FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「沈黙 −サイレンス−」

<<   作成日時 : 2017/01/28 17:48   >>

トラックバック 21 / コメント 2

映画「沈黙 −サイレンス−」を鑑賞しました。

この映画は、遠藤周作の小説「沈黙」を、マーティン・スコセッシ監督が映画化した歴史ドラマ。
17世紀、キリシタン弾圧の嵐が吹き荒れる江戸時代初期の日本を舞台に、来日した宣教師の衝撃の体験を描き出す作品。

ストーリーは、江戸幕府によるキリシタン弾圧が激しさを増していた17世紀が舞台。
長崎で宣教師のフェレイラ(リーアム・ニーソン)が捕まって棄教したとの知らせを受けた彼の弟子ロドリゴ(アンドリュー・ガーフィールド)とガルペ(アダム・ドライヴァー)は、キチジロー(窪塚洋介)の協力で日本に潜入する。
その後彼らは、隠れキリシタンと呼ばれる人々と出会う。

日本の小説を基にした洋画。
構想から完成までに、およそ28年かかったとか。
日本人俳優も多く出演していた事もあって、いざ鑑賞する事に。
上映時間は2時間30分以上ですが、途中で寝たりダレたりする事なく観る事が出来ました。
それだけ中身の濃い作品だったという事でしょう。

キリスト教が禁じられた江戸時代。
恩師を捜して日本の長崎に潜入したポルトガル人宣教師のロドリゴとガルペは、隠れキリシタンが迫害される様子を目の当たりにして苦悩する。
何で神は沈黙しているのかと・・・。

それにしても冒頭から拷問だの処刑だの惨いシーンの連続。
いきなり首を斬り落とされたシーンなんて、今思い出すだけでもゾクッとさせられます。

ロドリゴは自分の考えが正しいと譲らず理想を追い求め続ける事で多くの命が失われてしまう。
そして幕府の役人達も自分の考えこそが正しいと主張し続ける。
こんなやり取りを見ていると、何だが今も昔も争い事ってなくならないものなのだと言う事を痛感しますよ。

ロドリゴはフェレイラと対面するのだが、そこでフェレイラからキリスト教は日本に根づかないと告げられ、そしてロドリゴ自身も決断を迫られる。
フェレイラがロドリゴに向かって言った「この国はすべてのものを腐らせてしまう底なしの沼だ」のセリフが強く印象に残りました。
ロドリゴが最終的に下した決断は、キリスト教徒にとって重い選択でしたが、その決断によって救われた命があると言う事も見逃す事は出来ません。

なぜキリスト教は日本に根づかなかったのか?
明治になって禁教が解けてもキリスト教信者になる者が少なく、今でも仏教に比べると少ない。
正直、何でなのかよくわからないけど、当時の布教活動や日本人信者の行動にも禁教せざるを得ない何かがあったのだと思います。

それにしても登場してくる日本人のほとんどが英語を流暢に話していましたね。
幕府の役人だけでなく、小さな村の住民までも。
当時の日本で、あそこまで英語を話せる集団がいたのかなと疑問に思ってしまいました。


沈黙 (新潮文庫)
新潮社
遠藤 周作
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沈黙 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(21件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
沈黙 -サイレンス-
沈思黙考を促される映画。 ...続きを見る
Akira's VOICE
2017/01/29 10:26
沈黙−サイレンス−
公式サイト。遠藤周作原作、原題:Silence。マーティン・スコセッシ監督。アンドリュー・ガーフィールド、リーアム・ニーソン、アダム・ドライヴァー、窪塚洋介、浅野忠信、イッセー ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2017/01/29 10:44
映画「沈黙-サイレンス-(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
映画 『沈黙-サイレンス-(字幕版)』(公式)を本日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら80点にします。 なお、原作の遠藤周作氏の小説『沈黙』は未読。 ...続きを見る
ディレクターの目線blog@FC2
2017/01/29 19:15
『沈黙 サイレンス』 2017年1月17日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ
『沈黙 サイレンス』 をジャパンプレミアで鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活 −適当なコメントですが...
2017/01/29 19:20
タイトルデザイン_47 BIG FILM DESIGN『沈黙‐サイレンス‐(Silence)』マーテ...
『沈黙‐サイレンス‐』Silence 原作 : 遠藤周作監督 : マーティン・スコセッシ出演 : リーアム・ニーソンアンドリュー・ガーフィールドアダム・ドライヴァー窪塚洋介、浅野忠信イッセー尾形塚本晋 ...続きを見る
映画雑記・COLOR of CINEMA
2017/01/29 19:28
劇場鑑賞「沈黙 -サイレンス-」
魂のあるべき姿… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2017/01/29 19:57
沈黙 −サイレンス−
重厚な内容だった。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2017/01/29 19:57
沈黙 サイレンス / Silence
構想26年。マーティン・スコセッシによって、遠藤周作の小説『沈黙』の映画化。 ...続きを見る
勝手に映画評
2017/01/29 21:48
教科書の中だけでは見えない事。『沈黙 −サイレンス−』
遠藤周作の小説「沈黙」を実写版映画化した作品。17世紀、キリシタン弾圧の嵐が吹き荒れる江戸時代初期の長崎を舞台に来日した宣教師の目線で描かれた物語です。 ...続きを見る
水曜日のシネマ日記
2017/01/29 23:19
沈黙 -サイレンス-
【SILENCE】 2017/01/21公開 アメリカ 162分分監督:マーティン・スコセッシ出演:アンドリュー・ガーフィールド、アダム・ドライヴァー、浅野忠信、キアラン・ハインズ、窪塚洋介、笈田ヨシ、塚本晋也、イッセー尾形、小松菜奈、加瀬亮、リーアム・ニーソン なぜ弱きわ... ...続きを見る
★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
2017/01/30 18:09
沈黙 -サイレンス- ★★★★★
遠藤周作が信仰をテーマに、世界の不条理と人間の本質に深く迫った日本文学の金字塔『沈黙』を、長年映画化を熱望してきた巨匠マーティン・スコセッシ監督が、原作との出会いから28年の時を経て遂に撮り上げた渾身の歴史ヒューマン・ドラマ。非情なキリシタン弾圧が行われ... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2017/01/30 20:48
『沈黙 -サイレンス-』('17初鑑賞06・劇場)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 1月21日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 14:00の回を鑑賞。 2D:字幕版。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2017/01/30 20:59
沈黙 -サイレンス-・・・・・評価額1750円
神はどこにいるのか?なぜ沈黙するのか? ...続きを見る
ノラネコの呑んで観るシネマ
2017/01/30 21:50
「沈黙」☆そこに真理あり
救いを求めて信仰してきたのに逆に不幸のどん底へ落ちて行く貧しい農民と、真理を見つけられずに苦悩する司祭が見えない網に絡めとられて身動きできなくなる姿があまりにも過酷で、2時間42分もあっという間の圧巻の映画だった。 時に碧く静かで美しく心を癒してくれるかと思えば、時に荒々しく黒く底が見えない深さに恐れおののく、まるで宗教とは海のよう。 深い。海のように深すぎるテーマ。 ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2017/01/31 10:37
沈黙
 『沈黙−サイレンス−』を吉祥寺オデヲンで見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2017/01/31 21:25
沈黙−サイレンス−
苦渋の選択 公式サイト http://chinmoku.jp 原作: 沈黙(遠藤周作著/新潮文庫)監督: マーティン・スコセッシ 17世紀、江戸初期。日本で布教活動を行っていたポルトガル人宣教師のフェ ...続きを見る
風に吹かれて
2017/02/02 15:43
『沈黙-サイレンス-』
ここにはいない神を信じるのか。それともここにある現実を受け入れるのか。 なぜ神は沈黙するのか。「信じる」とはいったい何なのか。ほぼ音楽のない映画が問い掛ける。28年間の想 ... ...続きを見る
こねたみっくす
2017/02/05 23:52
宗教の自由がある時代にうまれてよかったわ〜。〜「沈黙ーサイレンスー」〜
ま〜ふだんなら見ないタイプの作品ですわな。(;^_^Aでも不思議と長くは感じませんでした。重たいんだけども前のめりでみれたかな。窪塚洋介のユダ感半端ないね。最後の江戸でのシー ... ...続きを見る
ペバーミントの魔術師
2017/02/10 23:27
沈黙 -サイレンス-/SILENCE
真の信仰とは何か? なぜ神は沈黙しているのか? ...続きを見る
我想一個人映画美的女人blog
2017/02/12 23:57
[映画『沈黙-サイレンス-』を観た]
☆・・・観て来ました。  「沈黙」シリーズ最新作、セガールがバッタバッタと悪を倒してくれまする・・・、ではなく、リーアム・ニーソンは出てきますが・・・^^;  宣教師によるキリスト教布教に伴う、江戸時代の日本での悲劇の物語。  感動する良作でしょうが、... ...続きを見る
『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッド...
2017/02/21 14:52
「沈黙−サイレンス−」沈黙の先にみる生きる為に信仰を心を封じて生きた人たちの生き様
「沈黙−サイレンス−」は江戸時代初期に来日したキリスト教の神父がキリスト教の迫害の現実を目のあたりにしながらも日本で生き続けていく姿を描いたストーリーである。江戸時代 ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2017/02/25 22:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
役人はむしろ自分の主張を強制するよりも妥協案を示していましたから、そこを考えると実は日本ではキリスト教の本意がきちんと伝わっていないまま、あの江戸時代を迎えてしまったのかも知れませんね。
他人を受け入れる愛の教えを自分の都合のいいように解釈してしまった。それが日本で根付かなかった理由だと私は思いましたよ。
にゃむばなな
URL
2017/02/05 23:52
 >にゃむばななさん
何でキリスト教が日本に根づかなかったのか、日本の歴史を遡ってもわからない点が多いですね。
宗教って本当にわからない事が多いです。
FREE TIME
2017/02/06 20:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画「沈黙 −サイレンス−」 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる