FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 2度のリードを追いつかれてドロー

<<   作成日時 : 2016/07/17 23:45   >>

トラックバック 0 / コメント 2

Jリーグ2ndステージ第4節。
浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムにて大宮アルディージャとのさいたまダービー。

ここまで1stステージ終盤から5連勝中のレッズ。
そして迎えるホームでのさいたまダービー。
アウェー同様に大宮に勝って連勝を6に伸ばして、次節の鹿島戦に臨みたい戦い。
画像

チケットは完売との事で、前回の柏戦より早くスタジアム入りしたのですが、開門前から長蛇の列。
自分も考えは甘かった・・・。
南側の自由席もかなり埋まっていたけど、何とか観やすい座席は確保出来ました♪

今日7月17日は浦和レッズの監督やGMを務めた森孝慈さんの命日。
そこで今回の試合前の夕食に選んだのがメインスタンド側コンコースで販売している「URAWA親父丼」(900円)。
森さんの好物だったカルビとキムチを白飯の上にのせた丼です。
味は普通でしたが、今日みたいな暑い日に食べると精が出ますよ(汗)
画像

さて、試合の方へ。
レッズが前半37分に柏木選手が芸術的なFKを決めて先制するが、前半ATに追いつかれてしまい、前半は1−1で後半へ折り返し。

レッズが後半14分に武藤選手の3ヶ月ぶりとなるゴールで再び勝ち越すが、9分後に守備のスキを突かれて再び同点に追いつかれてしまう。
結局、試合は2−2のまま終了し、両チームとも勝ち点1を分け合う結果になりました。

2度リードしながら2度追いつかれてのドロー。
第3者の目で見たら、白熱したダービーマッチで「いい試合」と評価すべき試合でしょう。
しかしレッズサポの目で見たら、実にもったいない「取りこぼし」のゲーム。
川崎、鹿島もドローだっただけに、ここで勝ち点差を縮めておけば、次節の鹿島との直接対決はドローでもOKだった分、悔いが残る戦いぶりでした。
画像

攻撃面は良かった。
柏木選手のFKは、どんなGKであろうと止められない芸術的なFK。
前回のホームゲームで魅せた阿部のFKに匹敵するようなゴールでした。

そして、4月の名古屋戦以来ゴールのなかった武藤選手が11試合ぶりとなるゴール。
これが決勝ゴールだったら、試合後に寿司でも軽く食べたのに・・・。
次節から興梠不在で臨む分、その前の試合で武藤がゴールを決めたのは今後に向けての好材料です。

一方で守備。
1点目はCKからのボールで相手をドフリーにさせて決められてしまった。
レッズのCKは得点に繋がらないのに、逆に相手のCKは失点に繋がるケースが多い。
普段の練習でやる事をやっていない証拠です。

2点目だって相手のシュートは強烈で見事だったが、それ以前に誰もマークについていなかった。
この2ゴール以外にも決められていてもおかしくない場面が多々あり、今思えば負けていてもおかしくない試合だったなと感じるほど守備が芳しくなかったですね。

2点目の失点の要因とも言える宇賀神選手は、今日も1枚イエロー。
2ndステージが始まって4試合だというのに早くも次節は累積による出場停止。
これも、普段からやるべき事をやっていないからカードが増えてしまうのでしょうね、きっと・・・。

今日の試合を最後にリオ五輪の為にチームを離れる興梠、遠藤両選手の為にも勝ちたかった試合。
今のレッズにとって攻守に欠かせない選手だけに次節からの4〜5試合が不安ですね。
特に遠藤の抜けたディフェンス面が・・・。

次節はアウェー・カシマスタジアムにて鹿島アントラーズとの直接対決。
年間総合順位で2位のアントラーズと3位のレッズとの直接対決。
先月のホームゲームでは完敗を喫している相手で、しかも興梠、遠藤抜きで戦うのだから勝てる気がしないのだが、鹿島は2ndステージに入って4試合で8失点と調子を落としている様子なので、もしかしたら一泡吹かせられるかもしれません。

次節は私も鹿島国へ参戦予定。
鹿スタでのナイター観戦となると、ゲリラ豪雨と落雷に見舞われて1時間以上も中断した2008年以来8年ぶり(汗)
モツ煮、ハム焼き、そして鹿サポの一発芸を味わって、試合にも勝つという最高の結果を持ち帰りたいですね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんはです。
昨日はお疲れ様でした。せっかくのダービーでしたが、攻撃面は見応えあったのに、対極の守備が目を覆わんばかりの駄目さ加減爆発で、せっかくの好試合に泥を塗った形ですね。おっしゃる通り「普段からやるべき事をやっていない」故の当然の乱れですね。監督の指導からして守備を疎かにしている以上、こういう事が起こる繰り返しですよね、このチームは。でもこっちが決まらないコーナーわ、だらしない守備から敵に決められるって、もうギャグの領域ですねぇ・・・。

鹿島戦、自分は仕事で行けないため、是非とも勝ち点3を期待しております。
うえ
URL
2016/07/18 20:03
 >うえさん
こんばんは。
昨日はお疲れ様でした。
失点シーンが、あまりにもお粗末で試合後のブーイングもしかたないのが本音です。(私はブーイングも拍手もせずにさっさと帰りましたが)
監督が守備に対する意識が絶望的に低い以上、今回のようなお粗末な失点が今後も増えてきそうです。
鹿島遠征では勝ち点を持ち帰れるようにサポートして参ります。
FREE TIME
2016/07/18 23:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2度のリードを追いつかれてドロー FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる