FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

<<   作成日時 : 2016/12/23 23:26   >>

トラックバック 12 / コメント 2

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」を鑑賞しました。

この映画は、七月隆文の小説を基にした青春ラブロマンス。
一目ぼれした女性と恋人同士になった美大生が、彼女の抱えている思いも寄らぬ秘密と向き合う姿を追い掛ける作品。
舞台となる京都の美しい風景も見もの。

ストーリーは、京都の美大に在籍する20歳の南山高寿(福士蒼汰)が、ある日、彼は電車で大学に行こうとしたところ福寿愛美(小松菜奈)という女性に出会い、瞬く間に心を奪われてしまう。
高寿は愛美に声を掛けるが、高寿のある一言を聞いた途端に愛美は涙を流す。
その理由を尋ねることができずにいた高寿だったが、その後二人は付き合うことになる。
周囲からもうらやましがられるほど順調に交際が進み、幸せな日々がいつまでも続くと考えている高寿。
だが、愛美から思いも寄らなかった秘密を打ち明けられる。

明日なのに「昨日きみとデートする」という一見奇妙に感じるタイトル。
京都が舞台という事もあって、先月京都を訪れたのですが、まだ自分の知らない京都を知る事が出来るのかなと思い、興味があって劇場鑑賞している事に。

最初のうちは単なる純愛ストーリーなのかと思ったが、時間が経過するごとに所謂「ファンタジー」である事を知る事になるわけで。
この話の流れを鑑賞中に把握するのは、なかなか難しいのではないかと思います。
そういう意味では高寿の視点だけでなく、最後の方で愛美の視点で描いた演出は、誰にでもわかるように描かれていて、その辺は良かったと思います。

映画のタイトルの字幕は上映開始とか、上映開始後まもなくのタイミングで出てくるのが常ですが、この映画では、上映開始から暫くたってから出てきました。

映画のタイトルが上映時間の折り返し付近で出てくる。(おそらく上映開始30分〜40分くらいで出てきた)
それは、普通の恋愛ものから、愛美の秘密が明かされて「恋愛ファンタジー」に変わっていく事を告げるタイミング。
「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」という謎めいたタイトルがどういう事なのかを、その後に出てくる愛美のメモ帳で明らかになるのですが、本当に難しいストーリーだなと思いました(汗)

2人で過ごせる時間は30日間。
楽しく過ごせる時間が30分に凝縮される事で、一層お互いに切ない気持ちになってしまう感情を表現されていたのではないでしょうか。

自分は京都には何回か訪れていますが、この映画に出てきたスポットといえば伏見稲荷神社とか哲学の道とか1回は訪れた事のあるところが多かったですね。
未踏だったといえば、高寿が通学に利用している叡山鉄道と、キリンをスケッチしていた動物園くらいだったかな。
やはり、京都はいい場所です♪


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(12件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ぼくは明日、昨日のきみとデートする
ぼくは明日、昨日のきみとデートする@一ツ橋ホール ...続きを見る
あーうぃ だにぇっと
2016/12/24 22:59
『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』をトーホーシネマズ日本橋4で観て、すんげアイデアぞなふじき★★...
▲ぐっとくる二人。 ...続きを見る
ふじき78の死屍累々映画日記
2016/12/24 23:07
ぼくは明日、昨日のきみとデートする
実は複雑すぎる関係の2人? 公式サイト。七月隆文原作、三木孝浩監督。福士蒼汰、小松菜奈、山田裕貴、清原果耶、東出昌大、大鷹明良、宮崎美子。「ベンジャミン・バトン 数奇な人 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2016/12/24 23:21
『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』 2016年12月12日 一ツ橋ホール
『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』 を試写会で鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活 −適当なコメントですが...
2016/12/24 23:23
ぼくは明日、昨日のきみとデートする★★★
七月隆文の同名ベストセラー小説を、「ストロボ・エッジ」の福士蒼汰&「バクマン。」の小松菜奈共演で実写映画化したファンタジックラブストーリー。「僕等がいた」「アオハライド」など数々の青春ラブストーリーを手がけてきた三木孝浩監督と脚本家の吉田智子が再タッグを組み、京都の風光明媚な景色を背景に20歳の男女の甘く切ない純愛を描く。 あらすじ:美大生の高寿は、通学電車の中で見かけた女性・愛美に一目ぼれする。勇気を出して声を掛け、会う約束を取りつけようとする高寿だったが、愛美はなぜか泣き出してしまう。意気投... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2016/12/25 13:50
『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』('16初鑑賞110・劇場)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 12月17日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 12:15の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2016/12/25 15:34
ぼくは明日、昨日のきみとデートする  
2016年作品、三木孝浩監督、福士蒼汰、小松菜奈出演。 京都の美大に通う学生の南山高寿(福士蒼汰)は、その日乗っている電車のむこう側のドアの脇に立っている女性が目に付いた。 はっきり言って一目惚れだった。 いつもなら声をかける度胸もない彼だったが、その時はこれを逃しては大きな後悔をしてしまうと思い、彼女が降りた駅で飛び降り追いかけた。 なぜか反対側のホームに行った彼女に、高寿は思い切って告白したのだった。 乗り越したと言い、しかしメルアドは教えてくれない。 それは携帯を持... ...続きを見る
atts1964の映像雑記
2016/12/25 22:08
No.556 ぼくは明日、昨日のきみとデートする
七月隆文の同名ベストセラー小説を、「ストロボ・エッジ」の福士蒼汰&「バクマン。」の小松菜奈共演で実写映画化したファンタジックラブストーリー美大生の高寿は、通学電車の中 ... ...続きを見る
気ままな映画生活
2016/12/25 23:14
「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」こんな設定、哀しすぎる〜!
 京都が舞台のラブストーリー。「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」(東宝)。少々SFも混ざっています。この設定が、なかなか…。 京都の美大生・高寿(福士蒼汰)は、通学電車の中で見掛けた女性に一目惚れ。途中の駅で降りたその女性・愛美(小松菜奈)の後を追い、勇気を振り絞って声を掛ける。別れ際、再会の約束を取りつけようとする高寿に、なぜか泣き出してしまう愛美。やがて意気投合した高寿と愛美は付き合うことになり、幸せな日々を過ごしはじめる。そして初めてキスをした日、高寿は愛美から信じられないような大きな... ...続きを見る
シネマ親父の“日々是妄言”
2016/12/26 01:05
ロケ地巡りにハマる。(え)〜「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」〜
実はこれ、夏ごろにすでに原作読んでました。そのなかで出てくる地名があまりに身近な場所ばかりでまだ公開もされてないうちから「ロケ地巡り」をしていました。そもそもは偶然、 ... ...続きを見る
ペバーミントの魔術師
2016/12/26 16:03
「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」お互いの過去を知った先にみる永久ループで永遠に愛し続ける2人の...
「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」は電車で一目惚れした彼がその場で告白して事で交際がスタートするも交際するうちに自分の未来そして彼女の過去を知っていくパラレルワー ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2016/12/27 00:20
ぼくは明日、昨日のきみとデートする
2016年 日本 111分 ロマンス/ファンタジー/SF 劇場公開(2016/12/17) ...続きを見る
銀幕大帝α
2017/07/13 21:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
これは本当に難しいお話でしたね。よく理解できない部分も多いんですが、それをひっくるめて切なく悲しく、30日しかないというのはある種残酷でしたね。
それを踏まえて二人に感情移入すると感動できる作品だと思います。
主役の二人も難しい役どころだったと思います。
こちらからもTBお願いします。
atts1964
URL
2016/12/25 22:12
 >atts1964さん
こんばんは。
本当に難しい話でしたが、双方の視点で描いた点では理解しやすくなった構成だったかと思います。
ある意味、切なく残酷な話ではありましたね(汗)
FREE TIME
2016/12/26 20:49
映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる