FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 3たび追いつかれた末にPK戦で敗退し天皇杯終戦

<<   作成日時 : 2016/11/13 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 4

第96回天皇杯サッカー4回戦。
浦和レッズは等々力競技場にて川崎フロンターレとの対戦。

リーグ戦を年間1位通過でCS決勝進出を決めたレッズ。
レッズにとっては初戦となる天皇杯4回戦の相手は、リーグ戦総合勝ち点年間2位の川崎フロンターレ。
CS決勝で対戦する可能性もあるチームだが、まずは難敵に勝って3冠へ前進させたい試合。

試合は後半に入っても0−0の状況が続いていたが、後半26分に押され気味だったレッズが興梠選手のゴールで待望の先制点をゲット。
このままレッズ1点リードのまま後半も終盤に入ったが、後半40分過ぎに森脇選手のハンドでPKを与えてしまい、これを決められてしまい同点に。
しかし、レッズがすぐに相手のオウンゴールで勝ち越したが、ATに入った直後に再び同点に追いつかれ、90分以内で決着がつかずに延長戦に突入。

延長前半にレッズが素早いカウンターから青木選手のゴールで3たび勝ち越すが、延長後半にフロンターレに3たび追いつかれ、結局、延長戦でも決着がつかずに勝敗はPK戦に委ねられる事に。

このPKでレッズが2番手・ズラタン、3番手・興梠と外した一方で、フロンターレは4人全員が決めて勝負あり。
取っては取り返すシーソーゲームはPK戦の末に川崎フロンターレが勝って準々決勝進出。
敗れたレッズは3冠の夢が天皇杯4回戦で絶たれてしまいました。

この試合は家でTV観戦していましたが、リーグ戦年間1位と2位のチーム同士の対決にふさわしい好ゲームでした。
レッズは西川、槙野不在、フロンターレは中村憲剛、小林、大島と欠く中での戦い。
西川選手の代役だった大谷選手は3点取られたとはいえ、よくやっていましたが、逆に槙野選手の代役だった宇賀神選手の守備の緩さときたら・・・。
やはり、この2人がいるといないとでは守備力も大きく変わってしまいますね。

PK戦は運・不運によるところが大きいので勝ち負けに関しては悲観していませんが、その前に3度のリードを3度とも追いつかれてしまったのが悔やまれますね。
ACLのFCソウル戦と同じような負け方だったので尚更です。

それと延長戦に入って足を吊る選手が続出していたのも反省点ですね。
そうなってしまったのも、前半の出来があまりにも悪く、ベンチも早めにカードを切らざるを得なくなった。
結果的に早い時間帯に交代枠を使った事で点が取れるようになったが、逆に守備を締めてくれるカードを切れなくなってしまいました。

3度の同点ゴールのうち2点はゴール前の混戦から決められたもの。
レッズが一番補強すべきポイントは外国人FWでもGKでもなく最終ライン(DF)だという事を改めて認識しました。

天皇杯が終戦となった事で、レッズの今季最後の試合はCSかCWCのいずれかになりました。
CSではフロンターレかアントラーズの勝者と対戦する事になりますが、どっちともホームゲームで負けているので借りを返すには絶好の相手。(出来ればフロンターレに勝ち上がってほしいのが本音です)
CSファイナルの初戦まで試合も間延びしてしまいますが、この間にリフレッシュして万全な状態かつ天皇杯の敗戦を教訓にしてCSでも勝って真の年間王者を勝ち取りましょう。
最後に寒い中、等々力まで声援されたサポの皆様、お疲れ様でした。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
うーん、あっさり3冠の夢が消えましたね。レッズも川崎も代表やら怪我やらでお互いに主力を複数欠く中でしたが、おっしゃる通りリーグ戦年間1位と2位のチーム同士の対決に相応しい内容になったと思います。それだけにあと一歩で負けたのが悔しいです。

DFラインは今回脆かったですね。槙野が抜けた穴は高さと強さの面で穴となっていましたが、そこを川崎のロングボール主体のパワープレーに見事に突かれてしまいましたね。森脇も相変わらずミスが多い中で、遠藤の頭脳的な守備だけではキツかったと思います。

PK戦は運もありますが、昨日のを見てみると、疲労や駆け引きの部分でレッズに至らない部分もあったと思います。それにPK戦はルヴァン決勝では完璧だっただけに、それを思うと余計に悔しいです。

これでチャンピオンシップに集中するだけですが、決して中弛みしないよう、厳しい練習を続けてもらいたいと思います。
うえ
URL
2016/11/13 10:49
 >うえさん
こんにちは。
昨日はお疲れ様でした。
いい試合ではあったのですが、サポ目線で見ると悔やんでも悔やみきれない試合でしたね。
3失点中2失点はパワープレーから崩されての失点によるものとCSを前に弱点が露呈されてしまいましたね。
これで、残すはCSのみになったので、約2週間の間に頭と体をリフレッシュして心身ともに万全の状態で本番に合わせてほしいと思います。
FREE TIME
2016/11/13 13:00
何時もお世話になっております。

中立で観ている方は面白い試合でしたがやはり第2GKの存在は必要という事でしょうね。選手層が厚くなればさらに強くなるでしょうから代表不在の試合が来季の課題になるでしょうね。
うちも昨日で今季が終わりました。サポーターの頑張りなしで上を目指せは難しいという事とやはり浦和サポーターのようにサポーターが4割以上支えるクラブじゃなければならないという気持ちが強くなりました。補強する前に資金がなければ補強する事は無理なのでまず経営面から・・・あと情報ではハンガリー代表歴ある選手やうちのラファの獲得を目指しているようですが、できればラファを移籍金付きで買い取って頂けると大変助かります。選手層の薄いチームに稼働率の悪いストライカーは放出という事で浦和さんでしたらズラタンの後釜、興梠の控えは十分務まると思います。怪我さえなければスワンで観た通り働く選手なので買い取りお願い致します。
それではCSでの優勝とCWC出場を祈っております。
PGM21
URL
2016/11/13 15:31
 >PGM21さん
おはようございます。
第2GKは、大谷選手で充分務まる事は一昨日の試合でもルヴァン杯でも実証できているので、そこは問題ないと思いますが、それでも西川選手と総合的に比較すると差があるかなと思います。
まだレッズの今シーズンが終わっていないので補強の話は、ここでは控えさせていただきます。
残ったリーグ戦のタイトルは何としてでも獲って、CWC出場を決めたいです。
FREE TIME
2016/11/14 06:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
3たび追いつかれた末にPK戦で敗退し天皇杯終戦 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる