FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 6月全敗で2ケタ順位転落間近

<<   作成日時 : 2017/06/25 23:11   >>

トラックバック 0 / コメント 2

Jリーグ第16節。
浦和レッズは、アウェー・ベストアメニティスタジアムにてサガン鳥栖との対戦。

現在、2連敗中で上位との勝ち点差を広げられているレッズ。
天皇杯ではサブ中心で勝ったとはいえ盤石とはいえない勝利。
GWのさいたまダービー敗戦後に得た勝ち点はわずか4と不調の中で、相性の良くないベアスタでどう戦うのか?

スタメンではラファエル・シルバ選手が久しぶりにスタメン復帰。
あとは故障の宇賀神選手に代わって駒井選手がスタメン起用。

試合は前半スコアレスで折り返した、後半20分にサガン鳥栖がCKから頭で決めて先制。
後半終了間際にも相手のパスミスからのカウンターでダメ押しの追加点。
レッズはその後のPKで1点を返すが焼け石に水。」

結局サガン鳥栖が2−1で浦和レッズに勝って両チームの勝ち点は23で並ぶ事に。
逆にレッズは3連敗で暫定9位に転落。
6月のリーグ戦は全敗で終える事になりました。

私はDAZNに入っていないので、試合の様子はTwitterかNHKのデータ放送を確認する程度。
豊田選手不在のサガンに対して有利かなと思っていましたが、そうでもなし。
早くも昨年の負け数に並ぶなど、チーム状態はどん底どころか底なし沼にはまってしまった感じです。

自分の知り合いに、昼・ヤフオクドーム、夜・ベアスタのハシゴ観戦をした人がいますが、どちらも埼玉のチームにとっては悲惨な結果に・・・。
まぁ、福岡は食べ物が美味しいので、そこで気分転換してくれたらと思います。

結局、失点したシーンはCKから簡単にマークを外されたものと、パスミスからのカウンターによるもの。
得点シーンは封じられてきた反面、失点シーンが確立されてしまっていますね。
結局、昨シーズン年間勝ち点1位の要因でもあった守備を放棄した結果がこの有り様。
敵陣で攻める時間を増やすハーフコートゲームを目指すなどと言っておきながら、相手に攻められている場面が目立っているし・・・。
こういうのを「理想」ではなく「妄想」と言うのではないでしょうか?

ミシャ監督になって6年目。
ACLでは結果を出しているが、国内では手詰まり状態になってきたように感じます。
サンフレッチェの今季の成績を見てもわかるように、ミシャサッカーに限界が来たと思いますね。
サンフレッチェはミシャを6年目で見限り、後任の森保監督に託しましたが、レッズのフロントはたぶん何もしないでしょう。

スタメン固定は、まだいいとしても、交代枠で使われる選手まで固定されているのが、相当やばく感じます。
かつてスタメン固定+交代選手固定で選手達から不満を感じて解任に追い込まれたオジェック元監督みたいに。

次節はホーム・埼玉スタジアムにてサンフレッチェ広島との対戦。
相手は降格圏内に低迷するチームだが、今のレッズも残留争いに参入してもおかしくないので、いわば似た者チーム同士の対決。
もし、サンフレに敗れるような事があれば、フロントも重い腰を上げる事になるでしょうね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんはです。

おっしゃる通りもう妄想サッカーには辟易です。挙げ句当然のようにまた同じような負け方ですが、例年と違い不味い順位に陥ってしまいましたね。希望通りの贅沢な補強を繰り返しながらこの時期に中位転落、海外ならば問答無用で監督解任されてますね。
まあフロントは内心どう思っているのかわかりませんが、次の広島戦の結果如何では動くべきかもしれませんし、夏の補強はやらないと不味いでしょうね。フロントも覚悟を決めてほしいです。
うえ
URL
2017/06/26 20:01
 >うえさん
こんばんは。
本当に妄想もいいところですね。
それはゼロックス杯の時から感じていた事ですが。
補強の件ですが、何か外国人FW獲得の話が出てきていますね。
それが本当だとしたらバカとしか言いようがありません。
FWの選手達は結果残しているというのに。
FREE TIME
2017/06/26 22:21
6月全敗で2ケタ順位転落間近 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる