FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 大阪グルメ日記2017

<<   作成日時 : 2017/03/21 00:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今月19、20日と大阪に行ってきました。(別記事参照)
そこで、今回は大阪で味わったグルメネタをレビューします。。

道頓堀 今井・きつねうどん
画像

新大阪駅に到着した際に、新幹線改札内にある「のれんめぐり」という大阪の有名店が集結したフードコートの中から朝食として、老舗のうどん屋として有名な「道頓堀 今井」できつねうどん(730円)を注文。
ここのうどんは以前にも道頓堀の本店で食べた事があります。

関西特有の透明な出汁に、大きな油揚げが2枚乗った、青ねぎも多め。
関東の味に慣れてしまっている舌ですが、薄味ながらも上品な味わいで、その汁を吸った油揚げも甘味が加わって最高の味。

これぞ大阪のうどんって言った味でしょうか。
新幹線の駅構内にあるので、出張しているサラリーマンにとっては立ち食いうどんみたくなるかもしれませんが、そんな贅沢な立ち食いうどんを食べてみたいです。(あまり仕事で大阪に行く機会は稀ですが)

元祖ねぎ焼き やまもと・すじねぎ焼き
画像

こちらも同じく新大阪駅新幹線改札内にある「のれんめぐり」の中からねぎ焼き専門店として帰りの新幹線を待っている間、遅めの昼食を摂る事に。
本店は十三(じゅうそう)という阪急線沿線にあるとの事。

今回、注文したのは看板メニューでもあるとされる「すじねぎ焼き」(900円)
注文してから、そんなに待たずに出てきました。

味の方はというと、見た目はもんじゃ焼きですが、こんがり焼かれた生地に柔らかめの牛すじが含まれています。
ねぎ焼きだけあって、ねぎもどっさり入っています。
でも、生地自体も薄かったので、すぐに食べ終わって、何だか物足りなさを感じたのも事実。
それでも、独特の味を堪能する事ができました。

551蓬莱・豚まん
画像

今回の大阪土産で購入。
帰りの新幹線を待っている間に買ったのですが、TVでも紹介されているだけあって長蛇の列。
10分以上は間違いなく並んだかな・・・。

名物の豚まんをチルドで購入して、帰宅してから電子レンジでチンして食べました。
横浜や神戸でも豚まんを食べた事がありますが、こちらの豚まんは生地がもちもちしているのが特徴。
それでもって中身の具も結構詰まっていて、肉汁も染み込んできます。

今回は、チルドのものを食べたのですが、次回、食べる機会があったら出来立てアツアツの豚まんを食べてみたいと思います。

ちなみに今回挙げた上記3点は全て新大阪駅内で食べたり買ったりしたもの。
つまり、新大阪駅にいるだけで、大阪グルメを堪能できるのです。
以前は土産売り場しかなかった新大阪駅ですが、随分と変わったなと思いました。


るるぶ大阪ベスト'18 (国内シリーズ)
ジェイティビィパブリッシング
2017-01-30
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by るるぶ大阪ベスト'18 (国内シリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
大阪グルメ日記2017 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる