FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 興梠ハットトリックなのにドロー

<<   作成日時 : 2017/05/20 22:32   >>

トラックバック 0 / コメント 4

Jリーグ第12節。
首位・浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムにて清水エスパルスとの対戦。

前節は6得点のゴールラッシュで首位に返り咲いたレッズ。
今日の対戦相手は、2年ぶりの対戦となる清水エスパルス。
5試合勝利がないチームだが、強力なFWがいるので要注意なチーム。
画像

ここ最近、涼しい日が続いていましたが、今日は打って変わって30℃近い真夏日。
これから、どんどん暑くなるわけですが、来月からはナイターが増えるので観戦する分には楽になりますね。

今日は埼スタで「丼フェス」を開催。
地元浦和の有名店による丼から、埼玉県産の食材が味わえる丼が味わえる企画です。
正午過ぎにスタジアムに着いたので、ランチに購入したのが「ビーフシチュー丼」(400円)
肉は厚いが柔らかく、シチューも濃厚でしたよ。
画像

さて、試合の方へ。
立ち上がりから優位に試合を進めるレッズは、前半24分に興梠選手のオーバーヘッドが鮮やかに決まって先制点をゲット。
前半はレッズ1点リードで後半へ。

先制ゴールを決めた興梠選手は後半12分にもヘディングシュートを決めて2点目。
しかし、ここからエスパルスの猛攻を受けて後半19分に1点を返されると、7分間で立て続けに2点を取られて逆転されてしまう。

しかし、3分後に興梠選手が今季2度目のハットトリックとなるゴールを決めて同点に追いつくがそこまで。
結局、試合は3−3でドロー。
レッズとしてはホームで勝ち点3を取りこぼし、エスパルスも逆転したのに追いつかれると、いわゆる痛み分けに終わりました。
画像

同時刻に行われた柏レイソルが勝利し6連勝。
レッズと同勝ち点で並んでいたガンバが勝利。
これによって首位・ガンバ、2位・柏、3位・レッズという順位変動になりました。

エースがハットトリックを決めたのに守備が破綻しての3失点。
最後だって危なかったし、最終的には勝てなかったというよりも負けなかったといった方がいい試合内容になってしまいました。

昨シーズンはリーグ最少失点で最多勝ち点を獲得したにも関わらず、守備意識の低い監督が勝ち点74を獲得した戦術を捨ててしまった結果、今季はカウンターを食らっては失点するの繰り返し。
最初の失点は相手を褒めるしかないが、その後の2失点は本当に目を覆いたくなる内容でした。

同点に追いつかれたシーンは相手がゴール前に数人いるのにレッズがGKのみ。
DF陣はどこで何をやっていたの?
逆転ゴールも見事なミドルシュートといってしまえばそれまでだが、DFのマークが緩かったせいで簡単にシュートを撃たれてしまった。

どうも先月のFC東京戦以降、後半に攻め込まれるシーンが増えてるのが気がかり。
前節だって大量リードしていたとはいえ、後半は相手に攻められている時間の方が多かったし。
そもそも、監督は広島時代を含め、何年日本で監督をやっているんだと聞いてみたい。

今季やっている戦術は日本の夏に不向きなのは明らか。
来月以降も、ディフェンスラインをやたら高くするやり方を続けるようだと、更なるカウンターからの失点を繰り返す事になるでしょう。

愚痴が多くなってしまったが3失点しながらも負けなかったのは興梠選手のおかげ。
1点目のオーバーヘッドは真後ろから観ていても芸術的なゴール。
ハットトリックとなった3点目も相手のディフェンス陣を翻弄する、興梠ならではの巧さが呼んだゴール。
これで今シーズン11得点と得点王ランキング独走態勢へ入りましたね。
試合後のブーイングのトーンが低かったのは挨拶の輪の中に興梠がいたからだという事を、他の選手は理解してほしいと思います。

次節はアウェー・川崎戦の予定だったが、ともにACL決勝トーナメント進出したので、7月に日程変更。
そのACL決勝トーナメントで韓国の済州とホーム&アウェーが控えています。
最初は済州ホームからの試合となりますが、試合開始は現地時間の15時。
トーナメントにおいては失点が命取りになる事が多いので、今日みたいな試合をやっているようだと、また今年も1回戦敗退する事になると思います。
まずはアウェーゴールを取って、31日のホームゲームを迎えたいですね。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by エル・ゴラッソ総集編2016 浦和レッズ365 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
昨日は暑い中お疲れ様でした。ビーフシチュー丼美味そうですね。
試合は、おっしゃる通り「負けなくて良かった」な内容でしたね。それとともに、負けに等しい内容でもあったと思います。
昨日の暑さのように、これから本格的な夏に向けてますます暑くなる訳ですから、おっしゃる通り今までと同じ運動量で同じようなサッカーを続けていたら、それこそ選手が壊れてしまう危険がありますね。ミシャがそこを考えているのかが気になるところです。ただもう日本に長くいるのもミシャですから、毎年同じ事を繰り返している以上、夏場もこのまま行くのかなぁ、とも思いますねぇ(汗)
うえ
URL
2017/05/21 10:39
 >うえさん
おはようございます。
昨日はお疲れ様でした。
ビーフシチュー丼美味かったです。
昨日の試合は両チームにとって痛み分けでしたね。
エースがハットトリックを決めたのに勝てないって、何点取ったら勝てるというのやら。
ディフェンスがやたらとラインを高くしては、ボールを奪われるとロングボールに背走しての繰り返し。
12試合で15失点はさすがに話にならないレベルです。
もう、ミシャとは今季限りでいいでしょう。
守備意識を高められる人に次の監督を任せたいです。
FREE TIME
2017/05/21 11:01
何時もお世話になっております。

先週完膚なきまでにボコボコにしてくれたおかげで雨降って地固まるという状況にして頂けた事は現実という劇薬を投薬して頂けた事は別の意味で感謝しております。
浦和のようにできる選手が揃っているチームはどうしてこうなる?という事になりますよね・・・
12試合で15失点が話にならないというのはうちは論外12試合25失点(うち大谷9試合20失点)ですから・・・になりますね・・・力不足ですから当然と言えば当然ですが・・・
守備意識を高められる人に次の監督を任せたいとなるとミシャの戦術を知っている人で継承できる監督になりますよね。となると候補は1人しかいませんね。下手すると今季限りなのか途中解任になるのかわかりませんが今のうちにオファーしておいた方がよいのではないかと・・・ただミシャの戦術が特殊過ぎて賞味期限5年をどう考えるか・・・ですね。
戦術が変わると能力が揃うチームはともかくないチームはうちのようになりますからね・・・
西野10年政権の後のガンバのケースも考えないとですね。
監督の交代ほど難しいものはないと今突きつけられているので今の立ち位置を踏まえてもミシャの後継者はよく考えないといけない時期になっているのは確かだと思います。
ACLのベスト8入り期待しております。3チーム全てベスト8入りすればベスト4まで1チームは確実に行けるだけに全力を尽くして戦ってほしいと思います。
PGM21
URL
2017/05/21 11:27
PGM21さん
お世話になっております。
新潟さんは呂比須監督の初陣を勝利で飾りましたね。
次の試合も結果が出たらいいですね。
話しにならないと書いたのは、優勝を争うチームが、まだ試合数の半分も消化していない時点で失点数が試合数を大きく上回っている事が理由です。
上位を行くガンバや柏は試合数より少ない失点数なわけですから。
それに誰も森保監督のようにミシャの戦術を引き継げる人物とは言っていません。
むしろ、攻撃力は落ちても守備力を高めた方が、能力的にも人格的にも問題の多い選手を外す事が出来ますからね。
昨日の試合でかなり消耗してしまったのでACLも難しい戦いになってしまうと思います。
まずはアウェーから始まるので、最低でも1点でも取ってホームへ繋げたらと思っています。
FREE TIME
2017/05/21 16:22
興梠ハットトリックなのにドロー FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる