメダル獲得なるか。
決勝レースの走者は多田-飯塚-桐生-藤光の順番。

日本は得意のバトンリレーでソツなく繋ぎ、最終走者でハプニングも起きた事も手伝って3位でフィニッシュ。
世界選手権初の表彰台に立つことが出来ました。

優勝はイギリス、2位はアメリカ。
ボルト選手のラストランという事で注目を集めたジャマイカですが、そのボルト選手が前述に記載したハプニングでまさかの途中棄権。
現役最後のレースに華を添える事は叶いませんでした。

このレースは日本時間の早朝スタート。
日曜日の朝ではありますが、自分も早起きしてレースの様子をTV観戦していました。

レース中は日本の順位が把握できず、何位を走っているのかもわからなかったが、最終走者が直線に入った時点で3位でゴールした事を確認。
日本で3位になった事よりもボルト選手が走るのを止めてしまった事の方に目を奪われてしまいました。
それだけ、ボルト棄権は衝撃的だったという事でしょう。

100メートルでも3位に終わり、400メートルリレーでは足を痛めて棄権。
やはり満身創痍の状態で今大会を迎えていたという事でしょうね。
幾多の伝説を作ってきた選手だっただけに、最後は有終の美を飾ってほしかったです。

男子50キロ競歩では昨年のリオ五輪で銅メダルを獲得した荒井選手の他に小林選手、丸尾選手が出場。
結果は荒井選手2位、小林選手3位、丸尾選手5位。
荒井選手はリオ五輪に続く表彰台、小林選手は初の表彰台、丸尾選手が5位に入った事で、日本人3選手は全員入賞という最高の結果となりました。
優勝したのはフランスのヨアン・ディニズ選手で6回目の世界陸上にして初の頂点に立ちました。

競歩のレースは途中からTV観戦していたのですが、まさか日本人選手が2人もメダルを獲得するとは。
前日のリレーといい、最後の最後で日本人選手が躍動してくれました。
東京五輪の出場枠の数はわかりませんが、ハイレベルな競走になるかと思われます。
是非、東京五輪では競歩の金メダルを観てみたいです。


アイ・アム・ボルト [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
2017-07-21
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アイ・アム・ボルト [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大会終盤で日本勢メダルラッシュ FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる