FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 鹿島アントラーズがCS決勝進出

<<   作成日時 : 2016/11/23 16:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

Jリーグチャンピオンシップ準決勝。
準決勝のカードは等々力競技場にて川崎フロンターレvs鹿島アントラーズ。

ステージ優勝こそしていないが年間勝ち点72で年間2位にフロンターレと、1stステージ優勝して年間3位のアントラーズ。
リーグ戦での対戦成績はフロンターレの1勝1分け。
フロンターレとしてはホームでの試合であり勝ち点12も離れているチームに負けられない試合。

フロンターレは中村憲剛がベンチスタートで、小林・大島の2選手がベンチ外。
対するアントラーズは故障離脱中の柴崎選手が外れた以外は、ほぼベストメンバー。

前半は両チーム無得点で折り返し。
そして後半開始して間もなくアントラーズが左からのクロスを金崎選手が頭で決めてアントラーズが欲しかった先取点をゲット。

その後はフロンターレが押し気味に展開し、何度か決定的な場面を作りながらもシュートが枠に行かないなど決定力に欠き続ける事に。
結局、試合は鹿島アントラーズが1−0で川崎フロンターレに勝って、年間1位の浦和レッズと対戦する決勝戦へとコマを進めました。
川崎フロンターレ悲願の初優勝の夢は3たび鹿島の前に阻まれる事に。

この試合は家でTV観戦。
寒い中での試合でしたが、試合そのものは激しい試合であったと思います。
1stステージ優勝したが、2ndステージでは11位と失速した感のあったアントラーズが勝ったというのは、やはり鹿島の勝負強さを感じてしまいます。

フロンターレも得意のパスワークで何度か相手を崩しながらもシュートが枠に飛びませんでしたね。
特に後半に先取点を取られた直後の中村憲剛選手のシュートが外れた時には思わず「えっ」と叫んでしまいましたよ。
そして今日の試合で負けた事で年間順位も3位が確定。
昨年のレッズの気持ちがわかったかと思います。(ただし今季のルールが昨年にも適用されていたらレッズが決勝に進出していた)

これで決勝カードは浦和レッズvs鹿島アントラーズに決定。
鹿島ホームの第1戦は今月29日にカシマスタジアム、浦和ホームの第2戦は来月3日に埼玉スタジアムで行われます。
1stステージ優勝チームvs2ndステージ優勝チーム同士の対戦といえば聞こえはいいけど、15も勝ち点が離れているチームと対戦しなければいけないのかと考えると、改めて今のシステムのアホっぷりが伺えます。

流石に平日夜に鹿スタには行けないが、埼スタでのホームゲームは参戦予定。
これまで何度もタイトルを奪われ、そして目の前でのタイトルを獲得する様を見せつけられた相手ですが、そういう相手に勝って10年ぶりに歓喜を味わいたいですよ。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Jリーグエンタープライズ 川崎フロンターレ タオルマフラー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
鹿島アントラーズがCS決勝進出 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる