FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS タイに勝って成績をタイに

<<   作成日時 : 2016/09/07 00:05   >>

トラックバック 1 / コメント 0

ロシアW杯アジア最終予選。
初戦を落とした日本の2戦目はタイとのアウェーゲーム。

初戦のUAE戦で敗れて、まさかの黒星発進。
迎えるタイとのアウェーゲームは、タイ特有の高温多湿とも戦わないといけないが、これ以上は落とすわけにはいかない試合。

スタメンは以下の通り。
GK:西川
DF:森重、酒井宏、酒井高、吉田
MF:本田、香川、山口、長谷部
FW:原口、浅野

UAE戦からスタメン3人を入れ替え。
前線は原口、浅野の2トップ。

試合は前半18分に原口選手のヘディングシュートが決まって日本が先制。
その後も押し気味に試合を進めるが、最後の決め手に欠き、なかなか追加点が奪えないもどかしい展開。

そんな悪い空気を変えたのが原口選手同様に初スタメン起用された浅野選手。
後半30分に、長谷部選手のパスに素早く反応してGKとの1vs1の場面を作り、冷静にゴールを決めて待望の追加点。

結局、タイに2−0で勝利してグループリーグの対戦成績を1勝1敗のタイに。
アウェーで貴重な勝ち点3を獲得しました。

ハリルジャパンにとっては、まさに背水の陣で挑んだであろうタイ戦。
最終予選まで来たら、内容より結果が大事なので、まずは結果を出せた事に関しては良かったし、素直に嬉しいです。

この試合で一番光っていたのが原口選手。
先制ゴールもそうだが、攻守に献身的な動きを見せてチームの勝利に貢献。
レッズ時代はマッチ棒みたいな体つきだったのにドイツに行ってからは、随分と体つきが大きくなったのはTV越しでも、よく見えます。
伊達に所属先でポジション掴んでいないですね。

浅野選手の追加点を決めた瞬間は見逃してしまったが、試合後のVTRを観てみると浅野選手らしいゴール。
この速さは今後も武器になってくれるでしょう。

一方で、これで満足してもらっては困るといった内容も。
スコアは2−0だったが、もっと点が入っていてもおかしくなかった内容でした。
その得点の流れを止めてばかりだったのが本田選手であり香川選手。
この2人はシュートチャンス以外でも、プレーに精彩を欠いていたので、そろそろ世代交代を本格的に考えないといけない時期になってきたのではないでしょうか?

それと監督の采配に関してはUAE戦と全く変わっていない。
攻守に精彩を欠いて足を引っ張っている香川選手を最後まで起用したり、2点リードしている展開で、後半ATに宇佐美選手を投入する意図もサッパリわかりません。
そこは守備的な選手を投入すべきだったでしょうに。
まだまだ、この監督を信用する事が難しいですねぇ。

次の予選は約1ヶ月後にイラクとのホームゲーム。
ヨーロッパの方も、これからリーグ戦が本格的に始まって、海外組の選手にとっても今回よりはいいコンディションで試合に臨める筈。
ホームで連敗するようなら、本当にロシアW杯には行けなくなってしまうので、次の試合でも勝ち点3を獲得して順位を上げていってほしいです。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by まっぷる タイ・バンコク '17 (まっぷるマガジン) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
SAMURAI BLUE16アジア最終予選MF原口のゴールで先制しFW浅野のゴールで試合を決めるも決...
6日サッカーW杯アジア最終予選日本対タイ戦がラジャマンガラ国立競技場で行われ、2対0で日本がMF原口、FW浅野のゴールでタイを振り切りホームで敗れた勝ち点3を取り戻し ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2016/09/07 00:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
タイに勝って成績をタイに FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる