FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「湯を沸かすほどの熱い愛」

<<   作成日時 : 2016/12/04 17:52   >>

トラックバック 19 / コメント 4

映画「湯を沸かすほどの熱い愛」を鑑賞しました。

この映画は、余命宣告を受けた主人公の奮闘に迫る家族ドラマ。
行方不明の夫を連れ戻すことをはじめ、最後の四つの願い事を叶えようと奔走するヒロインの姿を捉える作品。

ストーリーは、1年前、亭主の一浩(オダギリジョー)が家を出て行って以来、銭湯・幸の湯は閉まったままだったが、双葉(宮沢りえ)と安澄(杉咲花)母娘は二人で頑張ってきた。
だがある日、いつも元気な双葉がパート先で急に倒れ、精密検査の結果末期ガンを告知される。
気丈な彼女は残された時間を使い、生きているうちにやるべきことを着実にやり遂げようとする。

10月末に公開された作品。
当初は鑑賞予定にはなかったのですが、先月の「報知映画賞」で作品賞を受賞、主演女優賞に宮沢りえ、助演女優賞の杉咲花、新人賞に中野亮太監督が受賞と、ほとんどの賞を受賞していたニュースを見て、どのような作品なのか興味があったので劇場で鑑賞してみる事にしました。

冒頭のシーンでは「湯気のごとく亭主が蒸発しました。しばらくお湯は沸きません」という張り紙が。
銭湯だというのはわかりましたが、いきなり、この張り紙を見た時には思わず吹いてしまいましたw

そんなシーンから始まったのでコメディタッチの映画なのかと思いましたが、内容は結構重いものでしたね。
夫は蒸発し、娘は学校でいじめに遭い、双葉もパート先で突然倒れて末期がんを宣告される。
探偵に依頼して夫を見つける事が出来たのですが、その夫には連れ子がいて、その連れ子も複雑な家庭環境に育っていた。
これらを挙げただけでも気が滅入るものなのですが、映画を振り返って、そうは感じなかったのが双葉の強さと優しさを感じる事が出来たからだと思います。

しかしながら、この作品に出てくる主要人物が全てといっていいほど複雑な家庭環境に育っているじゃありませんか。
双葉もそうだが、安澄の生い立ち、一浩の連れ子・鮎子(伊東蒼)の実母の事、ヒッチハイクの旅に出ていた拓海(松坂桃李)の親子事情などなど。
そういった複雑な問題も双葉の優しさクリアされていく過程も、よく描かれていたと思います。

この映画には、異なるタイプの母親が登場しました。
自分が産んでいない子を育てる母親。
子供を捨てて、別の男のところに逃げた母親。
身体的なハンデから子供を手離してしまった母親。
自分が産んだ子である事を認めず、別の過程で幸せに暮らす母親。
自分の母は上記のどれにも属していませんが、子供にとって母親は唯一無二の存在。
そのような母親の存在の大きさを感じる映画でもあると思います。

宮沢りえも杉咲花も受賞したのが納得のいく演技でしたね。
特に2人の会話のシーンが、どれも大きく印象に残っております。

ラストでは、双葉が亡くなった後に、幸の湯から出てきた赤い煙が気になりましたね。
もし実際に銭湯で、あんな色の煙が立っていたら、近隣の住民は大パニックだろうなってw

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(19件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『湯を沸かすほどの熱い愛』 2016年9月4日 ユーロライブ
『湯を沸かすほどの熱い愛』 を試写会で鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活 −適当なコメントですが...
2016/12/04 19:55
映画、試写会「湯を沸かすほどの熱い恋」
2016/10/21、虎ノ門ニッショーホール。 日本消防会館、ニッショーホールだが、虎ノ門駅の出口がわかりにくく、 毎度、虎ノ門駅の改札付近でうろうろする人が散見される。 ...続きを見る
ITニュース、ほか何でもあり。by KG...
2016/12/04 20:06
湯を沸かすほどの熱い愛
湯を沸かすほどの熱い愛@ユーロライブ ...続きを見る
あーうぃ だにぇっと
2016/12/04 20:18
湯を沸かすほどの熱い愛
 『湯を沸かすほどの熱い愛』を渋谷シネパレスで見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2016/12/04 20:33
『湯を沸かすほどの熱い愛』('16初鑑賞101・劇場)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 11月4日(金) シネ・リーブル神戸 スクリーン1にて 12:40の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2016/12/04 20:44
湯を沸かすほどの熱い愛
最高の愛を込めて、葬ります。 上映時間 125分 脚本:監督 中野量太 宮沢りえ/杉咲花/駿河太郎/篠原ゆき子/伊東蒼/松坂桃李/オダギリジョー ...続きを見る
to Heart
2016/12/04 20:52
湯を沸かすほどの熱い愛〜滅びゆくシュールな銭湯哀歌
公式サイト。中野量太監督。宮沢りえ、杉咲花、オダギリジョー、伊東蒼、篠原ゆき子、駿河太郎、遥、りりィ、 松坂桃李、佐藤真子、住田萌乃。タイトルは比喩なのかと思ったら・・ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2016/12/04 21:31
「湯を沸かすほどの熱い愛」☆血よりも濃い赤
血よりも濃い赤い情熱が、ときに熱くときに温かく周囲を包み込む。 泣いて笑って泣いて笑って泣いて泣いて泣いて・・・・・・しかし「想像つかないラストに感動」という触れ込みは、逆に衝撃的すぎて困惑する羽目に・・・・ ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2016/12/04 22:45
『湯を沸かすほどの熱い愛』
□オフィシャルサイト 「湯を沸かすほどの熱い愛」 □監督・脚本 中野量太□キャスト 宮沢りえ、杉咲 花、オダギリジョー、松坂桃李、伊東 蒼■鑑賞日 10月29日(土)■劇 場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>これほど期待通りの... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2016/12/05 08:28
湯を沸かすほどの熱い愛 (試写会)
赤が好き 公式サイト http://atsui-ai.com10月29日公開 幸野家は銭湯「幸の湯」を営んでいたが、父一浩(オダギリジョー)が1年前に蒸発して以来、休業状態。母の双葉(宮沢りえ)は、パ ...続きを見る
風に吹かれて
2016/12/05 10:52
湯を沸かすほどの熱い愛(2016)
 最高の愛を込めて、葬ります。 久々の京都シネマにてこの作品を鑑賞。宮沢りえちゃん主演の作品。タイトル長いなあ〜!りえちゃんというのはちょいと失礼か(笑)もうお母さん役を演じるお年なんですものね。 それにしても熱いりえちゃん母さん!劇中では幸野双葉という熱血母さんである。娘安澄が学校でいじめにあっているにも関わらず、逃げてだめだと勇気づける。制服隠されたりといじめはエスカレートするなかで安澄も勇気を出して立ち向かう姿はやはり母親譲り?なのかな。かなり観ていても辛そうな感じがしたけど・・・・。... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2016/12/05 23:58
『湯を沸かすほどの熱い愛』
誰の心にも「お母ちゃん」が必要だ! 人生に迷った時、前に進みたくても進めない時、いつも我々の背中を押してくれるのは血の繋がりを越えた「お母ちゃん」と呼びたくなる女性。 ... ...続きを見る
こねたみっくす
2016/12/07 23:42
ショートレビュー「湯を沸かすほど熱い愛・・・・・評価額1700円」
愛を、燃やし尽くす。 ...続きを見る
ノラネコの呑んで観るシネマ
2016/12/08 21:01
「湯を沸かすほどの熱い愛」
2016年・日本/クロックワークス=テレビ東京、他 配給:クロックワークス 監督:中野量太 脚本:中野量太プロデューサー:深瀬和美、若林雄介 撮影:池内義浩 余命宣告を受けても、なお目標を決め明るく生 ...続きを見る
お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽し...
2016/12/11 21:26
『湯を沸かすほどの熱い愛』 誰も傷つけない愛の深さ
監督・脚本:中野量太 出演:宮沢りえ 、杉咲花 、オダギリジョー 、松坂桃李 試写会場:新宿バルト9 ...続きを見る
Nice One!! @goo
2016/12/12 07:26
[映画『『湯を沸かすほどの熱い愛』を観た]
☆・・・オール母親不在の中での大いなる母性!  勝負下着、「シャブシャブ」コール、手話、天国の所在、車の色・・・、絶妙の伏線を効かせつつ、フランス映画のような、とぼけた味わいの良作です。  ちょっとだけ、『北の国から』を彷彿とさせる演出が感じられた。 ... ...続きを見る
『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッド...
2016/12/30 11:55
湯を沸かすほどの熱い愛
湯を沸かすほどの熱い愛 &#039;16;日本 ...続きを見る
C’est joli ここちいい毎日を♪
2017/01/15 19:42
そのピラミッドを見て泣いた
8日のことですが、映画「湯を沸かすほどの熱い愛」を鑑賞しました。 ...続きを見る
笑う社会人の生活
2017/02/20 12:12
湯を沸かすほどの熱い愛 (2016)
宮沢りえの「紙の月」以来となる映画主演作で、自主映画「チチを撮りに」で注目された中野量太監督の商業映画デビュー作。持ち前の明るさと強さで娘を育てている双葉が、突然の余命宣告を受けてしまいます。双葉は残酷な現実を受け入れ、1年前に突然家出した夫を連れ帰り休業中の銭湯を再開させることや、気が優しすぎる娘を独り立ちさせることなど、4つの「絶対にやっておくべきこと」を実行していきます。会う人すべてを包みこむ優しさと強さを持つ双葉役を宮沢が、娘の安澄役を杉咲花が。失踪した夫役のオダギリジョーのほか、松坂桃... ...続きを見る
のほほん便り
2018/03/13 08:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
それまでのシリアスな展開が、あそこで一気にファンタジーになりました。
ただ、その前のシーンで散々「いけないと分かっている」「法に触れる」とやっていたので、そういう結末もありかな、と。
KGR
URL
2016/12/04 20:07
 >KGRさん
最後の最後で予想外の結末でしたね。
残されたキャストが揃って入浴するところなんかも(汗)
FREE TIME
2016/12/04 22:55
あのラストは賛否両論ですよね。
個人的には家族ピラミッドで終わって欲しかったかなと。
あのシーンが一番涙腺を刺激されましたから。
にゃむばなな
URL
2016/12/07 23:42
 >にゃむばななさん
あのラストですが、自分は良かったと思いますよ。
家族ピラミッドも壮観でしたね。
FREE TIME
2016/12/08 20:56
映画「湯を沸かすほどの熱い愛」 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる