FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS マリーンズ3連勝 スワローズ10連敗

<<   作成日時 : 2017/06/10 20:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

交流戦も4カード目。
今日はZOZOマリンスタジアムにて千葉ロッテマリーンズvs東京ヤクルトスワローズ戦を観戦してきました。

今季初マリン。
今年から球場名がZOZOマリンスタジアムに変更したので、球場名変更後は初めてになります。
画像

お昼頃に球場入り。
今日は最高気温が30℃を超えるとの予報でしたが、10m以上の強風が吹いていた事もあって、そんなに暑く感じる事なく試合を観戦しました。

先発はマリーンズ・二木、スワローズ・星の両投手。
試合は2回にマリーンズが田村選手の犠牲フライで先制すれば、スワローズも5回に西田選手の犠牲フライで同点に。

1−1のまま迎えた6回にマリーンズが一死二塁の勝ち越しのチャンスに田村選手が右中間を抜ける勝ち越しタイムリー三塁打。
続くサントス選手にもタイムリーが出て追加点。
7回にも1点を追加して3点差に。

マリーンズの先発・二木投手は8回途中まで投げて1失点の好投。
8回途中から継投に入り4−1でマリーンズが勝って3連勝。
逆に敗れたスワローズは10連敗。
交流戦11試合で未だ勝ち星なしのドン底状態。

10m以上の強風の中で行われた試合。
その強風の影響を感じる場面が多々ありましたね。
両先発投手は変化球の制球に苦しみ、長打性の当たりも風に押し戻されてレフトフライになる場面が2度。
まぁ、これもマリン独特ですね。
画像

今季はパ・リーグでダントツの最下位に低迷するマリーンズ。
交流戦でも3カード連続負け越ししていますが、各選手の打率を見ていると、チーム打率が12球団ワーストである事を実感してしまいます。
でも、今日の試合に関しては2ケタ安打を記録したし、サントス選手の加入などで打線も良くなってきているのではないでしょうか?

一方のスワローズは10連敗。
つい最近までジャイアンツが13連敗をしていましたが、それでも最下位まで転落しなかったのはスワローズがお付き合いしているから。

実際にメンバーを見ると、とてもベストメンバーとは言えないような布陣。
バレンティン、川端、畠山といった選手を欠き、山田選手も打率が2割前半とらしくなく。
最終打席で二塁打を打ったとはいえ、タイミングの取り方も良くなかったし、一体どうしてしまったのかと本人に聞いてみたいです。

最後に球場グルメを。
今回、昼食分としてスワローズ戦用に販売された「深川風・あさりめし」。

ご飯の上にあさりが乗っていて、そのあさりが味噌味。
あさりも噛み応えがあって、ご飯もあさりの風味が効いていました。
画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
マリーンズ3連勝 スワローズ10連敗 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる