FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS さらば名古屋グランパス

<<   作成日時 : 2016/08/13 22:38   >>

トラックバック 0 / コメント 4

Jリーグ2ndステージ第8節。
浦和レッズは、アウェー・豊田スタジアムにて名古屋グランパスとの対戦。

世間はお盆休みに入り、話題もリオ五輪での集中。
そんな中で行われる、今回の対戦相手は15試合未勝利の名古屋グランパス。
次節には川崎フロンターレとの直接対決が控えているので、次に繋げる為にも勝ちたい試合。

スタメンは前節と同じ。
試合は前半44分に柏木選手のスルーパスに反応した武藤選手が左足で流し込んでレッズが先制。
グランパスは前半シュート0分で前半終了。

後半になると攻撃枚数を増やしてきた相手に度々チャンスを与えられたものの、懸命のディフェンスと相手のシュートが枠に飛ばない事もあってリードを守り続ける展開。
そして、後半42分にGK・西川選手からのロングフィードをズラタン選手が押し込んでダメ押しゴール。

結局、試合が浦和レッズが2−0で名古屋グランパスに完勝。
フロンターレが敗れた事で2ndステージ首位浮上し、年間総合勝ち点でも2に縮める事が出来ました。
一方、グランパスは泥沼の16試合未勝利

近年、夏場に行われる事が多いアウェー・名古屋戦。
昨年もそうだったが相性が最悪で勝った記憶がないし、そもそもアウェー・名古屋戦自体の相性が悪い。
しかも、相手は長い間勝利から遠ざかっている。
そんな時に白星を献上してしまうのが、これまでのレッズには何度かあったので、もしかしたらなんて事を考えていましたが、それも杞憂に終わりました。

オリンピックの影響でスポーツニュースでも扱いが小さく動画サイトで試合の内容をチェックしましたが、結構、危ない場面が多かったようですね。
逆に言うと、そこを決められないのが、グランパスの低迷ぶりを証明しているとも言えます。

逆にレッズは前半と後半の終了間際に、それぞれ得点。
武藤の先制ゴールによって、今夜も試合後に寿司を食べられたし(スーパーで買った残り物だが)、前節同様に西川選手のアシストから生まれたゴールも見事。
完封勝ちしたので、後でシュークリーム食べないと(笑)

これまで降格経験のない名古屋グランパス。
今シーズンの試合内容を見ている限りでは、降格も時間の問題でしょう。

先日、同じ名古屋の野球チームで監督が更迭されましたが、グランパスの小倉監督が解任されるのかというと、GMも兼任しているので、たぶん最後まで指揮を執り続けると思います。
監督を解任すると言う事はGMも解任するという事になるのだから。
そもそも、何でコーチの経験すらない人を監督に据えたのかも疑問ですが・・・。

次節はホーム・埼玉スタジアムにて川崎フロンターレとの直接対決。
これまではボーナスステージが続いていましたが、ここからは川崎を含めて強敵との戦いも控えています。
レッズがリオ五輪から興梠、遠藤両選手が復帰し、対するフロンターレも大島、原川の2選手が復帰。
お互いにベストメンバーで戦えますが、レッズは遠藤選手をどのポジションで使うのか監督も頭を悩ませるところでしょう。
アウェー同様にホームでもフロンターレを叩いて年間総合でも首位に立ちましょう!

最後にお盆休みの中、愛知まで駆けつけたサポの皆様、お疲れ様でした。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
何時もお世話になっております。

この度名古屋をボコって頂きまして感謝御礼申し上げます。試合を重ねれば重ねるほど怪我がないのに堅碁が消え、ポポビッチも消えるという摩訶不思議なチームですが、実力ある選手がベンチ外は対戦相手としてこれ以上ありがたい事はありません。怪我をしていようと出てきたら嫌ですからね。コーチ経験と言いますが、コーチ経験が無くても浮上させた監督はいますのでやはりシステムと戦術の理論が大きいとは思います。コーチ経験があってもうちのような事例もありますし・・・
うちは降格圏からの脱出ミッションに失敗しました。守る相手にパスしかしないサッカーを展開されたらゴールは遠いだけにバルサやグラウディオラのようなパスサッカーは前線に素晴らしいストライカーいてこそのサッカーなのでああいうサッカーは真似すべきじゃないと感じたりします。とはいえ次のホーム2試合で勝ち点6を上げればほぼ抜け出せるのでホームでは絶対に勝利してファイナル3の浦和戦に挑みたいと思っております。
次の川崎戦勝利して年間首位に躍り出てほしいと思います。
PGM21
URL
2016/08/14 10:33
 >PGM21さん
お世話になっております。
名古屋のチーム状態ってどうなっているのでしょうかね。
4月のホームゲームでゴールを決められたポポビッチはベンチにも入っていなかったし。
現状では福岡と名古屋の降格は時間の問題で、あと1枠はどうなるかといったところでしょうか。
次節はホーム・川崎戦。
9月以降も難敵との対戦が控えていますので、ここで勝って勢いをつけたいです。
FREE TIME
2016/08/14 13:06
こんばんはです。
先ほど愛知から帰ってまいりました。レッズが強かったというよりは、名古屋のチーム状態が想像以上に酷かったという部分が大きい試合でしたが、それにしても名古屋はこのままでは、この記事のタイトル通りになってしまう可能性大ですね。

しかしうちは上を見なければいけない状態で、そんな中でライバル川崎がついに負けましたね。そしてこのタイミングでの天王山。負けられませんね。
お互いにオリンピック組をどうするのかも監督の手腕の見せどころですが、那須が絶好調だけに、とにかく遠藤の扱いが難しいですね。ミシャは1週間しっかり悩んで決断してほしいところです。
うえ
URL
2016/08/14 17:16
 >うえさん
こんばんは。
愛知まで遠征お疲れ様でした。
やはりグランパスのチーム状態は相当酷かったのですね。
おそらく、このまま降格まっしぐらとなりそうです。
さて、次は天王山となる川崎戦。
興梠はスタメンでいくべきですけど、遠藤をどうするかですね。
柏木の体調次第ではボランチでスタメン起用するのもありだと思います。
FREE TIME
2016/08/14 21:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
さらば名古屋グランパス FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる