FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 侍ジャパン アメリカに敗れ準決勝敗退

<<   作成日時 : 2017/03/22 21:35   >>

トラックバック 5 / コメント 2

第4回WBC準決勝。
日本はアメリカに1-2で敗れ、前回大会に続き準決勝で姿を消す事になりました。

舞台をロサンゼルスに移して行われた準決勝。
1次ラウンド、2次ラウンドと6戦全勝で勝ち抜いた侍ジャパンだが、全試合東京ドームで行われた試合。
決勝ラウンドからはアメリカに移動しての戦いで、しかも相手は地元・アメリカ。
今度は完全アウェーの中での戦いをいかにして戦いかがカギ。
先発は菅野投手。

菅野投手は現役メジャー選手を多く抱えるアメリカ打線相手に3回まで無失点と堂々たる投球。
しかし、4回にエラーをきっかけにピンチを招き、アメリカに1点先制されてしまう。
菅野投手は6回を投げて3安打6奪三振1失点の好投でQSの役割を果たす。

その菅野投手の好投に応えられなかった打線も6回裏に菊池選手が同点ホームランを打って、試合を振り出しに戻す。
侍ジャパンの二番手・千賀投手は7回を三者連続三振の好投で、8回の先頭打者も三振で抑えるが、そこから連続長短打を打たれて一死二、三塁のピンチ。
このピンチにA・ジョーンズ選手を三塁ゴロに打ち取ったが、この打球の処理を焦った松田選手がファンブルしてしまい、三塁走者が勝ち越しのホームイン。

再び1点を追いかける立場に立った侍ジャパンは、その裏に二死一、二塁と逆転の走者を出したところで迎える打者は4番・筒香選手。
打った瞬間は長打かと思われた打球は思ったより伸びずにライトフライ。

9回の攻撃も三者凡退に終わり試合終了。
2大会ぶりの決勝進出を目指した侍ジャパンでしたが、アメリカの前に1-2で敗戦。
決勝カードはプエルトリコvsアメリカに決まりました。

青木選手以外は全員NPBに所属するメンバーで構成された侍ジャパン。
「侍ジャパン」を常設化する事で、首脳陣やメンバーも決めておいて、今回のWBCに臨みました。
まとまりに欠けた前回大会と比べると、チームとして機能していたし、監督経験のなかった小久保監督も重圧の中でよくやっていたと思います。

アメリカとの準決勝は惜敗でしたが、アメリカの方が投打とも上手だったという事。
2つの守備のミスが失点に絡んでしまいましたが、メジャーリーガーを揃えたアメリカ相手にロースコアの接戦に持ち込めたのは見事でした。

ロサンゼルスは雨が降っていて、試合中も雨が降る中でのプレー。
強化試合を含めてドーム球場でやっていた事で、こういう悪天候の試合で悪い方に出てしまった事もありますかね。

侍ジャパンの選手、首脳陣の皆様。
この1ヶ月間お疲れ様でした。
そして、素晴らしいプレーの数々を見せてくれてありがとうございます。
間もなくNPBも開幕しますが、所属チームに戻っても、WBC同様にファンを魅了させるプレーを期待しています。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
WBC。日本は2大会連続3位。。。
 第四回WBCは、3/22,23日(JST)に、ドジャースタジアムで準決勝が行われた。  22日には、前回準優勝のプエルトリコが、延長11回タイブレークで、4−3でオラ ... ...続きを見る
KAMMY'S HOMEPAGE 写真館...
2017/03/22 22:23
勝てなかった
侍・松田、決勝点献上のファンブル悔やむ「試合を大きく決めるところだった」 試合を見ることはできなかったのですが負けてしまったのですね。残念。でも結構競り合ったゲ─ムができたようで惜しかったですね。ゲ─ムプランとしては理想的展開であったような気がしました。... ...続きを見る
落ちこぼれのつぶやき
2017/03/22 22:26
WBC2017侍ジャパン本気のアメリカの前に菅野投手が奮闘するもミスの差で敗れ決勝進出の壁は次回以降...
22日WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)決勝ラウンド準決勝日本対アメリカ戦がドジャー・スタジアムで行われ、1対2で日本はアメリカとの投手戦で競り負け2大会ぶ ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2017/03/23 00:27
【WBC】侍JAPAN、世界一奪還ならず
(ドジャー・スタジアム) アメリカ000 100 010=2 日  本000 001 000=1 ...続きを見る
FUKUHIROのブログ・其の参
2017/03/23 19:49
【WBC】日本、初黒星で世界一奪還の夢消える 米国が初の決勝進出
◆WBC ▽準決勝 日本1―2米国(21日、ロサンゼルス)  日本が、準決勝で米国に敗れ2大会連続の4強に終わった。6勝負けなしで乗り込んだが初黒星で世界一奪還の夢は消えた。米国は初の決勝進出。  米国は4回にマカチェンの左前適時打で先制。日本は6回1死から菊池の右越... ...続きを見る
ぼけ〜〜〜っと人生充電記!
2017/03/23 21:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
何時もお世話になっております。

決勝ラウンドが本当の勝負という最低限のノルマは達していた事もありますが、やはり今回のアメリカは8年前とは全然やる気が違いましたし、何よりこれだけの投手陣を繰り広げられたらメジャーの強打者でも打つのは困難だと思います。
結果的にミスで負けたもののなかったとしても果たして勝利できたか?と問われると難しかったと思います。
11年を経て本気のアメリカと対戦し投手力だけならほぼ互角で戦えるようになったのだけは間違いなくなりました。これもメジャーでダル、田中、前田、岩隈、上原らの活躍が十分証明しているので菅野の投球もまぐれと思うメジャー関係者は誰もいないでしょう。
始まった当初は過去最低と言われ、大谷選手も不在で見どころなしなんて言われましたが、個人的には大谷選手がいなかった事で山田選手と菊池選手の共存が可能になり、投手陣も役割が多少変わっても迷うような選手はいなかった。
侍ジャパンが常設化された事で代表でプレーする意味がそれぞれの選手が持つようになった事も大きいですね。
今回アメリカが優勝すればWBCのレベルはますます上がるので本当の真剣勝負ができるようになっていくと思います。ただ投球制限や開催時期は考える必要はあると思いますけれどね。次は2年後のプレミア12から東京五輪、WBCまでほぼ間がないので次の代表監督はこれまで以上に難しい仕事になるでしょうね。
PGM21
URL
2017/03/23 00:39
 >PGM21さん
お世話になっております。
大会前は1次ラウンド敗退もあるのではないかと思っていただけに、準決勝まで進出出来たので、自分の中では充分に満足できる結果です。
大会はアメリカが優勝しましたね。
これで4年後も行われる事になるでしょう。
今後はプレミア12や東京五輪などが予定されていますが、新監督は、やはり経験のある人になってほしいと思います。
FREE TIME
2017/03/23 21:25
侍ジャパン アメリカに敗れ準決勝敗退 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる