FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS グループ首位のサウジアラビアをホームで撃破

<<   作成日時 : 2016/11/15 23:02   >>

トラックバック 2 / コメント 0

ロシアW杯アジア最終予選。
日本の5戦目はホーム・埼玉スタジアムにてグループ首位・サウジアラビアとのア直接対決。

4試合終えた時点でグループ3位の日本。
A代表にとって今年最後の試合はサウジアラビア。
現在、グループ首位を行くサウジアラビアとの勝ち点差は3。
負けるのはもちろんだが、引き分けてもアジア予選敗退のピンチなので勝利こそが絶対条件。

スタメンは以下の通り。
GK:西川
DF:長友、森重、酒井宏、吉田
MF:清武、山口、長谷部
FW:原口、久保、大迫

今予選の初スタメンに大迫、久保の2選手をFWで起用。
長友選手も最終予選初スタメン。
一方、本田、香川、岡崎の3選手がスタメン落ち。

試合は日本が前半から優位に試合を進めるが、引いて守備を堅めるサウジアラビアから、なかなか点が奪えなかったが前半終了間際にPA内で相手のハンドを誘いPKを獲得。
このPKを清武選手が確実に決めて先制し、日本が1点リードして前半終了。

後半に入っても日本ペース。
そして後半35分に原口選手が最終予選で4試合連続となるゴールが決まって追加点。
その後、1点を取られてしまったが、日本が2−1でサウジアラビアに勝利。

これで日本は勝ち点を10としてサウジアラビアに並んだが得失点差でわずかに下回りサウジアラビアを順位で抜くことが出来ず。
一方でグループ2位のオーストラリアがタイと引き分けて勝ち点は9にとどまり、日本がオーストラリアを抜いてグループ2位に浮上しました。

勝利が必須だった大一番。
ここでハリルホジッチ監督が選択したのが、長年日本の中核を担ってきた本田、香川、岡崎3選手のスタメン外し。
代わりに先日のオマーンとの強化試合で2ゴールと活躍した大迫選手と、若い久保選手のフレッシュな顔ぶれを起用。
久保選手は前半のみで交代されてしまったが、大迫選手は無得点ながらも前線で体を張ったプレーを見せてチームの勝利に貢献しました。

攻めてもなかなか点が入らない苦しい展開でしたが、清武選手がPKを落ち着いて決めて先制。
スローVTRを見ていると、ハンドしていたようには見えなかったが、どんな形であれ先取点を取れたので一安心。

そして、後半に原口選手が貴重な追加点。
これで日本代表史上初となる最終予選4試合連続ゴール。
今日の試合でも攻守に奮闘していたし、最早、元気は今の日本代表に必要不可欠な選手となりました。

サウジアラビアの選手にラフプレーが多く、サウジアラビアだけでもイエロー4枚、レッド1枚。
日本の選手にも何人か痛めつけられる選手が出てしまったけど、大きなケガ人が出なかったのは良かったです。

しかし、最後の失点がいただけなかった。
後半は相手にほとんど攻撃させていなかっただけに一瞬のスキを突かれてしまいましたね。
完封勝ちしていればグループ首位に浮上できていただけに、実にもったいない失点でした。
あと途中交代で本田、香川、岡崎の3選手を起用って・・・。
この3選手は絶対に起用しなかればならない決まり事でもあるのでしょうか?

これで年内の試合は終了。
日本の次の試合は来年3月23日にUAEとのアウェーゲーム。
初戦で敗れた相手だけに、アウェーであっても同じ相手に2度負ける事は許されない。
逆に、ここで勝てばロシア切符が近づいてくるので、ホームの借りをアウェーで返してほしいですね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
SAMURAI BLUE16アジア最終予選MF原口の4試合連続ゴールでサウジとの直接対決を制し2位で...
15日サッカーW杯アジア最終予選 ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2016/11/16 21:37
踏ん張った
ハリルJ、運命のサウジ戦制す 清武先制PK 元気史上初4戦連発&lt;/a とてもいい試合であったと思います。ずっと主導権を持ち続けることができたし、新しい選手も活躍できたし。 ただ最後だけがね。 まあ勝ち点の差を詰めることができたのでよかったてすね。 ...続きを見る
落ちこぼれのつぶやき
2016/11/19 21:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
グループ首位のサウジアラビアをホームで撃破 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる