FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 菅野、マイコラスで連敗

<<   作成日時 : 2017/06/24 23:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

プロ野球も交流戦が終わって、昨日からリーグ戦が再開。
今日は東京ドームにてジャイアンツvsドラゴンズ戦を観戦してきました。

昨日は菅野vsバルデスの投手戦の末にドラゴンズが1−0で勝利。
現在、4位・ドラゴンズと5位・ジャイアンツとのゲーム差は0.5。
ジャイアンツが勝てば順位が再び入れ替わり、ドラゴンズが勝てばゲーム差が1.5に広がる戦い。
先発はジャイアンツ・マイコラス、ドラゴンズ・小笠原の両投手。
画像

試合は、ドラゴンズが3回と5回に相手の拙い守備にも助けられて1点ずつ取って2点を先行。
7回には二死無走者からの4連打で2点を追加してマイコラス投手をKO。
代わった森福投手からも代打で起用された谷選手がプロ10年目として初のなるホームランが貴重な3ラン。
9回にも1点を追加して17安打で8得点の猛攻。

ドラゴンズの先発・小笠原投手は8回までジャイアンツ打線を2安打無失点に抑える好投。
プロ初完封をかけて9回のマウンドへ上がったが、マギー選手に2ランホームランを打たれて、ここで降板。
この2ランも試合の行方には関係なく、ドラゴンズが8−2で勝利して交流戦を含めて4連勝。
ジャイアンツは菅野、マイコラス両投手を立てながら痛い連敗となりました。

昨日は菅野投手が好投しながら1点が遠かったジャイアンツ。
今日も左腕の小笠原投手に対して全員右打者を並べながら得点は疲れの見える小笠原投手から9回に打った2ランのみ。
菅野、マイコラスで連敗とは大誤算もいい所でしょう。
これでも首位・カープとのゲーム差を気にしているのならどうしようもないですね。
上を見るより下を見ろって数字なのに。

ドラゴンズの先発・小笠原投手は昨年プロ初勝利を飾った東京ドームで、今日も快投。
一昨年の甲子園優勝投手の看板は伊達ではありませんね。
このまま順調にいけばドラゴンズのエースになると思うし、球界を代表する左腕へと成長するかもしれません。
画像

それにしてもジャイアンツ打線は交流戦明け2試合でわずか2得点で、ともに4安打。
スイングを観ていてもヒットで繋げそうな感じがしないし、せっかく連続四球でチャンスを広げても併殺打を打っているようでは、この先も先制されると勝てない試合が続くでしょう。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
菅野、マイコラスで連敗 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる