FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS KLM+Rのゴールラッシュ

<<   作成日時 : 2017/03/10 22:53   >>

トラックバック 0 / コメント 2

Jリーグ第3節。
浦和レッズはホーム・埼玉スタジアムにてヴァンフォーレ甲府との対戦。

J1開幕戦は落としたが、前節のホーム開幕戦では完勝したレッズ。
来週行われるACLのアウェーゲームに備える為に金曜ナイターで迎えるヴァンフォーレ甲府戦。
しかし、ホーム・甲府戦って平日の試合が多くないか?

前節と同じスタメンで臨んだ試合は。立ち上がりからレッズペースで展開されるが、相手の引いて守る守備を崩せずに、逆に相手のカウンターで肝を冷やす場面も・・・。
前半は0−0で後半に折り返し。

後半に入ってレッズが後半12分に興梠選手が先制ゴール。
そして武藤選手がすさかず追加点となるゴールを決めて2点目。

その後、相手のカウンターで1点を返されるが、途中交代の李忠成選手が再び点差を引き離すゴールを決め、トドメはラファエル・シルバ選手が開幕から3試合連続となるゴール。
結局、試合は浦和レッズが4−1でヴァンフォーレ甲府に勝って、ホームの連戦で連勝しました。

金曜ナイターで行われた試合。
今夜は埼スタへは行かずに、家でWBCとザッピングしてのTV観戦。
方や消化試合だったので、やはりレッズ戦の方に集中して見ていました♪

これまでも甲府戦は、なかなかゴールが奪えない展開が多かったので、前半無得点でもそんなに悲観してはいませんでした。
そして後半は、その期待に応えるかのようなゴールラッシュ。
得点を決めたのが興梠、武藤、忠成、ラファと全て前線の選手。
そのうち3得点に絡んだのが、ヒーローインタビューを受けた関根選手と攻撃の形に関しては、今日の試合も良かったです。

しかし、失点シーンには愕然としました。
何でゴール前にGK以外誰もいなかったのか。
あれだけフリーで撃たれては、いくら西川選手とて止めるのは容易ではありません。
これで槙野選手が掲げるシーズン18失点のノルマ達成まで残り31試合で13失点以下という事になります。(ちなみに、ここまで3試合で5失点)

レッズの次の試合は来週水曜日に、上海上港とのアウェーゲーム。
そして、リーグ戦の次の試合はアウェー・市立吹田サッカースタジアムにてガンバ大阪との対戦。
ともにACL明けでの対戦となりますが、やはりガンバには負けたくありません。

次節、吹田へ行ってまいります。
3連休でもあるので、大阪グルメも満喫したいと思っています。(ホテルは予約済み)

余談ではあるが、今日はガンバ戦と同じ日(19日)に開幕するセンバツ高校野球の組み合わせ抽選会が行われ、初日の第2試合に履正社vs日大三高が対戦するという好カードが。
この試合を観てから吹田に行こうと考えているが、果たして試合が終わってから吹田へ行って間に合うのでしょうか?


浦和レッズイヤーBlu-ray 2016
ビデオメーカー
2017-03-31
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 浦和レッズイヤーBlu-ray 2016 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんはです。
監督が代わっても超守備的な甲府だけに接戦が予想されましたが、後半に入ったらレッズの超攻撃的サッカーが爆発しましたね。攻撃力を大幅に上げた分の成果は出ているようです。
ただその分、ますます守備が薄くなっているので、今回のようなやられ方は毎試合覚悟しておく必要がありそうです。

問題はこのサッカーが強いチーム相手に通用するかどうかですね。鹿島とマリノスには、あの時点では通用しませんでした。さあガンバには通用するかどうか、楽しみ半分、不安半分です。
うえ
URL
2017/03/11 18:25
 >うえさん
こんばんは。
昨日はお疲れ様でした。
ドン引きの相手にも、そのうち点は取れると思っていましたが、まさか4点も取るとは。
攻撃力に関しては、昨年よりアップしている事は間違いないですね。
反面、守備が今回も不安定だったので、次節のガンバ相手にどんな展開になるのかが勝敗の分かれ目になると思います。
FREE TIME
2017/03/11 20:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
KLM+Rのゴールラッシュ FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる