FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS いざ甲子園

<<   作成日時 : 2017/03/20 22:44   >>

トラックバック 0 / コメント 0

3月19、20日と甲子園球場にて第89回選抜高校野球大会を観戦してきました。
今回は甲子園観戦記をアップします。

甲子園球場を訪れたのは2004年夏以来。
このブログを始めたのは2005年なので、ブログ開設以降は初めてになります。
13年前は蔦の葉で覆われたいた甲子園もいまでは蔦の葉も消えてモダンな建築物に様変わり。
既に写真で見ていて知っているとはいえ、実際に間近でみてノスタルジックを感じなくなってしまったのは、ちょっぴり寂しかったです。
画像

昨日、今日と観戦した試合は以下4試合
19日
・至学館(愛知)vs市立呉(広島)
・日大三(東京)vs履正社(大阪) ※試合途中で退場

20日
・高岡商(富山)vs盛岡大付(岩手) ※試合途中から入場
・報徳学園(兵庫)vs多治見(岐阜)

画像

開会式が始まっていた時間帯は新幹線の中。
10時30分開始のオープニングゲームにはギリギリ間に合う事が出来ました。

開幕戦は至学館2点リードで9回を迎えたが、そこから市立呉が下位打線の連続タイムリーで同点に追いつき、開幕試合から、いきなり延長戦に突入。
延長12回に市立呉が相手のエラー連発から2点を勝ち越し。
その裏に至学館が1点を返して、尚も同点の走者を二塁に置いたが、二塁走者がゴロを捕りに行こうとした三塁手と接触し守備妨害で試合終了。
延長12回の熱戦となった試合は、最後は何とも呆気ない幕切れになってしまいました。
画像

第2試合では昨秋の明治神宮大会を制した履正社が登場。
相手は昨秋の都大会で早実・清宮選手から5打席連続三振を奪った櫻井投手擁する日大三。

17時からサッカー観戦の為に試合途中で退場しましたが、試合は5−5の同点のまま9回に履正社打線が爆発し大量7点のビッグイニング。
日大三の櫻井投手は履正社打線から13奪三振の好投を見せたが、最後は力尽きました。
それでも、キレのあるスライダーは、外野席からもわかる程でした。

さて、一夜明けて2日目へ。
第1試合の高岡商vs盛岡大付は初回から点の取り合い。
点を取っては取り返すシーソーゲーム。
8−8のまま、9回でも決着がつかずに開幕試合に続いての延長戦。

延長10回表に高岡商が1点勝ち越したが、その裏に盛岡大付が2点取り返して逆転サヨナラ勝ち。
二転三転のシーソーゲームを制しました。

第2試合は21世紀枠で初出場の多治見が地元・兵庫の報徳学園と対戦。
報徳学園は甲子園球場と同じ西宮市にある高校ですが、アルプススタンドの応援は多治見の方が間違いなく上回っていました。

試合は終始報徳ペースで、初回に2点、3回に大量8得点で早くも2ケタ得点。
その後も攻撃の手を緩めずに21安打で21得点。
守っても多治見を無得点に抑え21-0で圧勝しました。

方や甲子園の常連校、方や春夏通じて初出場の公立高校。
初回の攻防を見るからに力の差は歴然としていましたね。
21世紀枠を相手に21点取るとは・・・。
そもそも、21世紀枠って選ぶ必要があるのか、この試合が始まる以前から思っていますけどね。
それでも多治見高校にとって、甲子園でプレーできただけでも貴重な体験になったと思います。
画像

帰りの新幹線の時間もあったので、第3試合を観ずに帰りましたが、関東勢の前橋育英が登場だっただけに観たかったです。
その前橋育英は多治見と同じ21世紀枠の中村(高知)と対戦し、こちらは接戦でしたが、5−1で勝って2回戦で報徳学園と対戦する事になりました。

サッカー観戦を兼ねての甲子園観戦ですが、延長戦2試合、サヨナラゲームあり、記録的大差の試合ありと4試合の観戦なのに、10試合以上も観戦したかのような感覚になりました。
やはり甲子園は高校野球の聖地。
また、機会があれば甲子園に行ってみたいです。

最後に球場グルメを。
甲子園グルメと言って真っ先に思い浮かぶのが、やはりカレーライス(550円)。
辛口、中辛、甘口の3種類から選べますが、辛口をチョイスしました。
レトルトカレーで、味は可もなく不可もなく。
夏の甲子園で食べた方が美味しく感じるのかも(^^;)
画像


関連記事
吹田スタジアム初観戦はドロー
大阪グルメ日記2017<




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
いざ甲子園 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる