FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS アメリカの入国禁止 連邦地裁が一時差し止め命令

<<   作成日時 : 2017/02/04 20:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

トランプ新大統領が大統領令として申し立てた一部の国の入国禁止規制を、連邦地裁が一時差し止めを命じる発令が下されました。
アメリカは、今後どうなっていくのでしょうか?

イスラム圏7か国からの渡航などを制限する米大統領令を巡り、米西部ワシントン州シアトルの連邦地裁は3日、同州が申し立てた大統領令の即時停止の申し立てを大筋で認め、初めて主要部分の効力を一時差し止める命令を出した。
全米で即時に適用される。州としての初提訴で注目されていた。米ホワイトハウスは同日、連邦高裁に即時抗告する声明を公表したが、当面、大統領令の効力が失われるため、トランプ政権には大きな打撃となる。
効力が一時差し止められるのは、大統領令が定める〈1〉シリア、イラク、イラン、スーダン、リビア、ソマリア、イエメンの7か国からの渡航者の90日間の入国停止〈2〉全ての国からの難民の120日間の入国停止〈3〉シリア難民については当面の間の受け入れ停止――などの措置。信教の自由や不当な抑留を禁止した憲法に違反する疑いがあるとの判断に基づくとみられる。緊急性が高いことから暫定的な命令として出された。今後、シアトルの地裁が審理するが、正式な決定まで差し止め期間が継続するとみられる。(読売新聞)

就任してから、いろいろと物議を醸す発言や行動を繰り返してきたトランプ大統領。
その問題行動の象徴でもあった入国禁止令。
テロ防止だとか言っているけど、そんな事をやったらアメリカに対する不信感は強まるばかりだというのにね。

流石に司法が待ったをかけましたね。
今回の大統領令を違法と見なして効力が発揮されなりました。
国のトップでもある大統領の意見が、そのまま通らないというところは、三権分立が確りしているという事でしょうね。
流石は民主主義の国・アメリカです。

それにしても就任してから、まだ1ヶ月も経っていないというのに、ここまで嫌われる大統領っていたでしょうか?
アメリカ国内では反トランプデモが日常化していますが、そんな人物を大統領に選んだのは、他でもないアメリカ国民。
選んでしまった以上は4年間我慢するしかないですねって、こんな状態で4年間続くとは思えませんが・・・。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by トランプ革命で復活するアメリカ 日本はどう対応すべきか の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アメリカの入国禁止 連邦地裁が一時差し止め命令 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる