FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS アウェーで鹿島に先勝

<<   作成日時 : 2016/11/29 21:58   >>

トラックバック 0 / コメント 2

Jリーグチャンピオンシップ決勝。
今年の決勝カードの第1戦はカシマスタジアムにて鹿島アントラーズvs浦和レッズ。

2ndステージを制し、年間勝ち点でもトップで34試合を戦い抜いた浦和レッズが登場。
一方の対戦相手となる鹿島アントラーズは1stステージの優勝チーム。
ステージ優勝チーム同士の対決ではあるが、シーズンの勝ち点差が15も離れているだけに、こんな試合はやるべきではないのが本音。
しかし、昨年の広島も理不尽なルールを乗り越えて優勝を勝ち取っているので、レッズとて勝てばいいだけの話。

優勝争いを盛り上げる為に始めたCSだが、初戦は平日ナイター。
しかも、カシマスタジアムは交通の便が悪く、茨城県民ですら住んでいる場所によっては、その日のうちに帰宅できないような場所にあるスタジアム。
案の定、鹿島vs浦和戦だというのにチケットは大量に売れ残り、空席も両チームのゴール裏含めて多かったです。

試合は1−0で浦和レッズの勝利。
前半はレッズが優勢に試合を進めて、相手陣内に攻める時間が多かったが、相手の堅い守備もあって無得点で前半は終了。
後半12分にPA内で興梠選手がファールをもらってPKを獲得。
このPKを阿部選手が落ち着いて決めてレッズが先制。

その後は、アントラーズの猛攻に防戦状態が続く、危ない場面も多かったが、GK・西川選手の好守などで虎の子を1点を最後まで守り切っての無失点勝利。
これで、次のホームゲームで0−1での敗戦までならレッズが優勝するシチュエーションになりました。

今夜の試合はTV観戦。
こんな日に食べるモツ煮やハム焼きは、きっと美味しかった事でしょう。

天皇杯4回戦から中10日と実戦から遠ざかっていましたが、前半を観ていると、そのようなブランクは感じませんでした。
しかし、先取点を取った後からお互いに別のチームになってしまっていましたね。
レッズも立ち上がりから飛ばしていたので、終盤のパワープレーには要注意だと思っていましたが、何とか防いでくれました。
内容的には決して良いとは言えませんが、アウェーで勝てたという結果が全てなんです。

PKのシーンで文句言っている鹿サポや他サポが多いが、TBSの中継でのVTRでは明らかに西選手のファールだった。
倒された興梠選手も完全なファールとはいえ、鹿島仕込みのマリーシアを鹿島戦で披露してくれましたねw

次の試合は4日後の土曜日に埼玉スタジアムで行われます。
前文にも書いたようにレッズが負けても0−1の場合ならレッズが優勝するルールになります。
今日の結果でレッズが優位に立ったとはいえ、相手は数々のタイトルを獲得してきた鹿島アントラーズなので油断は禁物です。

自分も今度の土曜日は埼スタで観戦予定。
10年ぶりの歓喜を選手やサポの皆さんと一緒に味わいたいです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんはです。

勝ち点ではレッズが大きく上ですが、大舞台に強い鹿島相手らしい内容になりましたね。何より得点がPK1点のみ。最後まで緊張感ある試合だったと思います。
PK判定に関しては微妙なれど、決して誤審ではないと自分も思います。西も明らかに興梠にぶつかって来ていましたから。

中弛みが心配でしたが、蓋を開けてみたら見事な守備の集中力で守り抜いてくれました。虎の子の1点がアウェーゴールとして第2戦で生きる事を信じます。もちろん相手は鹿島ですから油断大敵ですが、レッズとしては受け身にならず、バランスの取れたサッカーで冷静に行ってほしいです。

土曜日、皆で喜びましょう!
うえ
URL
2016/11/30 20:33
 >うえさん
こんばんは。
アウェーで鹿島相手なので難しい試合になるとは思っていましたが、先取点を取って以降は攻められる時間が長くヒヤヒヤさせられまくりでした。
PKに関しては明らかに引っかけていたので妥当なジャッジだと思います。
残り90分ですが、昨日の試合で得たアドバンテージを活かした戦いで最後は歓喜を味わいましょう。
FREE TIME
2016/11/30 21:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アウェーで鹿島に先勝 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる