FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 山口蛍のバースデーゴールで劇的勝利

<<   作成日時 : 2016/10/06 22:28   >>

トラックバック 2 / コメント 2

ロシアW杯アジア最終予選。
日本の3戦目はホーム・埼玉スタジアムにてイラクとの対戦。

ここまで1勝1敗でグループ3位の日本。
相手は、ここまで2戦2敗のイラク。
リオ五輪メンバー中心の若いチームとの事だが、次の試合がオーストラリアとのアウェーゲームなので、ホームで勝ち点3は至上命題。

スタメンは以下の通り。
GK:西川
DF:森重、酒井宏、酒井高、吉田
MF:本田、柏木、清武、長谷部
FW:原口、岡崎

過去2試合スタメン出場だった香川選手をスタメンから外し、清武選手を起用。
前線は原口、岡崎の2トップ。

試合は前半25分に日本がカウンターから起点を作り、右サイドでボールを受けた清武選手からのグラウンダーのクロスを受けた原口選手がヒールで合わせる絶妙なシュートが決めって日本が先制。
これで原口選手は2試合連続ゴール。
前半は1−0で日本リードのまま後半に折り返し。

しかし、後半15分にイラクにセットプレーからのヘディングシュートを決められてしまい同点に追いつかれてしまう。
その後も、引いて守る相手を崩せないまま、後半も6分のATの突入。
ATも残り少なくなった中で、日本はゴール近くでFKを獲得。
このFKからのこぼれ球を途中出場で入った山口選手のミドルシュートがゴールネットに突き刺さり、日本が土壇場で勝ち越し。

結局、これが決勝点となって日本が2−1でイラクに勝利。
通算で2勝1敗としてホームで貴重な勝ち点3を獲得しました。

このイラク戦はNHK-BS1でTV観戦。
観ていてイライラする時間の方が多い試合でしたが、最後の最後で劇的なゴールで勝つ事が出来て、今はホッとしているし素直に嬉しいです。

決勝点を決めたのは山口蛍選手。
途中からの出場でしたが、ATも目安の6分台に近づく中で決めた素晴らしいミドルシュート。
今日は山口選手の26歳の誕生日との事ですが、誕生日を自らのゴールで決めるなんて貴重な経験ですね。
ただ、所属チームのセレッソがJ2残留しそうなので、もし、そうなった場合は再度海外に挑戦するか、J1チームに移籍した方が本人の為だと思います。

先制ゴールを決めた原口選手の働きも素晴らしかったです。
技ありの先制ゴールに、得意のドリブルで相手のディフェンスを切り崩したり。
今日出た選手の中では一番の働きをしていたと思います。
レッズ時代に慣れ親しんだ埼スタでのゴールをA代表で決める事が出来て、私としても感無量です。

しかしながら勝ったとはいえ、チームとして機能していない事を確認できた試合にもなりました。
本田選手の右サイドも起用も理解に苦しむし、終盤になって吉田選手を最前線に上げてのパワープレーなんて、どこかのチームがやっていた「闘莉王大作戦」を彷彿とさせる采配。
試合前から負けた時の言い訳をしているような監督には、この先の試合の采配も任せられませんね。
今日の勝利で首の皮1枚繋がったみたいだが、協会も監督人事を今のうちに見直すべきだと思います。

日本の次の試合は来週11日にオーストラリアとのアウェーゲーム。
グループB最大の強敵との対戦。
次はイラクのようにはいかないと思いますが、アウェーなので最低でも勝ち点1は獲って帰ってきてほしいです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
SAMURAI BLUE16アジア最終予選ドロー直前の後半ロスタイムMF山口の起死回生のミドルシュー...
6日サッカーW杯アジア最終予選日本対イラク戦が埼玉スタジアム2002で行われ、2対1で日本が後半ロスタイムにMF山口のゴールで辛くも振り切り勝ち点3を獲得して2位以内 ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2016/10/07 06:29
ぎりぎり
日本、2連勝 途中出場の蛍がバースデー決勝弾 ホ−ムでの試合でも厳しかったですね。引き分けで終わりみたいな予感がありましたか見事に裏切って勝ってくれました。よかったです。かなり内容的には押し込んでいたように思いますがなかなか得点に結びつかないですね。次の... ...続きを見る
落ちこぼれのつぶやき
2016/10/10 01:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
何時もお世話になっております。

パワープレーを最初からやるつもりならハーフナーを招集すべきですよね。
結果を出している選手を選ばずベンチを温めている選手を先発させておいて試合に出ている選手を選ぶなんてどう納得しろ?というのでしょうね。
同じ選手は必要ないのでとにかく長身の選手も選ぶことが必要ですね。
次のオーストラリアはかなり厳しいですが唯一のアドバンテージは日本に時差がない事でしょうね。これがどれだけ活かせるか?になると思います。
PGM21
URL
2016/10/07 06:32
 >PGM21さん
おはようございます。
コメント返信が遅くなり失礼しました。
本当にハーフナーはどうしたって言いたいですね。
勝つには勝ったけど監督の采配と選手選考には首を傾げることばかりです。
次はアウェー・オーストラリアとの対戦。
最低でも勝ち点1は獲って日本に帰ってきてほしいです。
FREE TIME
2016/10/08 09:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
山口蛍のバースデーゴールで劇的勝利 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる