FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS はるばる来たぜ函館

<<   作成日時 : 2016/09/14 22:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今月上旬に北海道新幹線を利用して函館まで出かけてきました。
今回は函館旅行記を更新します。

北海道は札幌、小樽などは訪れた事はありますが函館は今回が初めて。
今年の3月に開通した北海道新幹線に乗ってみたいのと、それを利用して函館に行ってみたいという両方の気持ちがあったので、今回の夏季休暇を使って函館旅行する事に決めました。

大宮から始発の北海道新幹線に乗って、終点の新函館北斗駅に到着したのが午前11時前。
新幹線で盛岡から先に行くのは初めてだったので、新幹線の車窓から眺める青森の景色も堪能しました。
ほとんど海でしたけどね。

それにしても4時間以上も新幹線に乗るのは、背中も堅くなってしまいます。
でも東京-広島間も、それくらいの移動時間だったかな?
降車後、北海道新幹線の車両を記念に撮りました♪
画像

出来れば新函館北斗駅の様子も見てみたかったのですが、函館行きの快速電車が間もなく発車という事もあって、すぐに「はこだてライナー」に乗って、函館駅に到着。

もっと大きな駅舎なのかなと思っていましたが、改札口が1箇所だけで思って程、大きくない駅で駅の周辺も静かでした。
それでも、近くに朝市や海が見えるのは壮観でした。
画像

お昼を食べた後、午後から訪れたのは五稜郭へ。
市電を利用して函館駅前から、およそ20〜30分ぐらいで到着します。
市電の「五稜郭公園前」から五稜郭まで、10分近く歩きますが・・・。

最初に五稜郭タワーに入って展望室から五稜郭と函館市内を高見の見物。
上から見ると五稜郭の星型を確認できて、函館市内も四方から眺める事が出来ます。

そして五稜郭公園内も歩いてみました。
石垣やお堀など、奉行所など名所も散策。
GWに訪れると桜も出迎えてくれるとの事。
GWに桜が満開を迎えるのも、北海道ならではですねw
画像

画像

五稜郭訪問が終わってから、駅前に戻って予約していたホテルにチェックイン。
一休みしてから、函館山まで世界でも有名な夜景見物へ。

函館山は標高334mとの事ですが、阪神タイガースは関係ありません(爆)
行きのロープウェーにたどり着くまでの坂道のきついこときついこと。
やはり年齢から来る体力の低下を痛感してしまいます。

日本三大夜景に数えられる夜景はもちろんの事、北海道の海に沈む夕日や、日没前の夕日に照らされた函館市内の景色も絶景でした。
自分のデジカメから撮影した夜景の写真は見た感じ見づらい感じがしますが、一応ネオンが見えているだけでもマシかな(^^;)
画像

画像

画像

2日目は朝市で朝食を取ってチャックアウトした後、ベイエリアを散策。
映画やCMのロケ地でも有名な八幡坂を訪れました。

坂道から眺める港は、まさにJRの駅も掲示されていたポスターと同じ景色。
CMや映画のロケ地でも使われる坂として有名で、自分以外にも多くの観光客が八幡坂から港が見える下り坂を記念撮影していました。

下り坂から眺める景色だけではつまらなかったので、上から眺める八幡坂をパシャリ。
上り坂を眺めてみると、本当に急勾配な坂道である事を確認できます。
画像

画像

帰りは新幹線ではなく飛行機で。
全日空の旅割を利用すると、新幹線よりも安い交通費で利用できます。
今回は、北海道新幹線に乗ってみたかったので行きは新幹線を利用しましたが、飛行機の方が早く交通費も安いとなると、やはり北海道は飛行機を使った方が便利です。

函館のグルメ関連は別記事に掲載します。
北海道新幹線が開通した年に訪れた函館。
2日目の途中から天気が崩れてしまったのは残念でしたが、市内の名所やグルメも堪能する事が出来て、大変充実した2日間でした。
やはり旅はいいものです♪


るるぶ函館 大沼 五稜郭 松前 江差'16~'17 (国内シリーズ)
ジェイティビィパブリッシング
2016-02-25
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by るるぶ函館 大沼 五稜郭 松前 江差'16~'17 (国内シリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
はるばる来たぜ函館 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる