FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 浦和レッズ2016年総括

<<   作成日時 : 2016/12/21 22:35   >>

トラックバック 0 / コメント 4

今年も残りわずかとなりましたが、今回は浦和レッズの2016年シーズンを総括したいと思います。

昨シーズンもタイトルに手が届きそうで届かなかった浦和レッズ。
今季も昨季と同じ2ステージ制の中で行われましたが、やはり日程があまりにも歪すぎて、今考えてもアホな日程としか言いようがありません。

昨季は優勝した1stステージでは終盤に3連敗してしまい、結局ステージ3位。
次の2ndステージでは8月に2連敗を喫しましたが、負けたのはその2試合のみ。
川崎フロンターレとの2ndステージ優勝&年間勝ち点1位でCSは決勝戦からの出場になりました。

しかし、CSでは年間3位の鹿島アントラーズ相手に初戦のアウェーゲームでは勝ったが、2戦目のホームゲームで足元を掬われてしまい年間2位でフィニッシュ。
勝ち点15も離れていたチームに優勝の座を明け渡してしまった結果を、暫く受け止める事が出来なかったのが本音です。
留守録した試合も興梠選手のの先制ゴールを見ただけで即消去したし・・・。

アントラーズは1stステージで優勝しているので、2004年までの方式だったら負けても納得できました。
当時は2ステージ制ありきだったし、年間勝ち点なんてものはなかったし。
しかし、この2年間はステージ優勝チームと年間勝ち点3位以内のチームに出場権が与えられ最大5チームに出場のチャンスがあった。
でも、2年間ともステージ優勝したチームが年間3位以内に入った事で3チームによる戦いになりましたが、ステージ優勝していないけど年間2位のフロンターレが入っていた事に違和感があったし、年間勝ち点よりアウェーゴールが重要視された方式には他サポも首を傾げた事でしょう。

一方で優勝チームとなったアントラーズはCWCで準優勝の快挙を達成しました。
レッズだったら、ここまでやれていたのかという疑念も抱いてしまった分、世間的にはアントラーズが優勝して良かったという見方になるのでしょう。

リーグ戦は残念な結果に終わりましたが、先に行われたルヴァンカップを13年ぶりに制覇しました。
昨年まではナビスコ杯だったので、大会名が変わって最初の王者にレッズが輝いた事になります。

ACLでも前年アジア王者・広州恒大に勝つなど念願のグループリーグを突破。
決勝トーナメント初戦でFCソウルにPK戦の末に敗れましたが、ミシャ監督になってからのレッズは年々成績を上げてきている事を実感しました。

でも、正直ミシャ監督の限界を感じています。
CSでも試合前にネガティブな発言を連発していましたが、自分から言わせてもらうと負けた時の言い訳をしているようにしか感じられませんでした。

選手交代でも狂気の3枚替えを今年もやったり、広島時代からの息子を贔屓していると言われても仕方ないような起用法だったり。
今年は念願のタイトルを獲得できたので来季も指揮を執るには容認していますが、来年で60歳になるみたいだし、そろそろミシャ自身もフロントも後任の準備を考えておく必要があるでしょう。

今シーズンのベストゲームを1試合挙げるとすると、ルヴァンカップ決勝戦。
延長戦でも決着がつかずにPK戦を制しての優勝でしたが、やはり久しぶりのタイトルを獲得した試合を外すわけにはいきません。
対戦相手は、近年煮え湯を飲まされていたガンバだったし、埼スタで決められたというのも格別でした。

逆にワーストは、やはりCS決勝のホーム・鹿島戦。
早い段階で先制しながらも軽率なミスから同点に追いつかれて、後半は完全に防戦一方になった上に、とんでもないファールでPKを与えてしまって逆転を許し、挙句の果てには毎度のごとく監督が乱心しまくっての敗戦。
今シーズンも大一番のホームゲームを悉く落としていましたが、この大事な試合でも同じ過ちを繰り返してしまうとは・・・。
この監督では、今後も絶対に勝たなければいけない試合を落とす事になるのでしょうね。
練習でやらない事を試合でやろうとしているのだから・・・。

補強選手に関しては現時点でラファエル・シルバ(新潟)、オナイウ阿道(千葉)のレッズ移籍が決定。
そして他クラブにレンタル中だった岡本、長澤、矢島の3選手が復帰してきます。
特にリオ五輪でも中心選手として活躍していた矢島選手に期待ですね。

セルジオ越後氏はレッズはワシントン、ポンテクラスの外国人を獲得を推奨していましたが、自分の中では今はやらない方がいいと考えています。
そんなスペシャルな外国人を獲得したところで、監督が使いこなせなければ意味がないので(爆)

今季の観戦はリーグ戦19試合、CS1試合、ルヴァンカップ1試合、ACL2試合の計23試合。
観戦成績は13勝3敗3分。
アウェーは4試合観戦(柏、川崎、鹿島、新潟)

アウェーグルメは以下の通り
柏・・・激辛カレー・柏餅・寿司
川崎・・・カレー・塩ちゃんこ
鹿島・・・モツ煮・ハム焼き
新潟・・・寿司

アウェーで参戦した試合は4戦全勝でした♪
アウェーならではのグルメを堪能しつつ試合にも勝つって実に最高ですよ q(^o^)p
今年は行けなかったけど来年は吹田の新スタジアムに行ってみたいです。

最後に、遅くはなりましたが2016シーズンも共に戦った同志の皆様、大変お疲れ様でした。
来年は1ステージ制が復活し、34試合で最も多く勝ち点を多く獲得したチームが優勝するという、本来あるべき形に戻ります。
賞金もこれまでの倍以上の額が手に入るので、優勝争いに絡むチームも多くなるでしょう。
その中にレッズが絡んでいき、そして今度こそ真のチャンピオンになる為に来年もサポートしていきましょう。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by We are REDS! THE MOVIE 開幕までの7日間/minna minna minna [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんはです。
ここ3週間はチャンピオンシップ決勝での優勝逃しのショックから現実逃避しようと、クラブワールドカップも避けまくりで過ごしていました。が、正直どうやってもまだまだモヤモヤしていますね。何とか今年中に吹っ切りたいところです。

同じ監督でずっと無冠のままだったチームが、5シーズン目にしてルヴァンカップでようやくタイトルを獲り、これで自信を深めて一皮剥けてくれたと思いきや、年間勝ち点1位にも登り詰めたのに、肝心のチャンピオンシップでは破れて鹿島にシャーレをかっさらわれました。正直、無様だったと思います。
全てが監督の責任とは言えませんが、監督の振る舞いを見る限りは、やはり”ここ一番”で勝てない病は治っていなかったと言わざるを得ません。やはり監督のチーム運営に欠陥部分があるのは明らかで、ここを放置し続けている限りは、タイトル戦では弱いママなのでしょうね。それを補強で補って行くしか無いのが実状だと思います。ただ自分も大物クラスはミシャが居座る限り獲らないし、獲ったとしても使いこなせないので無理だと諦めています。

自分のベストゲームは、数字的にも内容的にもセカンドステージでのガンバ戦ですかね。アデミウソンが退場したという部分はありますが、それでもガンバ相手に4−0は痛快でした。
逆にワーストゲームは、リーグ戦だけで言えば前半戦でのガンバ戦ですかね。レッズはやってはいけない3連敗でミシャにも不信任案が叩き付けられた時期でした。この状況的なものを加味すると、やはりこのゲームになってしまいます。ただ全体を見ると、自分もやはりチャンピオンシップ決勝・第2戦なんですけどね。

そんなこんなで、今シーズンも大変お疲れ様でした。来季に向けて楽しみな部分もあるので、それを糧にまた来季に向けて頑張りたいと思います。また来年もよろしくお願い致します。
うえ
URL
2016/12/23 19:03
 >うえさん
こんばんは。
今年も1年間お世話になりました。
そして、お疲れ様です。
本当に未だにCS敗戦のショックが尾を引いていますが、来シーズンはすぐそこまで来ているので、そろそろ切り替えねばと思っております。
ルヴァンカップを獲れた分、ミシャレッズ最高のシーズンになった事は間違いありませんが、最後の最後であんな負け方をしていると大事な部分は今までと何も変わっていないのかと凹んでしまいたくもなりますね。

ベストゲームとワーストゲームですが、リーグ戦に限って言うとベストは同じくホーム・ガンバ戦で、ワーストはアウェー・広島戦です。
来年も宜しくお願い致します。
FREE TIME
2016/12/23 23:19
何時もお世話になっております。

本来なら浦和レッズにとって10年ぶりの最高の年になるはずだった1年はCSという目先のお金の為にかき消された1年だった事がとても不運というしかない1年だったと思います。
ミシャのサッカーは他チームの私から見たらもう完全に完成しておりこれ以上レベルを上げるには更なる実力の選手が入り超越したサッカーを目指すしかないと思います。
もう6シーズン目になるので次の監督を考えなければならないところですが、ミシャのサッカーがあまりにも特殊であるために逆に後任が難しい状況にあると思います。今この日本でミシャのサッカーを唯一継承できるのは私は森保監督以外にいないと思います。
監督を交代して今のサッカーと違うサッカーを目指そうとすると容易でない事は私も今年1年嫌というほど痛感したので来季の浦和はその次のシーズンを考えていかないと大変な事になると思います。とはいえ今1番強いのは鹿島か浦和なのでそれに変わりはありませんので来季はACL優勝を目指してほしいと思います。
あと最後になりますがラファの事よろしくお願い致します。2選手も来季新潟に在籍した選手がACLで戦えるのは非常に名誉な事ですし、選手としてACLを経験するのとしないとでは全然違いますからね。稼働率6割という故障癖はありますが、故障がなければシーズン15ゴール以上は獲れる選手なので上手く起用してほしいと思います。
来季も日程が合えば埼スタへ遠征致します。
世界屈指の強いチームに来季も挑戦いたしますのでよろしくお願い致します。
PGM21
URL
2016/12/31 12:40
 >PGM21さん
お世話になっております。
CSの事は、もう過去の事と切り替えて、気持ちは来シーズンに向かっています。
昨年の広島が勝った以上、やはりレッズも勝たないといけなかったわけですから。
来季はACLよりもリーグ戦の方が賞金が高いので、ACLを捨てて臨むチームが出てくるのではないかと思います。(レッズもその中のチームに含まれるかどうかわかりませんが)
ラファエル・シルバの力はアウェー・新潟戦で確認しているので、あのプレーをレッズでも見せてくれるものと信じたいです。
来シーズンも宜しくお願い致します。
FREE TIME
2016/12/31 18:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
浦和レッズ2016年総括  FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる