FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 札幌・ファイターズ王手 広島・ベイスターズ踏み止まる

<<   作成日時 : 2016/10/14 22:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

クライマックスシリーズ最終ステージ第3戦。
パ・リーグは札幌ドームで、セ・リーグはマツダスタジアムで、今日もプレーボール。

北海道日本ハム4−1福岡ソフトバンク
昨日はホークスが9回に逆転勝ちして対戦成績はファイターズの2勝1敗。
ホークスが昨日の勢いを繋げて対戦成績をタイにする事が出来るのか。
先発はファイターズ・有原、ホークス・千賀の両投手。

試合は、初回にファイターズが二死一、三塁から近藤選手のタイムリーで先制し、続くレアード選手の2試合連続ホームランが3ランとなってファイターズが、いきなり4点を先制。

一方のホークスは3回に中村選手にホームランが出て1点を返すが、それ以外は有原投手の前に抑えられ7回までホームランの1点のみ。
8回に代わった石井投手からヒットと四球で無死一、二塁とするが、送りバント失敗と併殺打で無得点、

9回にも走者を2人出してチャンスを作ったが、結局得点がなく試合終了。
ファイターズが4−1で勝って、これで対戦成績はファイターズの3勝1敗。
4年ぶりの日本シリーズ進出に王手をかけました。

今日の試合の中継はNHK-BS1でなくBS朝日。
CMが入るのは仕方ないけど、中継そのものはNHKと遜色なかったと思います。

それにしても終わってみたら、ファイターズの挙げた得点は初回の4点のみ。
しかし、相手にしてみたら、千賀投手がいきなり4点を失った事で精神的ダメージも大きかったと思います。

明日の予告先発はファイターズ・高梨、ホークス・バンデンハークの両投手。
ホークスも前年王者として、このまま引き下がることはないと思いますが、それでも敵地での残り3試合で3連勝するのは難しいでしょう。

横浜DeNA3-0広島
初戦、2戦とカープが2試合連続完封勝利して、日本シリーズ進出に一気に王手をかけたカープ。
3戦目も勝ってスイープで日本シリーズ進出を決めるのか。
先発はカープ・黒田、ベイスターズ・井納の両投手。

試合は両投手の投げ合いで始まり3回まで両チーム無得点。
そして4回表にベイスターズが二死一塁からCSで初めてスタメンに起用されたエリアン選手にチームのCS初得点となる2ランホームランがベイスターズが先制。
5回にも梶谷選手のタイムリーが出て3点目。

ベイスターズの先発・井納投手は第1ステージ同様に安定した投球でカープ打線を7回無得点に抑える好投。
8回から継投策に入り、二死満塁のピンチも凌ぎ、最後は抑えの山崎投手が3人で締めてベイスターズが3−0で勝利。
これで対戦成績はカープの3勝1敗となりました。

第3戦もTV中継がなくラジオで試合経過を確認した程度。
ジョンソン、野村の前に強打が封じられていたベイスターズ打線でしたが、黒田投手から5回3得点を奪いKO。
それと、やはり井納投手の好投が光りましたね。

1、2戦と完封勝利だったので目立ちませんでしたが、カープ打線の状態がシーズン中でも見られなかったくらいに悪いようですね。
今日の試合でも盗塁失敗やボーンヘッドによって先頭打者の出塁を無駄にするなどカープらしさのなかった試合でした。
中でも菊池、鈴木誠也両選手が打てないようでは打線も繋がりを欠いて当然ですね。

しかし、カープ優位の状況には変わりなし。
ベイスターズが、敵地での残り3試合で3勝するのは容易ではないでしょう。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本ハムファイターズ優勝記念号 2016年 10/27 号 [雑誌]: 週刊ベースボール 増刊 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
札幌・ファイターズ王手 広島・ベイスターズ踏み止まる FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる