FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 李忠成の2ゴールで鹿狩り

<<   作成日時 : 2016/07/23 23:58   >>

トラックバック 0 / コメント 4

Jリーグ2ndステージ第5節。
浦和レッズは、アウェー・カシマスタジアムにて鹿島アントラーズとの対戦。

ゲリラ豪雨と落雷に見舞われ試合が中断した2008年以来となる鹿島国でのナイター参戦。
先月のホームゲームでは完敗を喫した相手に興梠、遠藤抜きで臨む試合。
年間総合順位を上げる為にも落とせない大事な戦い。
画像

夜の試合という事もあって日中は時間に余裕があったので、午前中は鹿島国への通り道として海浜幕張まで高校野球の千葉県大会を観戦。

センバツベスト8の木更津総合と、150キロ超の速球を投げると言われる東海大市原望洋の試合でしたが、試合は1−0で木更津総合の勝利。
センバツでも好投した早川投手の見事な投球でした。
そして、敗れはしましたが東海大市原望洋の島投手は本当に150キロ投げました(驚)
画像

ちょっと寄り道をしてしまいましたが16時過ぎに鹿島国へ到着。
今日の首都圏は冷たい風が吹いていて、7月とは思えない気候でしたが、鹿島国でも変わらず。
むしろ夕方な分、日中よりも寒く感じました。

カシマスタジアムと言ったら、やはりグルメ。
今年も鹿スタ名物であるモツ煮とハム焼きを購入。
味は今更言うまでもなし。
画像

画像

その後は鹿サポの試合前の一発芸を拝見しようと準備していたのだが、どういう訳か試合前に行うビッグフラッグの虫干しや紙吹雪は行わず。
逆に浦和サポの一部が試合前に紙吹雪を撒いていましたが・・・。
ちょっと拍子抜けでした(汗)

さて、そろそろ本題(試合)へ。
前半は立ち上がりからアントラーズペース。
レッズはパスが繋がらず守勢に回る事が多かったが、DF陣が上手く対応して相手に決定的な場面を与える事も少なく前半はスコアレスで後半へ折り返し。

後半に入って、アントラーズが後半15分に先制。
先制されたレッズは2分後に途中交代で入った李忠成選手のゴールで、あっさり同点。
李忠成は28分にも武藤選手のシュートを相手GKが弾いたこぼれ球にしっかり反応して逆転ゴール。

結局、これが決勝点となり浦和レッズが2−1で鹿島アントラーズに逆転勝利。
ホームのリベンジを果たすとともに年間総合の勝ち点も46で並びました。
画像

画像

前半はアントラーズのハーフコートゲームといっていいくらい防戦一方。
レッズの前線が全く機能せずに、逆にパスミスからカウンターを仕掛けられる場面も多かったですが、ここはDF陣の必死の対応と、相手の精度にも助けられて無失点で終えましたが、攻撃陣が機能不全だったので後半も不安の気持ちが強かったです。

先制点を取られた時は、ヤバいかなと思いましたが、後半開始から起用された李忠成選手の2ゴールで逆転。
それにしても、先制点を取った後でアントラーズの守備が、急に緩くなっていました。
同点ゴールもサイドを完全に崩されていたし、逆転ゴールは昨年を思い出すかのような相手GKのファンブルしたスキを突いてのゴール。
途中交代で起用された3選手も機能するなど監督の采配もハマっていましたね。

アントラーズは1stステージは最少失点でステージ優勝を決めたが、2ndステージに入ってから4試合で8失点と失点が増えている。
何で急に失点数が増えてきてしまったか、この試合を観戦してわかるような気がしました。

今年もアウェーで鹿狩りを達成。
ホームで負けた悔しさがある分、余計に嬉しい気持ちにさせられます。

次節は山梨中銀スタジアムにてヴァンフォーレ甲府との対戦。
現在、残留争いをしているチームだが、2試合連続で3得点と、ちょっと気になる相手。
それでも前回対戦時同様にドン引きしてくることが予想されますが、鹿島戦の勢いを続けたまま勝ち点を積みかさねていってほしいです。
あとは甲府の暑さに選手達が持ち堪えられるかどうかですね(汗)

画像

                   利根川に映える夕日


鹿島アントラーズあるある
TOブックス
2015-11-20
藤江直人
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 鹿島アントラーズあるある の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
何時もお世話になっております。

鹿島戦勝利おめでとうございます。

本当に鹿島どうしたんでしょうね?うちより失点しているからね。興梠、遠藤抜きで厳しい試合が続きますが、ここを乗り越えないと年間1位が見えてこないのも事実であり負けられない戦いが続きますが、浦和さんにとってこれからの3試合は川崎に挑戦するまでの貯金シリーズという事で3チーム徹底的にボコっていただければ(援護射撃お願いします)と思います。
うちはようやく連敗を止めました。これからうちも残留するためにホームで連勝を目指しますが、やっているサッカーはそれほど悪くないだけに弱気なサポーターを強気にさせる作業が現状大変だったりします。ホームで連勝できれば抜け出せると見ているので何としても抜け出してラスト5試合で浦和さんに挑戦できる状況に持っていきたいところです。
PGM21
URL
2016/07/24 06:30
 >PGM21さん
おはようございます。
新潟さんも2ndステージ初勝利おめでとうございます。
これで、レッズが出来なかった大宮戦スイープも達成ですね。
鹿島は前線から激しいプレスを仕掛けてきて、前半は全く攻撃の形を作られなかったのですが、先制点を奪われて以降は、どういう訳か鹿島の守備が急に緩くなっていたので逆転する事が出来ました。
興梠、遠藤抜きで最低3試合戦いますが、その3試合が全て残留争いをしているチームなので足元すくわれないように勝ち続けていきたいです。
FREE TIME
2016/07/24 10:58
おはようございます。
昨日は鹿島国までお疲れ様でした。仕事の筈の自分も気付いたら何故か鹿島国に入国していました(笑)

毎回毎回選手が出る前で誰に見せてるのか意味不明な鹿島の例のアレが出なかったのは拍子抜けでしたが、それにしてもやはりアウェー鹿島戦の雰囲気は特別ですね。選手も雰囲気そのまま気持ちが入ったプレーを展開してくれて、極上の試合が観られたと思います。
レッズはとにかく良く集中して守っていましたね。鹿島に主導権を握られていたので1失点は許容範囲で、他の場面はほとんど危険な枠内シュートを撃たせないように必死にゴール前を固めていましたね。そこからカウンターでチャンスを作れました。
後半頭から入った李が同点・逆転のマルチゴール、大仕事を果たしましたね。いつも博打的な交代策をやるミシャも、今回は大成功といったところですね。これで前半戦の借りを鹿島に返せました。

モツ煮込みとハム焼き、やっぱり美味かったですね。個人的に数年ぶりの鹿スタなので、久々に味わえました。
うえ
URL
2016/07/24 11:07
 >うえさん
こんにちは。
昨日は鹿島国遠征お疲れ様でした。
アウェー・鹿島戦は独特の雰囲気を醸し出すだけに、そこで勝てたのは格別ですね。
そう考えると埼スタのレッズ戦で勝利したアウェーサポの気持ちもわかるような気がします(汗)
前節と違って守備は見違えるようでした。
前回完敗したから、それなりにスカウティングも行っていたかと思います。

鹿島グルメは相変わらずのクオリティですね。
ただ、今回は帰りの電車でイライラさせられたので、来年以降のアウェー・鹿島戦はデーゲームでやってほしいですよ。
FREE TIME
2016/07/24 14:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
李忠成の2ゴールで鹿狩り FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる