FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS ジャイアンツがベイスターズに連勝し4カードぶり勝ち越し

<<   作成日時 : 2017/05/03 22:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

5月3日は憲法記念日で祝日。
その祝日の夜に東京ドームにてジャイアンツvsベイスターズ戦を観戦してきました。

昨日に続いて東京ドームでの野球観戦。
昨日は仕事帰りでしたが、今日は休みなので夕方に自宅を出ての観戦になります。
1戦目は菅野投手の完封でジャイアンツが勝ちましたが、2戦目はどうなるか。
先発はジャイアンツ・大竹、ベイスターズ・水野の両投手。
ベイスターズの先発投手・水野投手はプロ初登板。
画像

試合は2回表にベイスターズがロペス選手のホームランで先制したが、ジャイアンツがその裏に小林選手の2点タイムリーであっさり逆転。
3回には立岡、橋本到の1、2番の連打で1点を追加。

ジャイアンツの先発・大竹投手は6回までホームランの1点のみに抑えていたが、7回に先頭から連打を打たれて降板。
2番手で登場した山口鉄也投手が送りバントを三塁で封殺して一死を取り、ベイスターズベンチが右の代打を出したところで、ジャイアンツベンチはマシソン投手を投入。
マシソン投手は7、8回とベイスターズ打線を抑えて役割を果たすとともに、ジャイアンツが終盤に貴重な1点を追加。

最後はカミネロ投手が三者凡退に抑えて試合終了。
ジャイアンツが4−1でベイスターズに勝って、昨日に続く連勝。
これで今カードの勝ち越しを決め、ジャイアンツとしては実に4カードぶりの勝ち越しとなりました。
画像

ベイスターズはプロ初先発のルーキーを起用しましたが、厳しいプロの洗礼を浴びましたかね。
それでも5回まで投げた事は、貴重な経験になったと思います。

一方、ジャイアンツの先発・大竹投手は7回途中まで投げて6安打9奪三振1失点に抑える好投。
中でも6回のホームランが出れば逆転のピンチに4番・筒香、5番・ロペス両選手を三振に仕留めた投球は圧巻でした。
7回に下位打線に連打を喫したところで降板。
今シーズンの大竹投手は、開幕からいい投球を続けているだけに、7回の壁を何とか乗り越えてほしいところです。

明日のこのカードはデーゲーム。
私は違うところに行くのでTV観戦も出来ませんが、連日のいい試合を満員のファンに魅せてもらいたいです。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ジャイアンツ 2017年 06 月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ジャイアンツがベイスターズに連勝し4カードぶり勝ち越し FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる