FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 青森山田と前橋育英が決勝進出

<<   作成日時 : 2017/01/07 17:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

第95回全国高校サッカー選手権大会準決勝。
今日から舞台を埼玉スタジアムに移し、準決勝2試合が行われました。

準決勝第1試合は東海大仰星(大阪)vs青森山田(青森)。
昨年の覇者・東福岡を準々決勝で勝って初のベスト4となる東海大仰星と、昨年に続いてのベスト4&高円宮杯を制した青森山田との対戦。

試合は前半23分に青森山田が先制し、その3分後に東海大仰星がすぐさま同点に追いつく。
同点に追いつかれた青森山田は41分にロングスローを起点に、最後は高橋選手が4試合連続となるゴールが決まって青森山田が再び勝ち越し。

後半は東海大仰星が攻め込むが青森山田のGK・広末選手の好セーブもあって最後までリードを守り切って、青森山田がこのまま2−1で逃げ切って7年ぶりとなる決勝進出を決めました。

準々決勝までの3試合で13得点と抜群の攻撃力を誇る青森山田でしたが、さすがに準決勝まで来ると1点を争う勝負になりますね。
東海大仰星も伊達に東福岡の攻撃陣を無失点に抑えてはいませんね。
青森山田は攻撃力が目につきますが、GKの広末君も好セーブを再三見せていましたね。
卒業後はFC東京への入団が決まっているだけあって、いいGKだと思います。

準決勝第2試合は前橋育英(群馬)vs佐野日大(栃木)の。
群馬vs栃木と隣県同士の対決。
そういえば一昨日に群馬と栃木どっちが上かなんてバトルがあったっけ。(レベルはともかく)

試合は前半30分に前橋育英が高沢選手のゴールで先制。
このリードを最後まで守り切って、前橋育英が1−0で佐野日大に勝って一昨年以来の決勝進出。
これで5試合連続無失点勝利で勝ち上がってきました。

佐野日大はここまで守り一辺倒で勝ち上がってきたなんて、どこかの記事で書かれていましたが、この準決勝を見る限りではそんな事はないと思いましたね。
無得点だったといえカウンターからの速攻はもしかしてを感じさせるものがあったし。
昨夏の甲子園では同じ栃木の作新学院が優勝し、サッカーも栃木県勢優勝の可能性もありましたが、残念ながらそれは叶わず。
それでも見事なベスト4なので胸を張ってほしいです。

これで決勝カードは青森山田vs前橋育英に決定。
ともに初優勝を懸けての対戦。
決勝戦は明後日の成人の日に埼玉スタジアムでキックオフ。
明日、明後日と埼玉の天気予報は雨ですが、せめて試合までには雨が止んでいてほしいです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
青森山田と前橋育英が決勝進出 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる