FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年セパ交流戦開幕

<<   作成日時 : 2017/05/30 22:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日からセ・パ交流戦が開幕。
最初のカードはパ・リーグの主催試合で計6試合行われました。

DeNA3-0北海道日本ハム
先発はファイターズ・加藤、ベイスターズ・濱口の両左腕。

試合は初回にベイスターズが二死満塁から白崎選手のタイムリー二塁打で、いきなり2点を先制。
6回にも1点を追加して3得点。
投げては、先発・濱口投手が好調のファイターズ打線を7回無失点の好投で今季3勝目。
これでベイスターズは3位に浮上しました。

東北楽天13−5巨人
先発はイーグルス・辛島、ジャイアンツ・菅野。

試合は初回にイーグルスがウィーラー選手の2ランで先制。
対するジャイアンツも2回表に5安打を集中し3点を取って逆転に成功するが、その裏にイーグルスが2点を返して再逆転するも、3回表にジャイアンツが再び同点に追いつくシーソーゲーム。

同点に追いつかれたイーグルスはその裏に相手の守備の乱れもあって2点を勝ち越し、5回には藤田選手に2ランが出て、セ・リーグの勝利数、防御率トップの菅野投手をKO。
6回にも満塁ホームランが飛び出すなど計13得点でジャイアンツを圧倒。
パ・リーグ首位の強さを見せつけた試合となりました。

阪神15−7千葉ロッテ
先発はマリーンズ・石川、タイガーズ・秋山。

試合は初回にタイガーズが糸井選手の2ランで先制したが、マリーンズは同点に追いついた後、大嶺翔太選手の2ランが出て逆転するが、タイガースは3回に高山選手のホームラン、4回にはスクイズで同点に追いつく。

そして5回にタイガースは一挙6点を取って勝ち越し、マリーンズの先発・石川投手をKO。
その後も攻撃の手を緩めず15安打15得点の猛攻で、マリーンズに15-7で勝利しました。

広島3−0埼玉西武
先発はライオンズ・野上、カープ・薮田の両投手。

カープは4回に一死二塁から丸選手のタイムリーで先制。
その後は1−0の膠着状態のまま終盤に入り、8回に菊池選手のタイムリーで追加点を挙げると、9回にも3点を追加してダメ押し。
今季初先発となったカープ・薮田投手は6回を無失点に抑える好投。
ジョンソン、野村不在で苦しい台所事情を救う1勝となりました。

オリックス9−1東京ヤクルト
先発はバファローズ・金子、スワローズ・ブキャナン。

試合は初回に両チーム1点ずつ取り合ったが、2回以降は両投手の好投で1−1のまま中盤へ。
バファローズは6回に武田選手のタイムリーで勝ち越し。
7回には一挙7点を追加して計9得点。
バファローズの先発・金子投手は7回1失点の好投でハーラートップタイに並ぶ6勝目をマークし、バファローズとしても1ヵ月ぶりとなる連勝となりました。

福岡ソフトバンク10−2中日
先発はホークス・東浜、ドラゴンズ・吉見。

試合はホークスが初回に柳田選手の先制タイムリーや上林選手の2ランなどで、いきなり6点を先制。
その後も5回と7回に2点ずつ取って2ケタ得点を記録。
投げては東浜投手は9回を2失点に抑える完投勝利でハーラートップタイに並ぶ6勝目をマークしました。

まず交流戦初戦は3勝3敗の五分。
セパの上位チームが揃って勝つなど、やはり交流戦の結果は同一リーグの結果にも反映されます。
一昨年から18試合に減りましたが、それでも普段は見られない対決を見る事が出来るのも交流戦の魅力だと思います。
自分も何試合か交流戦を球場で観戦する予定です。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
2017年セパ交流戦開幕 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる